おいしく飲むにはコツがある!「ビールの飲み方」まとめ

とりあえず生、という台詞はすっかり定番化していますが、実はビールは苦手という方も多いもの。ビールが苦手な方が好きになるにはどうしたらいいのでしょうか?実はおいしく飲むには、いくつかのコツがあるのです!チェックしてみてくださいね。

2018年2月1日 更新

ビールのおいしさとは

ビールといえば、飲み会などの最初の一杯としては定番のメニュー。しかしあの味や苦味がどうしても好きになれないという声も多く聞きます。

では、ビールが好きな人はどのようなところにおいしさを見出しているのでしょうか。それが分かることで、ビールのおいしさを味わうポイントを知るヒントになるのではないでしょうか。

苦味がいい

もしかしたら、ビールがまずいと思っている方の多くはこのビールの「苦味」が好きではない方もいるかもしれません。しかし、ビールをおいしいと思っている人はこの「苦味がいい」と感じている方が多いです。

例えば魚の肝やゴーヤなど、苦味を味わう食べ物もありますよね。これと同じように、ビール特有の後味が好きで飲んでいる方が多いのも事実です。

のどごしがいい

これがなんといってもビール好きの方の理由ではないでしょうか。そうです。「のどごし」です。特に暑い夏場などで、喉が渇ききった状態のときにビールが喉を通ったときの「のどごし」はたまりません。

ビールを注いだときのあの「シュワシュワ泡」がそのまま喉を通るときにおいしさを感じるのです。炭酸ほどきつくないため、ちょうどよく喉を刺激してくれる感覚が心地よいようです。

食事との相性

これもビールがおいしく感じる理由ですね。ジュースのようにビールだけで飲むということはまず少ないと思います。食事もたくさんの種類がありますが、ビールはおつまみなどの少ない量から、唐揚げや焼き飯などの量が多い食事のときも両方に合うのです。

特に相性のいい食事といえば、「焼き肉」「唐揚げ」「餃子」「ポテトチップス」「チーズ」などあげていくとたくさんあって書ききれません。特に脂物との相性が良いため、ビールが食欲をさらに増進させるかもしれませんね。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう