糖質制限の意外な落とし穴!調味料まで糖質チェックしてる?

糖質制限しているのになかなか痩せられない……その原因は、調味料にあるかもしれません。糖質制限中に避けた方がよい調味料と、使っても大丈夫な調味料をお教えします。今すぐ冷蔵庫を開けて、チェックしてみてくださいね。

2016年11月16日 更新

ライター : でぐでぐ

おいしいものを食べること、作ること、撮ることが大好きです。 天気のいい日はお弁当を持って、ピクニックに行きたいです!

調味料にも糖質はある!

ダイエットの中でもルールがシンプルで人気な糖質制限。スイーツを我慢して炭水化物を抜くだけなら、ジューシーなお肉も楽しめます。しかし、せっかく食材で糖質をおさえても、思わぬところで糖質を摂ってしまっているかもしれないのです。それは調味料。お料理に使う調味料まで糖質を確認していますか? 糖質制限ダイエット中も食べてOKな調味料や、意外と糖質の多い調味料、便利に使える低糖質調味料についてご紹介します!

食べてOKな調味料◯

糖質ダイエットで見落としがちなのが、調味料に含まれる糖質量です。せっかく白ご飯やデザートを我慢したのに、味付けで糖質を摂ってしまったらもったいないですよね。糖質ダイエット中も使える調味料と、100gあたりの大体の糖質量はこちらです。 料理酒:16.6g ポン酢:12.0g 濃い口醤油:10.1g 薄口醤油:7.8g 塩:0g 油0g 玄米黒酢:11.5g 米酢:11.2g 白ワインビネガー:8.1g りんご酢:7.9g 穀物酢:1.3g ゆず胡椒:8.2g チリペッパーソース:5.2g 豆板醤:3.4g マヨネーズ:3.0g バター:0.2g 昆布だし:0.9g 洋風だし:0.3g かつお、煮干、鳥がらだし:0g だしでしっかりうま味を効かせて、酢や醤油、塩を使ってキリッとした味わいに仕上げると満足感が高められそうです。

マヨネーズは意外な味方!

ダイエットの敵と思われがちなマヨネーズ。卵、酢、油から作られるので、低糖質ダイエットでは心強い味方になってくれるんです。口さみしい時はゆで卵にマヨネーズを少しのせて食べると、バランス良く栄養が摂れるおやつになりますね。

糖質が豊富な調味料×

反対に、糖質が多く含まれる調味料と、100gあたりの糖質量がこちらです。 砂糖:99.2g ハチミツ:79.7g みりん:54.9g すし酢:33.0g コチュジャン:49.4g テンメンジャン:44.0g 甘い味噌(白味噌など):32.0g カレールー:41.0g  中濃ソース:30.3g ケチャップ:26.6g チリソース:26.3g ウスターソース:26.0g 砂糖やはちみつはNGとすぐわかりますが、砂糖を含むみりんや寿司酢は見落としていた人もいるのでは?ケチャップやソースは砂糖が多く含まれている上に、ついつい色々なものにかけてしまいがちです。豆板醤はOKでしたが、甘さの強いコチュジャンやテンメンジャンは豆板醤の10倍以上も糖質が含まれているとわかりました。 見落としがちなのがカレールー。砂糖は含まれていませんが、小麦粉が多く含まれているのです。どうしてもカレーが食べたい時は、カレー粉などのスパイスを活用してカレースープを作るのが良さそうですね。

ノンオイルドレッシングも気をつけて

見落としがちなのがノンオイルドレッシング。ダイエットの定番!と思いきや、油を抑える代わりに砂糖を多くしてコクを出していることがあるのです。ドレッシングを選ぶ際は、よく確認してから選んでくださいね。

低糖質調味料を代用!

どうしてもお砂糖を使った味付けや、粉物が食べたい……!そんな衝動に駆られることもありますよね。ガマンばかりしているとストレスがたまってしまいます。砂糖や小麦粉などの代わりになる食材を活用して、満足度を保ちながらダイエットを楽しみましょう!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS