そのほかの禁止事項

期間中は飲食のほかにも、暁から日没まで喫煙、性行為が禁止。また、善人であれという教えが強く守り、人への親切心を重んじたり、他人へ物を寄付する行為も盛んになります。

そして、この期間のうわさばなしや、悪口は最大の罪とされ、死んだ兄弟の肉を食べる行為にふさわしいほど、恥ずかしい行いとされています。

ラマダンに参加できる人

すべてのイスラム教徒と、その家族や友人誰もが参加できるラマダンですが、生理中の女性は不浄とされ、ラマダンへの参加のみならず、コーランを読むことや祈ることすら許されません。ちなみに、妊娠中の女性はラマダンに参加できます。

参加できる年齢

子供は、本人の意思によっていつから参加するか決定できます。早ければ7歳くらいから行い、平均は10歳前後から参加しているよう。

女性の服装

もともとイスラム圏の多くの国では、透ける服や短いはき物、胸元が大きくあいた服など、肌の露出や、体のラインが出る服は禁止されています。ラマダンをおこなう月は、イスラム教徒にとって、神への態度を慎み・質素・節制の時期であり、より注意が必要になります。

ラマダンの免除

イスラム教徒にとってラマダンは義務ですが、長い断食の期間とその行いの内容から、場合によっては免除されることがあります。

例えば、旅に出ているとき。ムハンマドの言葉に、旅の間に断食をするのは正しくないというものがあり、ラマダンをしなくても、神はあなたを愛してくれるとされています。また、疾病がある人も同様です。

妊娠中の女性や高齢者の特例

妊娠中の女性については、ラマダンの免除が認められていますが、後に改めてラマダンを行わなくてはなりません。

年齢こそ設けられてはいませんが、高齢者も体調に応じて妊婦と同じように、一時的に免除。体調の回復ができない場合には、その分、貧しい人への施しをするよう教えられています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ