電動派?手動派?おすすめ「コーヒーミル」10選と正しい使い方

コーヒーミルにこだわるだけで、自宅でおいしいコーヒーを淹れることができるんですよ!この記事では挽き具合を簡単に選べる電動タイプや、おしゃれな手動タイプなどおすすめを10選ご紹介。コーヒーミルの使い方やメリット、お手入れ方法なども参考にしてみてくださいね。

2020年3月17日 更新

電動のコーヒーミルのおすすめ5選

6. ラッセルホブス「コーヒーグラインダー」

3,720円 【仕様】 サイズ:幅12.5×奥行12.5×高さ21.5cm 本体重量:1.1kg 材質:ステンレス鋼、AS樹脂 原産国:中国 電源:AC100V 50/60Hz 消費電力:150W 保障期間:1年
こちらのコーヒーミルは粉受けが外せてお手入れ簡単!本体と粉受けが一体になっているコーヒーミルが多いので、粉受けが外れるのは魅力的ですよね。お手入れが簡単だとコーヒーを飲むシーンが自然と増えていきますよ。 シルバーのスタイリッシュなデザインも人気の秘密。角を取った丸みのある台形のコーヒーミルは、ラインとツヤでかっこいい雰囲気が感じられます。

7. bodum(ボダム)「電気式コーヒーグラインダー ブラック」

10,797円 【仕様】 サイズ:幅12×奥行15.6×高さ27.55cm 本体重量:2.2Kg 本体:ABS樹脂 ホッパー:トライタン ホッパーふた:ABS樹脂 挽き刃:ステンレススチール鋼 保証期間:1年間
bodum BISTROの電気式コーヒーグラインダーは、コーヒー豆を挽くというすこし面倒な作業をパパッと済ませてくれます。挽く時の音が小さくなるようにコニカル刃を使用しているので、音が気になる早朝や深夜でも、より快適に使用が可能です。

8. デロンギ「コーン式 コーヒーグラインダー」

9,241円 【仕様】 サイズ:約幅135×奥行195×高さ275mm
「デロンギ コーン式 コーヒーグラインダー」は、コーヒー豆の風味を生かすための工夫が随所にほどこされている優れもの。エスプレッソ用、ドリップ用など、お好みの挽き具合を選択できます。

9. ボンマック「コーヒーミル」

26,460円 【仕様】 サイズ:幅120×奥行き270×高さ360mm
16加減の挽き具合が可能なボンマックのコーヒーミルです。ご家庭でも使用しやすいコンパクトな作りですが、一度に10〜20杯分のコーヒーを淹れることが可能!音も静かなので、まわりに気を使う心配もありません。

10. カリタ次世代「コーヒーグラインダー ネクストG」

34,342円 【仕様】 サイズ:21.6x12.4x40cm AC100V/60W コード長:1.85m 本体重量:3.2kg
しっかりとした置き型の、電動コーヒーミルです。こちらは、ダイヤルで15段階の挽き加減調節が可能。さらに静電気除去装置が搭載されているので、電動ミルの課題だった、粉の散飛を防ぐことも実現しました。コーヒー専門店にも負けを劣らない本格電動ミルです。

挽いたコーヒー豆の保存方法

コーヒーは生鮮食品といわれるほど、実は鮮度が大切な食品なんですよ。特にコーヒー豆を挽いてしまうと、空気に触れる表面積が大きくなり、烈火しやすくなります。そのためコーヒー豆は、飲む直前に挽くことをおすすめします。 ただしどうしても余ってしまうことがあるので、冷暗所で1週間ほど冷蔵庫で2〜3週間冷凍庫で1ヶ月と覚えておきましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS