背中ニキビの原因はホルモンの乱れ!艶っぽい背中美人になる食事とは

彼氏と温泉に行くときに気になる、背中ニキビの原因ご存知ですか?じつはその背中ニキビの正体、カビらしい……!かゆみや痛みがないため症状が悪化しやすく、気が付いたら悲惨極まりない状態に陥る女性が多いのでは?原因とケア方法についてお教えします。

後ろ姿にハッとする背中ニキビ

ポツポツ、ブツブツ、ザラザラ。

「背中ニキビ」の感触を現すと、こんな感じではないでしょうか。なめらかな肌触りの背中は一体どこにいったのだろう、と悲しみに打ちひしがれている女性のみなさま。できてしまった背中ニキビ、何が原因かご存知ですか?

バランスが乱れた不規則な食生活や、衣類の刺激や摩擦、そして女性ホルモンの乱れが、悩める背中ニキビを生み出しているんです。

大きくて広範囲、きわめつけは悪化すると跡が残って汚いという厄介者・背中ニキビが、じつはカビだったという驚がくの事実が判明……!寝ても起きてもきれいにならない憎き背中ニキビ、毎日の食生活プラスアルファの“アレ”をして、美しきあの日の自分を取り戻しましょう。

背中にニキビはカビ!?

背中と顔それぞれニキビができる状況は同じでも、ひとつだけ大きな違いがあります。それは、原因となる菌。

まず顔ニキビを引き起こす原因菌は、元々私たちの体に住みついている細菌「アクネ菌」です。このアクネ菌は、皮脂をエサにして増殖する傾向があります。おでこや鼻、あご下などにニキビができやすいのはこのため。

一方で今回の主役背中ニキビの原因菌は、マラセチア真菌というカビの一種。マラセチア真菌もアクネ菌と同じく皮脂が大好物なので、脂が詰まった汚い毛穴の中に潜り込んで、背中ニキビを生み出してしまうんです。背中ニキビはできても痛みやかゆみがないうえ、自分で確認できないので野放し状態になりがち。それにしても背中にカビが生えてるって、結構ショッキングですね。

背中ニキビの原因

食生活

肉中心の食事、スナック菓子や甘いものの摂り過ぎ、ビタミン不足(野菜や果物)。これら3つの乱れた食生活によって、マラセチア真菌が愛してやまない皮脂の分泌量が増えて、ニキビができやすい環境を自ら作ってしまうんです。口に入れたものによって私たちの体は作られているので、栄養バランスの偏りはてき面。

摩擦・刺激

衣類の摩擦やボディタオル(ナイロンやポリエステル)による強い刺激によって、デリケートな肌はすぐに乾燥を引き起こします。すると、外の刺激から肌を守ろうと毛穴は余計に皮脂を出すので「過剰皮脂」になるんです。多く出された皮脂が毛穴を詰まらせ、マラセチア真菌が増えてしまうんです。

ホルモンバランス

暴飲暴食、睡眠不足、過度のアルコール摂取、人間関係やプライベートにおける精神的・肉体的ストレスなどさまざまな原因によって、女性ホルモンのバランスが崩れて男性ホルモンの分泌量が多くなってしまいます。これにより、皮脂が増えて毛穴に詰まり、背中ニキビを引き起こしてしまうんです。

すすぎ残し

あなたは、体→髪の順番で洗っていますか?もしそうなら、今日から洗う順番を逆にしましょう。なぜなら、シャンプーやトリートメント、整髪料、そして頭皮から分泌された皮脂が背中に流れて、毛穴を詰まらせてしまうからです。髪→体の順番で洗い、体を清潔に保つようにしてくださいね。

背中ニキビのケア方法

正しい食生活

皮脂を増やす脂分や糖分は、できるだけ控えましょう。アボカドに豊富に含まれるビタミンEは肌の血行をよくして代謝をアップし、ターンオーバー(肌代謝)のリズムを整える働きがあります。また、ビタミンCには、皮脂の分泌を抑えて肌に潤いを与えるコラーゲンづくりをサポートする効果があるんですよ。ビタミンEと一緒に摂ることで、相乗効果が期待できます。赤・緑・黃・黒など彩りを意識した食事を心がけてみてください。

しっかり洗う

低刺激かつ肌への負担が少ない綿100%のボディタオルで、やさしく丁寧に洗ってください。また、シャンプーや整髪料のすすぎ残しも背中ニキビを悪化させる大きな原因となるので、シャンプ→背中を洗うという順番に変えてみましょう。老廃物を含んだ石鹸の泡が残らないように、きれいに洗い流して健やかな状態をキープするのが大切です。

専用化粧水を使う

肌内部が乾燥すると、毛穴は必要以上に皮脂を出して外の刺激に対抗しようと働きかけます。これをインナードライと言うのですが、洗いすぎによる乾燥が悩める背中ニキビを引き起こす場合もあるんです。そんなときは、専用の化粧水で肌を保湿してあげるといいでしょう。なかでも肌の潤いを保つ成分・セラミドが配合されたものがおすすめです。

セックスする

特集

SPECIAL CONTENTS