和にも洋にもなぜか合う!北欧食器「ダンスク」の魅力いっぱい8シリーズ

使い勝手がいいホーロー鍋で話題の「ダンスク」。実は、お鍋だけでなくガラス食器や磁器製品も販売しているんですよ。どのシリーズも特徴があり、集めたくなるものばかり!今回は、そんなダスクの食器に焦点を当て、ご紹介したいと思います。

2018年9月11日 更新

個性豊かな「ダンスク」の食器が気になる!

ホーロー鍋で有名な「ダンスク(DANSK)」を知っていますか?
実用的なだけではなく、カラフルで個性的なキッチン関連アイテムを販売しているメーカーとして、世界中から人気を集めています。

よく知られているアイテムとしては、コベンスタイルシリーズの両手鍋や、ビストロシリーズのバターウォーマーなどですが、実はガラス製品や磁器のアイテムなど、注目しておきたいアイテムがたくさんあるんですよ。

「DANSK(ダンスク)」とは?

ダンスク社は1954年に設立され、現在までいろんなアイテムを生み出してきました。社名には「デンマーク風」という意味を持ち、北欧だけでなく各国のデザイナーを迎えているため、いわゆる「北欧らしい」デザインのもの以外のアイテムも販売されています。

「ダンスク」のアイテムは日本だけではなく世界的に評価されており、有名な美術館にコレクションされていたり、デンマーク王室でも使われているんだとか!

そんな「ダンスク」のお鍋についてまとめたmacaroni記事がありますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね▼

ダンスク食器で人気のあるシリーズ8選

1.ハンドペイントが魅力の磁器コレクション「アラベスク」

「アラベスク」は、白×ブルーのコントラストが美しいシリーズです。この模様は職人さんたちによってハンドペイントで描かれているため、とても味のある雰囲気。

代表的なアイテムとしては、どんな料理にも使いやすいパスタボウルや、和食にもよく合う魚型のチャウダーボウルなどがあり、日本の食卓を美しく飾ってくれますよ。価格帯は、約1,500~3,700円ほど。

2.カラフルなドットがかわいい「バブルコンフェティ」

器として使うのはもちろん、お部屋に飾ってインテリアの一部にしてもかわいいのが「バブルコンフェティ」シリーズです。ガラスに赤・黄色・青の3色が散りばめられており、とても涼やかで夏にもぴったりですね。

スイーツやフルーツを盛り付けるのにぴったりのミニフルーツボウルや、サラダにも適しているミディアムボウルなど、約950〜2,000円とリーズナブルな価格帯のものが多め。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

charlotte

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう