今日はメキシカン!それなら「ナチョ・ケソ・ディップ」がぴったり

タコスにつけるディップといえば、サルサなどのあっさりした、辛めのソースが多いですが、今回は、コクがあり、辛さは控えめという、お子様にも食べやすいディップのレシピを紹介します。タコス以外にも使えるので応用が利くメニューですよ。

ナチョ・ケソ・ディップ レシピ

材料(6〜8人分)

シュレッドチェダーチーズ(できれば塊で購入し、家で削るのが良い)・・・230g
エバミルク・・・340g
コーンスターチ・・・大さじ1
ガーリックパウダー・・・小さじ1
オニオンパウダー・・・小さじ1
クミン・・・小さじ1/2
カイエンペッパー・・・小さじ1/4〜1/8(好みの辛さに応じて)
牛乳・・・必要に応じて

調理方法

1.ソースパンに全ての材料を入れて、よく混ぜる。(コーンスターチは完全に溶かすこと)
2.ソースパンを中火にかけ、全ての材料が溶けて滑らかになるまで、混ぜながら火にかけ続ける。
3.2にお好みで調味して、とろみがつきすぎていたら、牛乳でのばす。
4.ソースが温かいうちに、器に移して提供する。(冷めてくるとかたまり出すので、また温めるようにする)
画像のように、完成したディップにアボカドやパプリカを細かく切って散らせば、いろどりも鮮やかになっていいですよね。

ひと味違ったタコス料理が食べたくなったら、ぜひ挑戦してみてください。

こちらの記事を参照しました(海外)

他にもある、テクスメクス料理を紹介

コリアンダー・ライム・シュリンプ

赤タマネギ、トマティーヨ(オオブドウホオヅキ)、ポブラノを、天板にのせ、オリーブオイルと塩胡椒をして200度のオーブンで20分焼きます。

焼きあがった野菜と、コリアンダー、ライム果汁、ニンニク、塩胡椒をブレンダーに入れ撹拌して、ディップの完成です。

別のボウルにコリアンダー、赤ワインビネガー、オリーブオイル、ライム果汁、ニンニク、レッドペッパーフレーク、スモークパプリカ、ライムの皮、塩胡椒を入れてよく混ぜます。ここに海老を入れてよく和えて、重ならないように天板に並べます。

海老をオーブンで8〜10分焼いて、ディップを添えて出せば完成です。

唐辛子の辛さと、柑橘類の爽やかさが、テクスメクスらしいですよね。海老料理のバリエーションも広がりそうです。

ワンポット・チキンタコライス

深めのフライパンに油を入れて熱します。そこに、鳥ひき肉、タマネギ、を入れて炒めます。鳥ひき肉とタマネギをフライパンの端にやって、空いたスペースに油をひき、生米を入れて炒めます。

フライパンに、スパイス、チキンブイヨン、サルサ、コーン、万能ネギを加え沸騰させます。沸騰したら火を弱め、蓋をして18分煮込みます。

米が炊けたら、火から下ろし、トマト、チーズ、アボカドをかけて、チーズを溶かすためもう2分蓋をします。

最後に、万能ネギとコリアンダーを散らせば完成です。

調理器具は深めのフライパンひとつ。洗い物がとっても楽なワンパン料理です。今日はちょっと疲れているな、というときのお助けレシピになりますよ。
タコベルの再上陸などで、テクスメクス料理が注目されている今、ひと足早く、お家で流行を抑えるのもいいですね。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS