ローディング中

Loading...

あなたは鯖を読んだことがありますか?ちょっとした数字をごまかすことのたとえとして使われる“鯖読み”ですが、どうして“鯖”なのか、不思議に思ったことはありませんか?実は、鯖を読むという表現が生まれた背景には、時代の変化が関係しているのです。

サバを読むっていうけど、サバってあの鯖?

女性だったら誰しも体重やスリーサイズ、年齢などデリケートな質問は、避けて通りたいものですよね。でも、そう言った場面になってしまった時、多少数をごまかして答えてしまった経験をお持ちの方も多いでしょう。それを昔からある言葉で“サバを読む”と言います。
この“サバを読む”ということばは日常でもよく聞くことばです。芸能ニュースでも、年齢のサバを読んでいた芸能人が話題にあがっているのを見かけることがありますね。そもそも“サバ”とはなにを指すのでしょうか?“サバ”と言われて真っ先に思い出すのは、お魚の“鯖”です。健康にいいと言われる青魚の代表ですね。しかし、なぜあの鯖が数をごまかすことのたとえに使われるようになったのでしょうか?

鯖読みの使い方

そもそも鯖を読んでしまうことってどんなことなのでしょうか?
釣りをする方にとって、釣果は常に多くありたいものですよね。間違ってもボウズだなんて言いたくない、鯖を読んでしまう気持ちがわかるような気がします。マーケティングの世界には「女性は体重、ウエストサイズ、年齢は数字を小さめに、また、その反対にバストサイズやブランド物の購入金額は数字を大きめに申告する傾向がある」という暗黙の常識があるそうです。
古来、女性は若く見られたいばかりに、年齢を多少若く偽ると言われてきました。しかし、最近では逆に多めに鯖を読むことも多いようです。たとえば、実年齢が38歳でも「もうすぐ40歳ですから」という具合です。これは「(申告の年齢より)お若いですね!」という評価を得たいという気持ちからの鯖読みで、古来からの鯖読みの方法を応用した進化形ともいえる使い方ですね。このような鯖読みの方法を「逆サバ」と言うそうです。

隠したい、知られたくない心理

このように、鯖読みの方法は時代とともに多少変わっていますが、その根底には、知られたところでそんなに困らないけれども、できればあまり知られたくない、隠しておきたいという心理が今も昔も変わらずに働いています。
そのため、鯖を読むこととはあまり重要とは思えないことで、鯖を読んでいるひと自身もさほど良心の呵責を感じずにおこなっている場合が多いものです。企業や役所に提出するような文書に鯖を読んだ数値を記載することはまずないでしょう。このような場合は、どんなに知られたくないことでも正しい内容を記載しなくてならない、と皆知っているからです。
つまり、わたしたちはとっさに「数値を多少ごまかしても構わない(くらいの)事柄」で、かつ「いい加減に答えても大したことがない(と思っている)場合」だと判断したうえで、鯖を読んでいると言えます。

なぜ鯖?“鯖を読む”の由来とは

“鯖を読む”の“読む”ですが、この表現はわたしたちが通常使う“読む”とは異なり、“数える”という意味です。これは万葉の時代からの表現で、今でも沖縄の地方に伝わる民謡などにその名残を見ることができます。
つまり“鯖を読む”とは、直訳すると鯖を数えるという意味になります。鯖を数えることが、なぜ数をごまかすことにつながるのでしょうか?“鯖を読む”という表現そのものは、江戸時代から使われるようになった表現で、徳川幕府の安定した政権により、庶民の生活や文化が大きくクローズアップされたことが背景にあるようです。
この“鯖を読む”という表現の由来にはいくつかの説があります。そのなかでももっとも有力とされる説をご紹介します。

スピードが命!目分量でざっと計測

江戸時代、徳川幕府が行った大規模な公共事業や参勤交代のおかげで、江戸は急速な発展を遂げます。江戸の街には人とともに物も集まるようになり、魚を扱う市場も活気を帯びてくるようになるのです。
当時、日本近海では鯖が豊富に獲れました。天保2年発行の魚鑑(うおかがみ)には、“鯖は四時常にあり、春より秋の末まで盛りなり”とあります。たくさん獲れる鯖は傷みやすいのが欠点の魚でもあります。また、鯖は夏の季語にもなる魚で、一番獲れる旬は夏だったのです。気温の高い夏は、鯖の傷みが気になる季節でもあります。
当時の市場では重さではなくお魚の数で取引がおこなわれていました。毎日大量に水揚げされる鯖を傷まないうちに売り切るためには、スピードが重要視され、ざっと目分量で取引されることが多かったのです。当然のことながら、売られた鯖の数と買った数とが合わないことがひんぱんに発生し、そこから数が合わないことを“鯖を読む”と言うようになりました。さらに時代を経て、都合のいい数値にごまかすという現在の意味に転じていったのです。
また、当時は魚市場のことを「いさば」と呼びました。現在もそうですが、市場には独特の数え方があります。これは抑揚とリズムで数を数える方法で、普通に数えるよりも早くて便利だということから発生した数え方です。当時、いさば独特なこの数え方のことを“いさば読み”と言い、それが“鯖読み”の語源となった、という説もまた有力です。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

サバをさっぱり食べるなら?『サバのみぞれ煮』ふっくら仕上げ♩

大根 おつまみ 和食

焼いても味噌煮にしてもおいしいサバ。でも、たまには他の食べ方も試してみてはいかがですか?オススメは、味噌煮よりもさっぱりとした味わいのみぞれ煮!調理の時にお酒を多めに使うことで、簡単に生臭さが抜けますよ。

黄金コンビ!「鶏肉とねぎ」を使った人気レシピ20選

レシピ 鶏肉 まとめ

鶏肉にはやっぱりねぎが欠かせない!そんな風に思わずにはいられない料理って、たくさんありますよね。鶏ねぎコンビのレシピは和洋中、バリエーションも豊富!人気の味付けねぎ塩やソースまでおいしいレシピを厳選してご紹介…

次世代おしゃれ缶詰!かねはち「オイルサバディン」は燻製で味も本格派♩

お土産

「オイルサバディン」という缶詰、知っていますか?「オイルサーディン」ならぬ、「オイルサバディン」とは、サバの燻製のオイル漬けのこと。沼津のかねはちが売り出したサバのオイル漬けは、おしゃれなパッケージ!やみつき…

パサつかないコツは加熱時間!『鯖の味噌煮』の基本の作り方

おつまみ

秋から冬にかけて旬をむかえるサバ。脂がのって柔らかい身がたまりませんよね。塩焼きで楽しむのもいいですが、味噌煮もハズせません!そこで今回は、「鯖の味噌煮」の基本の作り方をおさらい。パサつかないコツも伝授します…

「ゴマをする人=媚びてる人」ってなんで?ゴマすりポーズの由来とは

ゴマ(学名:Sesamum indicum)は、主に種子を食材・食用油など油製品の材料にされ、古代から現在まで食用として利用されている植物。そんなゴマに関する、ちょっとした食にまつわる雑学ネタを紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【日本酒ランキング】酒のプロが選ぶ1,500円以下のおいしい日本酒

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

【これであなたも日本酒通(ツウ)!?】日本酒に使える香りの表現5選

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

安いお米も絶品に!すぐ試したくなる「美味しいお米の炊き方」決定版

まとめ

毎日食べるお米ですから、なるべく美味しい炊き方で食べたいですよね。とは言えあまり手のかかる方法だと、日々おこなうには現実的ではありません。今回は簡単にできて、しかもぐっと炊きあがりが変わる方法をご紹介。今夜か…

夏に向けて準備♪虫刺されの予防効果が期待できる食べ物まとめ

まとめ

夏は、薄着にもなり開放的になる季節でもありますが、同時に気になるのが虫刺され。一度刺されるとかゆいし、かいちゃダメと思ってもついポリポリかいちゃいますよね...今回は蚊に刺されないように予防できる食べ物につい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チーズの王様!大阪箕面「デリチュース」のチーズケーキは必食グルメ

大阪 チーズケーキ ケーキ

大阪・箕面で評判の高いデリチュースのチーズケーキは、最高峰のチーズを贅沢に使用した濃厚で濃密なチーズケーキ。その味を求め、本店の箕面店、梅田にあるJR大阪店に遠方からたくさんの人が訪れているんです!気になる値…

夏にはさっぱり冷製パスタを!カッペリーニを使った人気レシピ15選

レシピ パスタ まとめ

今回は細いパスタ「カッペリーニ」を使用した冷製パスタのレシピをご紹介します。フレッシュなトマトベースのレシピから、和風のレシピまで様々な種類を揃えたので、ぜひ今日のランチメニューの参考にしてみてくださいね!

無理なく痩せられる!「おかゆダイエット」の効果的なやり方って?

お粥 まとめ レシピ

白米を食べるところを置き換えておかゆにする「おかゆダイエット」。ふつうのごはんより水分も多く、カロリーも低いおかゆは腹もちもよく、実はダイエットに最適なんですよ。その方法や効果、おすすめのおかゆレシピなどをま…

yuco_1111

高校男女の子どもを持つアラフィフ母です。 兼業ライターをやりつつ、...

ページTOPに戻る