連載

甘辛くて捗る!つゆが染み込む『うま煮豆腐の卵とじ』レシピ

豆腐と卵で、おかずにもなる簡単おつまみを作ってみませんか?お豆腐を甘辛いつゆで煮たうま煮は、お酒のおつまみに丁度良いボリュームです。卵でとじると美味しいつゆが染み込み、お酒にぴったり。親子丼が好きな人にオススメの一品です。

2016年8月24日 更新

ライター : 前田未希

料理家 / フードコーディネーター

レシピライター、料理教室講師、studio racconto代表。お酒や食べること、作ることが好きな料理家です。「自宅で簡単に、ちょっとお洒落なひとときを楽しむ料理」をご提案します。アニ…もっとみる

親子丼好きに送る、豆腐と卵の簡単おつまみ

不動の人気を持つ親子丼。 甘じょっぱいつゆにまろやかな卵がからんだ味わいは、思わずかっこみたくなりますね。 味としてはお酒にも合いそうだけれど、ご飯ものだからおつまみにはならないし、何と言ってもボリュームがありすぎる親子丼。 今回は、そんな親子丼の良い所どり! お豆腐を使って、おつまみとして丁度良いボリューム感に仕上げました。 味が良く染みこんだ豆腐はお酒がどんどん進んじゃいますよ!

『うま煮豆腐の卵とじ』の作り方

材料(4人分)

豆腐 1丁 卵 1玉 玉ねぎ 1/4玉 A 醤油 大さじ2 A みりん 大さじ2 A 酒 大さじ1 A だし汁50cc 刻みネギ お好みで

作り方

①小鍋に串切りにした玉ねぎ、Aの調味料を加えて火にかける。
②豆腐は食べやすい大きさに切り分ける。
③玉ねぎに火が入り、透き通るまで中火で5分ほど煮る。
④豆腐を加え、ひと煮立ちする。
⑤煮立ったら、アルミホイル等で落とし蓋をして弱火で5分煮る。
豆腐は強火で加熱しすぎると、すが入ってしまいます。必ず弱火で煮ましょう。
⑥溶き卵の2/3を注ぎ、蓋をして加熱し卵を固める。
⑦残りの溶き卵を注ぎ、火から下ろして蓋をする。
卵の半熟さを残すため、残りの溶き卵を注いだら火からおろし、予熱で加熱しましょう。

日本酒と一緒に召し上がれ!

お好みで刻みネギや三つ葉を散らしてお召し上がりください。 出来立てはもちろん美味しいですが、寝かせて味がよく染みた豆腐もまた格別ですよ! 豆腐1丁使うのが作りやすいですが、ちょっと多いという方は作り置きして常備菜にしても。 お豆腐は木綿、絹どちらでもお好みで使ってくださいね。焼き豆腐を使用するとまた味わいが変わり面白いですよ。 汁漏れに気をつければ、お弁当のおかずにもオススメです。 品のある一皿なので、日本酒や焼酎など、ゆっくりとお酒の味を楽しみたい時にどうぞ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS