3. 鶏むね肉をゆでる

Photo by macaroni

お湯を沸騰させて鶏むね肉を入れ、くっつかないように混ぜながら水面に浮いてくるまでゆでます。混ぜすぎると衣がとれてしまうので注意しましょう。

4. 冷やしてから盛り付ける

Photo by macaroni

鍋から鶏むね肉を出して氷水に入れ、しっかり冷やしてから水気を切ります。お皿に盛りつけて、ラー油ポン酢をかければ、水晶鶏の完成ですよ。

【レシピ提供 松井 麗(macaroni)】

コツ・ポイント

鶏むね肉に片栗粉をつけるときは、ダマにならないように薄くつけるのがポイント。また、ゆで時間が長すぎると、ぷるぷるの食感が損なわれてしまうので注意が必要です。ゆでるときに混ぜすぎないようにするのも、おいしく仕上げるコツですよ。

水晶鶏のアレンジレシピ10選

1. さわやかなさっぱり味。水晶鶏の梅わさびのせ

下味に顆粒だしを使う、上品な和風水晶鶏のレシピです。梅・わさび・大葉などを混ぜて作る梅わさびが、さっぱりとした水晶鶏のアクセントにぴったり。片栗粉をつけるときには、ポリ袋を使うことでキッチンが汚れないのでおすすめです。輪切り唐辛子を多めにすれば、ピリッとした辛味も楽しめそうですね。

2. 口当たりとろとろ。水晶鶏の冷やしうどん

つるつる食感の水晶鶏は、冷やしうどんに合わせても食べやすいのでおすすめ。こちらのレシピは麺つゆにモロヘイヤを入れるので、口当たりのいいとろとろ食感も楽しめますよ。水晶鶏やトマトをたくさん入れれば、ボリュームも満点に。ランチやディナーのメインにいかがでしょうか。

3. しっとりおいしい。お刺身風の水晶鶏

水晶鶏をお刺身のように食べられる、おつまみや副菜にぴったりのレシピです。鶏むね肉のしっとり食感に、海藻サラダや玉ねぎのシャキシャキ食感がよく合いますよ。鶏肉の下味に日本酒・しょうゆ・しょうがを使うので、さっぱり食べたい場合にはタレなしでもおいしくいただけそうですね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ