テーブルを彩る「輪花皿」。和食から洋食までどんな料理にもぴったり♪

和食だけでなくどんな料理にも合わせやすい!とInstagramでも話題の「輪花皿」。シンプルでかわいらしいフォルムが人気を呼び、輪花皿を使った料理写真がたくさん投稿されています。今回はすてきな「輪花皿」の魅力をご紹介します。

Instagramでも人気の「輪花皿」

たくさんの料理写真が日々投稿されているInstagramで、いま話題の食器「輪花皿」。まるでテーブルの上に花が咲いたようなかわいいデザインが人気を呼び、たくさんのデリスタグラマーに選ばれています。

シンプルで落ち着いたデザインで和食にはもちろん、洋食に使ってもとってもすてきなんですよ。

輪花(りんか)皿とは

輪花(りんか)とはその見た目どおり花びらを表し、花の形にした器形のことです。
花びら1枚1枚が美しく表現されています。
口縁部に規則的な切込みを入れた形状で、とがった部分がない、もしくはとがった部分が非常に小さい、丸みを帯びた輪郭が特徴のうつわです。

和洋どんな料理にも

その見た目から和食に使われる方も多い「輪花皿」ですが、どんな料理にも合わせやすいのがうれしいポイントです。

ここからは輪花皿を実際に購入し使われている方の実用例をご紹介します。

こちらは小さい輪花皿や豆皿にひと品ずつ料理を盛り付け、木のうつわの上に並べてコーディネートされています。レストランの前菜のようでとってもすてきですね。
こちらはちらし寿司など、和食のメニューに他の料理と和食器を合わせたテーブルコーディネートした写真。輪花皿をひとつ加えるだけでとても華やかになり、おしゃれでかわいい和テーブルに仕上がります。
こちらは黒の輪花皿。冷たい和のデザートにぴったりです。輪花皿は色で印象が異なり、黒はキリッとひきしまったイメージですね。まるで高級和カフェのような装いです。
大きめの輪花皿で、ワンプレートにも使えます。数種類のおかずを彩りよく盛りつけて。お皿1枚でもそのかわいらしいフォルムで、テーブルがぱっと明るくなりますよ。
毎日のおうちごはんにもおすすめです。少し大きめの輪花皿にメインの肉料理をのせて。どのうつわとも相性がいいですね。デザートのいちごをのせた黒の輪花皿がポイントになっています。
とってもキュートに仕上げたトーストには、真っ白で花びらが大きめの輪花皿を。シンプルな白のコーヒーカップを合わせて、すてきなおうちカフェタイムを演出します。

どこで買えるの?

特集

SPECIAL CONTENTS