3. 味の店 乃だや 銀座店

昨年の2015年11月に静岡で創業60年以上のお店が銀座に進出。静岡産の食材を使ったお料理と地元のお酒を提供しています。
お値段はコンニャク(120円)からと銀座としてはリーズナブル。静岡名物の黒はんぺんは青魚の鰯・鯵・鯖・太刀魚などから作られており、静岡で「はんぺん」といったら、この黒はんぺんが出てきます。おひとり5千円程度で十分おいしくいただけます。 静岡由比港で水揚げされる生桜えび(3月後半~7月初旬)を使ったかき揚げも絶品ですよ。

店舗情報

住所:東京都中央区銀座7-2-20 山城ビルB1 TEL:03-6274-6773 営業時間:[月~金]16:00〜23:00(L.O22:30)、[第2・第4土曜日]16:00〜22:00(L.O21:30) 定休日:第1・第3土曜、日曜・祝日 参考サイト:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13189904/ 公式サイト:http://www.nodaya-web.com/

4.西麻布 こんぶや

西麻布の路地裏に佇む大人の隠れ家。赤提灯が下がるような庶民的なイメージとは違い、事前にリサーチしてこなければ、ここがおでん屋さんだとは思わないでしょう。
こちらのお店は羅臼昆布(らうすこんぶ)を使った、ダシが自慢の手作りおでん。30種類以上のおでんを用意していて、ひとつ270円から楽しめます。なかでも「角煮とおもちの袋」と「焼穴子の湯葉巻き」は他店では味わえない逸品ですよ。

店舗情報

住所:東京都港区西麻布4-10-5 NEXT西麻布B1F TEL:03-5464-3740 営業時間:18:00~02:00(L.O.01:00) 定休日:日曜・祝日 参考サイト:http://tabelog.com/tokyo/A1307/A130703/13004675/ 公式サイト:http://www.konbu-ya.com/

5.神泉「おでん割烹 ひで」

かつて花街だった円山町にひっそりとたたずむ、昭和の風情が漂う一軒家。現在でも予約をすれば貸切制で、芸者さんと「お座敷遊び」ができるんだとか!
おでんは昆布と鰹節のあっさり味。具材はオーソドックスなもののほか、鶏ひき肉と椎茸が入った「椎茸チキン」、玉ねぎを入れて胡椒で味付けした練り物の「びっくり」など、工夫を凝らしたユニークなオリジナルメニューもあります。 おでんは単品で100円~400円でコースは5,000円~8,000円ほど。 粋遊会コース(お座敷遊び込み)だとひとり20,000円で貸切りできます。(7名~10名)

店舗情報

住所:東京都渋谷区円山町15-5 TEL:03-3461-1701 営業時間:[月~金]17:00~23:00(L.O.22:30)、[土]17:00~22:00(L.O.21:30) 定休日:日・祝、8月土曜、8/13~16(年始1月10日より通常営業) 参考サイト:http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13001703/ 公式サイト:http://www.ne.jp/asahi/oden/hide/
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ