おいしく飲むにはコツがある!「ビールの飲み方」まとめ

とりあえず生、という台詞はすっかり定番化していますが、実はビールは苦手という方も多いもの。ビールが苦手な方が好きになるにはどうしたらいいのでしょうか?実はおいしく飲むには、いくつかのコツがあるのです!チェックしてみてくださいね。

2018年2月1日 更新

ビールをおいしく飲むコツは

キンキンに冷やして飲む

ここからはビールをよりおいしく飲むための方法を紹介していきたいと思います。まず一つめは「キンキンに冷やして飲む」ことです。基本的にはビールは5℃以下にはされていますが、よりおいしくする方法としては、ビールジョッキも冷凍庫に入れ、キンキンに冷やしておくことです。

さらに今ではアサヒから「マイナス2度」のビールとして「エキストラコールド」という商品も販売されていたり、キリンからは凍った泡ののった「フローズン生」というビールも販売されています。お店ならではの味わいですので、もしメニューに並んでいたら、ぜひ試してみてくださいね。

もしかすると、それらで新しいおいしさに目覚めるかもしれません。

ゴクゴク飲んでのどごしを感じる

もう一つの方法としては、ビールの良さはなんといっても「のどごし」なので、それを感じられるように勢い良く喉に流し込むこと!

味を確かめるように「チビチビ飲む」のではなく、「ゴクゴク」と勢いよく飲んで、のどごしを感じましょう

長く舌の上に乗せていると、ビールの苦味を強く感じてしまい、逆に飲みにくく感じてしまうかも。

シャンディガフなどで風味に慣れる

ビールのみの味が苦手であれば、カクテルなどと割って飲むことで、飲みやすくなります。ビールの風味に慣れるために、ビールをメインとした「フルーツビール」「サワービール」「ビールカクテル」を飲んでみましょう。

定番としてよく飲み屋さんにも置いてあるのは、ビールをジンジャエールで割った「シャンディガフ」や、トマトジュースで割った「レッドアイ」です。試してみてはいかがでしょうか?
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう