料理をおいしくする食器「小石原ポタリー」が気になる

「小石原ポタリー」という食器をご存じでしょうか。素朴な作りとシンプルなデザインで、Instagramでも大人気となっています。見た目から、料理のおいしさをサポートしてくれるんですよ。今回は、そんな「小石原ポタリー」についてご紹介。

インスタで人気の「小石原ポタリー」

最近Instagramで、頻繁に見かける食器「小石原ポタリー」。シンプルで素朴な風合いと、しっかりした作りが話題となり、料理家やデリスタグラマーの間で人気を集めているのだとか。今回は、そんな注目の食器「小石原ポタリー」についてご紹介します。

「小石原ポタリー」とは

「小石原ポタリー」は、福岡県・小石原にある窯元と、フードコーディネーターの長尾智子さんのコラボレーションによって開発された、新しい民芸の器です。「料理をおいしくする器」をテーマに作られており、フォルム、手触り、重みのどれを取っても、温かみを感じられる器となっています。

「森山實山窯(もりやまかんざんがま)」「宝山窯(ほうざんがま)」「元永陶苑(もとながとうえん)」「福嶋窯」など、小石原を代表する10の窯元が参加していることでも話題です。

商品ラインナップ

「小石原ポタリー」ではさまざまな種類の器が作られていますが、たとえば、パン皿ひとつ取っても窯元の個性によって雰囲気が違い、選ぶのが楽しくなりますよ。そこでここからは、「小石原ポタリー」の食器たちをすこしだけご紹介します。
パン皿(約19.5cm):2,500円(税抜)

出典:www.weeks-f.co.jp

パン皿(約19.5cm):2,500円(税抜)

こちらは「パン皿」。毎朝の食卓を、さわやかに演出してくれるデザインです。どの柄もすてきなので、柄違いで家族分購入される方も多いのだとか。洗練されたデザインと機能性をあわせ持った、とても便利な一枚です。ひと回り小さいSサイズも発売されているので、シーンに合わせてどうぞ。
スープボウル:2,500円(税抜)

出典:www.weeks-f.co.jp

スープボウル:2,500円(税抜)

「スープボウル」は、スープや味噌汁を入れるだけではなく、サラダや副菜を入れるのにも適していますよ。「このサイズの食器が、ちょうど欲しかった」と思えるような、絶妙な大きさです。
スープボウルS:1,900円(税抜)

出典:www.weeks-f.co.jp

スープボウルS:1,900円(税抜)

スープボウルはSサイズも販売されており、お茶碗として使われる方も多いようです。レギュラーサイズのスープボウルと一緒に買えば統一感が出て、おしゃれ度もグッとアップしそうですね!
毎日プレート(約23cm):3,800円(税抜)

出典:www.weeks-f.co.jp

毎日プレート(約23cm):3,800円(税抜)

こちらは「毎日プレート」。その名のとおり、毎日使える便利な大きさのプレートです。すっきりしとしたデザインで、のせる料理を選びません。シンプルだからこそ、窯元ごとの違いが分かりやすく、あなたのお気に入りもきっと見つかるはずですよ。
浅鉢(直径 約21cm、深さ 約4.5cm):3,800円(税抜)

出典:www.weeks-f.co.jp

浅鉢(直径 約21cm、深さ 約4.5cm):3,800円(税抜)

煮物などを入れるのにピッタリな、使いやすい浅鉢もあります。渋いデザインのものから、すっきりしたものまであるので、ぜひお好きなものをチョイスしてみましょう。Sサイズもあり、ひとり暮らしの方などはそちらがおすすめです。
マイカップ:3,500円(税抜)

出典:www.weeks-f.co.jp

マイカップ:3,500円(税抜)

カップは、デザインだけでなく形状もさまざま。こちらは丸みを帯びた形状で、取っ手がついています。ほかにも、湯のみのような形のものから、手にしっくりとフィットするようなカーブを描いた形のものまで。一生ものの「マイカップ」を、おひとついかがですか?

使用アイデア紹介

実際に小石原ポタリーを使っている方の写真が、InstagramやTwitterなどのSNSにたくさん投稿されています。そんなすてきな写真から、小石原ポタリーの使用アイデアをいくつかご紹介します。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

haru.

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう