ライター : 前田未希

料理家 / フードコーディネーター

レシピライター、料理教室講師、studio racconto代表。お酒や食べること、作ることが好きな料理家です。「自宅で簡単に、ちょっとお洒落なひとときを楽しむ料理」をご提案します。アニ…もっとみる

おどろきの食感が誕生!アボカドグラタン

マグロと和えてポキにしたり、サラダに仕立てたり……生で食べることの多いアボカドですが、実は加熱しても美味しいってご存じですか? 熟して少し色の悪くなってしまったアボカド。「柔らかくて、味は美味しいんだろうけれど」と食卓に出すのをためらってしまいますね。そんな時は、加熱すると見栄えも良くなり安心。 しかもアボカドグラタンは、面倒なグラタンソース作り不要です! アボカドをくり抜いて、好きな具材と混ぜて焼くだけ。 くり抜いたアボカドの皮をそのまま器に使うところもフォトジェニックですよね。 加熱することで、生アボカドのねっとりとした感じに、ホクホクとした食感がプラスされます。初めて食べると、ちょっと驚くかもしれません! 涼しくなってきて、温かい食べ物が美味しく感じる今日この頃にぴったり。ホワイトソースのグラタンはおつまみにすると胃が重くなる……そんな方にもおすすめです。

『まるごとアボカドグラタン』の作り方

材料(2人分)

アボカド 1玉 ツナ缶 1/2缶〜1缶 マヨネーズ 大さじ2 ピザ用チーズ 大さじ4程度 パン粉 3〜4つまみ程度 塩胡椒 少々

作り方

①アボカドを縦半分に切り、スプーンで中身をくり抜く。
②くり抜いたアボカドにマヨネーズ、ツナ缶、塩胡椒を加えて混ぜる。
ツナ缶はしっかり油切りをしましょう。ツナ缶の量はお好みで1/2缶〜1缶を加減してください。
③混ぜた具を、アボカドの皮に詰める。
④具の上に、ピザ用チーズをまんべんなく散らし、パン粉をまぶす。
⑤トースターやグリルで表面がこんがりするまで焼く。
中火で5分が目安です。焼き時間は調理器具によって時間は加減してください。

アツアツを召し上がれ!

チーズがとろける熱々のうちに、スプーンですくって召し上がれ! パン粉が香ばしく、スプーンで表面を軽く割るのが楽しいですよ。 こんがりチーズに、加熱してほくほくとしたアボカドがベストマッチ。 こってり食べごたえがあるグラタンですが、くどくないのでさっぱりとした白ワインや日本酒とよく合います。 ツナ缶のかわりにサーモンやベーコン、コーンなどを加えても美味しいです。ぜひお試しを!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS