電動派?手動派?おすすめ「コーヒーミル」10選と正しい使い方

コーヒーミルにこだわるだけで、自宅でおいしいコーヒーを淹れることができるんですよ!この記事では挽き具合を簡単に選べる電動タイプや、おしゃれな手動タイプなどおすすめを10選ご紹介。コーヒーミルの使い方やメリット、お手入れ方法なども参考にしてみてくださいね。

2020年3月17日 更新

電動コーヒミルのおすすめポイント

電動タイプのコーヒーミルは、なんといっても一度にたくさん豆が挽けるのがメリット! 手動でじっくりと香りを楽しみながら挽くのも魅力的ですが、毎回だと面倒に感じたり、ゆったり挽いている時間がないこともしばしば。 忙しい朝の時間でも、手軽においしいコーヒーをのむことができますよ♪

手動のコーヒーミルのおすすめ5選

1. PEUGEOT「コーヒーミル ノスタルジー」

13,412円 【仕様】 本体サイズ:幅13×奥行13×高さ21cm 本体重量:880g 材質:ブナ、鉄、ステンレス 原産国:フランス 引出部分の容量:25g
ハンドルを回せば心地よい挽きごごちが楽しめる「PEUGEOT コーヒーミル ノスタルジー 841-1」。伝統的を感じる名門プジョーのコーヒーミルです。時計回りに回転させると細かめに豆を挽くことができ、半時計回りに回転させることで粗引きになるので、お好みで使い分けてください。

2. ハリオ「手挽きコーヒーミル」

2,736円 【仕様】 サイズ:幅16×奥行10×高さ18.5cm 口径7.9cm 本体重量:455g 材質:本体・ハンドルツマミ/天然木、ホッパー・ハンドル/鉄、臼/セラミック、シャフト/ステンレス、フタ/ポリプロピレン 原産国:中国 コーヒー粉:24g
ハリオの「手挽きコーヒーミル スモールコーヒーグラインダー 手動 MM-2」は、リーズナブルにもかかわらず、その品質は本物。挽きやすく、コーヒー豆も詰まりにくい構造になっています。一般的な中型のコーヒーミルなので、初心者でも使いやすくおすすめですよ。

3. bonmac(ボンマック)「セラミックハンドコーヒーミル」

7,984円 【仕様】 サイズ:径5.4×高さ15.1cm(ハンドル装着前寸法) 生産国:日本 実用量:約30g 耐熱温度:ポリプロピレン樹脂・ポリアセタール樹脂/100度、シリコーン/150度 耐熱温度:ポリプロピレン樹脂・ポリアセタール樹脂/100度、シリコーン/150度
bonmac(ボンマック)「セラミックハンドコーヒーミル」は、鍛治(かじ)技術で世界一といわれている、新潟県燕三条のコーヒーミルです。匂いがつきにくく耐久性がいいので、長く使いたい方にもおすすめ。シンプルなデザインは、キッチンに置いておいてもおしゃれですし、棚の中でもすっきり収納できますよ。

4. 佐藤金属興業「SALUS ポポロ コーヒーミル」

3,761円 【仕様】 サイズ:170×145×99mm 本体重量:385g 材質:18-8ステンレス、ステンレス、セラミック(刃) 原産国:中国
「佐藤金属興業 SALUS ポポロ コーヒーミル」はステンレスなのでお手入れが簡単です。インテリアにもなる素敵な見た目が印象的ですね。水洗いができるのがいいところ。スタイリッシュなデザインも印象的なコーヒーミルです。

5. ポーレックス「セラミック コーヒーミル ミニ」

6,264円 【仕様】 サイズ:径5×高さ13.5cm 重量:250g 材質:刃/セラミック、キャップ/ステンレス、本体/ステンレス・ポリプロピレン、受け容器/ステンレス、シャフト/ステンレス、ハンドル/鉄・ポリプロピレン(グリップ)、ハンドルホルダー/シリコーン、調節ネジ/ポリアセタール・ステンレス、内刃ベース/ポリアセタール 生産国:日本
「ポーレックス セラミック コーヒーミル ミニ」は、コンパクトでアウトドアにもおすすめです。簡単に組立てられる簡易手挽きコーヒーミルですが、しっかりとエスプレッソ用から粗挽きまで挽き方の調節が可能ですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS