21.西麻布 びのむ

炭火焼きとワインの店「Les Vinum(レス・ビノム)」の2号店になります。西麻布の住宅街にある民家を改装した一軒家です。1階は、おでん鍋を囲むカウンター席、2階は落ち着いた雰囲気のテーブル席になっています。隠れ家デートにピッタリです。
料理はおまかせコースのみとなっており、前菜2皿、おでん5種、土鍋ご飯、デザートという構成。おでんは10種類ほどの品書きの中から好きなものを選ぶことができます。 おでんのつゆはフレンチの技法を活かして鴨のコンソメで煮込まれていますが、完全な洋風のスープではなく、おでん種が魚の練り物など和の食材なので、ほどよくミックスされた味に仕上がっています。 牛筋と半熟玉子には、黒トリュフをスライスしてもらえるんですよ。これは和を超えた異次元の領域。このお店ならではですね。
ワインはフランス産を中心に約200種類も揃っており、料理との相性も抜群です。大切な人と一緒にいきたいお店ですね。

店舗情報

住所:東京都港区西麻布4-8-6 TEL:03-5980-8252 営業時間:17:30~22:00(L.O) 定休日:日曜・祝日 参考サイト:http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13049129/ 公式サイト:http://www.oden-vinum.com/index.html

22.手打ちうどん すみた

手打ちの讃岐うどんのお店です。うどん屋さんに、なぜおでんがあるのか?東京の感覚では少し違和感がありますが、うどん屋さんにおでんが置いてあることが、讃岐では当たり前なんだそうです。
しかもそのおでんは特徴的。香川県は西日本にありますが、関西風の透明なおつゆではなく、真っ黒な「おでん沼」と言われるつゆで、串刺しのコンニャクと牛すじが入るのが定番。しっかりと味がしみたおでんは、皿にはおつゆは入れずに辛子味噌でいただく独特の味わいです。 おつゆは、いりこ出汁のうどんつゆがベースになっているようです。香川では「つゆ」のことを「ダシ」と呼ぶそうです。 こちらのお店では、おでんの盛り合わせが500円です。メインはうどんのお店ですので、もちろん美味しい讃岐うどんが味わえます。毎日行列ができる超人気店です。

店舗情報

住所:東京都北区志茂2-52-8 TEL:03-3903-0099 営業時間:[火・第2・4水・木・金]11:00~14:00/18:00~21:30、[第1・3水・土・日・祝]11:00~15:00(昼のみ営業) 定休日:月曜、第1・3日曜 参考サイト:http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13003783/ 公式サイト:http://udonsumita.com/

23.恵比寿 金のおでん 京都まろまろ

京都の祇園と嵐山にお店を構える、歓送迎会や接待にも使える個室も完備した京料理のお店です。
毎日6時間以上かけて作られる「究極の金だし」で炊き上げた京おでんがご自慢です。また、「金のおでん」は、老鶏丸鶏(ろーちーまるどり)と数種類の野菜・利尻昆布でだしをとり、天日塩で味付けした極上スープです。おすすめは、メディアにも多数紹介された「まるごと完熟トマトとモッツァレラ(540円)」。トマトのジューシーさと、モッツァレラのコクがたまらない逸品です。

店舗情報

住所:東京都渋谷区恵比寿西2-17-5 サンヴィレッジ代官山 B1F TEL:050-3490-8842 営業時間:[月~土]17:00~1:00、[祝日]16:30~24:00 定休日:不定休 公式サイト:http://www.hajyu.jp/
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ