6.浅草「丸太ごうし」

大正15年の創業で、現当主は3代目という老舗。 味付けは関東風ですが、創業当時は小上がりのある店が多かった時代に、檜の1枚板のカウンター席を設けたり、お酒のお爛するのに錫(すず)のちろり(酒器)を使うなど、システムは関西風のやり方なんだそうです。
種の名称には大根は「役者」、つみれは「世話女房」など、おもしろい名前が付けられています。これは、ユーモア作家の「玉川一郎先生」や落語家の「円歌師匠」などの常連客による考案とのこと。おでん種は25種類ほどあり、100円~500円とリーズナブルです。

店舗情報

住所:東京都台東区浅草2-32-11 TEL:03-3841-3192 営業時間:17:00~21:30 定休日:日曜・祝日 参考サイト:http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13008582/ 公式サイト:http://asakusa-ryoin.jp/marutagoushi/

7.神楽坂 恵さき

ミシュランガイド東京2015(ビブグルマン)に掲載されたお店です。関西の懐石料理店や鮨店で研鑽を積んだご主人が、和食の基本である刺身・炭火焼・おでんの3本を柱に腕を振るいます。 店内はカウンター席が6席と、4名用の掘りごたつ席が2卓。
おでんは関西風のダシがきいた薄味で、大根(250円)は季節ごとに産地を変え、チーズが入った細みのロールキャベツ(500円)は、食べやすくカットしてトマトケチャップを添えて提供してくれるなど、気配りと創意工夫にあふれています。

店舗情報

住所:東京都新宿区神楽坂3-6 TEL:03-5228-2971 営業時間:18:00~23:00(L.O.22:30) 定休日:日曜

8.【閉店】上野 大凧

※現在この店舗は閉店しています。 上野御徒町、上野広小路駅から歩いて3分ほどの裏路地にあります。1階は、おでんの大鍋を取り囲むようにカウンター席があり、2階にも席がありますが、現在はご主人おひとりで切り盛りされているので、1階だけで営業しているようです。
おでんは、メニューに載っているものだけで30種類以上。季節メニューなどは黒板に書かれています。お値段は100円からと庶民的で、つゆは関西風の淡い色合い。日本全国の地酒が数多くそろっています。じっくりとお酒を楽しむには最適なお店です。

店舗情報

住所:東京都台東区上野2-3-1 TEL:03-3836-4906 営業時間:17:30~22:30 定休日:日曜不定休
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ