連載

ロールケーキなのにタルト?愛媛銘菓「一六タルト」の人気の理由がわかりました

本日ご紹介するのは、愛媛の伝統的な和菓子「一六タルト」。四国では知らない人がいないと言われるほど人気の郷土菓子で、キメが細かくふわふわなスポンジの中には、柚子の風味がする餡がたっぷりと入っています。四国のおみやげはこれで決まり!

愛媛銘菓の「一六タルト」って知ってる?

1日1食、新商品や話題の品を実際に食べてみるこの企画。
本日は、愛媛の伝統的な和菓子「一六タルト」をご紹介します。「一六タルト」は愛媛はもちろん、四国では知らない人がいないと言われるほど人気の郷土菓子。
お土産でも定番なので、食べたことがある人も多いはず!しかしこの商品、ちょっと変わったところがあるんです。

見た目はどう見てもロールケーキ

箱から出してみると、紙素材の包装紙で包まれていました。こちらにも「一六タルト」と記載されています。
紙の包装紙を開けると、さらにビニールに包まれていた「一六タルト」。丁寧に包装されていますね。しかし、この見た目はタルトではない気が.....。これはぜったいロールケーキではないですか!!
さらにビニールを開けると、キメ細かな白色のスポンジで巻かれた「一六タルト」が出てきました。どう見ても、タルトの要素が見当たりません。どうして“タルト”と呼ばれているのか?

なぜロールケーキなのに“タルト”なの?

その理由は、一六タルトを販売している一六本舗が創業するよりも前の、江戸時代までさかのぼります。

現在の愛媛県にあたる久松家初代松山藩主・松平定行公が、幕府の名をうけて長崎へ行った際に、南蛮菓子のタルトに出会いました。その味を気に入った定行公は、製法を松山に持ち帰ったと言われています。
定行公が長崎で食べた南蛮菓子のタルトは、カステラ生地でジャムをくるんだものでしたが、定行公は殿様菓子用に、現在のようにあんこが入ったものを作らせました。
それ以来、「一六タルト」の製法は代々受け継がれ、今では四国の名産になるほど知名度が高くなりました。

切れているから食べやすい!

「一六タルト」はもとからカットされています。通常サイズのものだと11切れで、1本でそこそこの量がありますね。

餡をスポンジで巻いている「一六タルト」は、包丁ではなかなか上手に切れないので、あらかじめスライスされているのは切る手間が省けて、食べやすいのがうれしい!

上品なおいしさの「一六タルト」

愛媛県の銘菓である「一六タルト」はいったいどんな味に仕上がっているのか、いただきます!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_review

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう