食べごたえ倍増!?「氷こんにゃく」の作り方と満腹レシピ6選

こんにゃくを凍らせた「氷こんにゃく」は、しっかりした食感になり、お肉のように調理することができるんです。今回は、氷こんにゃくの作り方から、おいしい活用レシピをご紹介。これで、満腹になれること間違いなしです!ぜひ試してみてくださいね。

2019年3月29日 更新

ダイエッター注目の「氷こんにゃく」

「氷こんにゃく」とは、名前からも想像できる通り、こんにゃくを凍らせたもののこと。こんにゃくは凍らせることによって食感が変わり、歯ごたえが増すため、比較的少量で満腹感を得ることができます。

その食感から、お肉や魚の代用品として使われる氷こんにゃく、その作り方をチェックしてみましょう。

氷こんにゃくの作り方

手順

1. お好きな量のこんにゃくを用意します。

2. 食べやすさや、どんな料理に使いたいかを考慮しつつ、こんにゃくを切ります。

3. 冷凍してもよい容器に切ったこんにゃくを入れ、24時間ほど凍らせたら完成です。

解凍するときは、室温に戻すか、お湯を使うようにしましょう。電子レンジを使うと食感が変わってしまう可能性があるので、おすすめしません。

切り方はどうする?

氷こんにゃくの切り方は、料理や用途によって以下のように分けるといいでしょう。

・少し大きめのぶつ切り……唐揚げなどにするのに向いた切り方
・やや薄目のそぎ切り……生姜焼きなどにするのに向いた切り方
・細かい賽の目切り……そぼろなどのかさ増しにするのに向いた切り方
・千切り……きんぴらなどにするのに向いた切り方

どのような料理にしたいかによって、切り方をいろいろ工夫してみてくださいね。

氷こんにゃくを使ったレシピ6選

1. 氷こんにゃくの唐揚げ

氷こんにゃくを使ったレシピのなかでも、人気が高いのがこちらの唐揚げのレシピ。本当のお肉のような食感になるため、しっかりこんにゃくのくさみさえ取れていれば、こんにゃくが苦手な方でも食べられるんだとか。

2. 氷こんにゃくのステーキ

サイコロステーキのような氷こんにゃく。ポイントはこんにゃくを焼くときに、サラダ油などではなく牛脂を使うこと。こうすることで、より本当のステーキのような風味になります。スーパーなどで無料でもらえることもありますので、ぜひ試してみてくださいね。

こちらのレシピでは、ネギと一緒に串刺しにして、ねぎま風に仕上げています。

3. 氷こんにゃくの生姜焼き

こちらは薄切りにしたこんにゃくを使った、生姜焼きのレシピです。お肉に比べると多少調味料の絡みが弱いので、少し濃い目に味付けをしておくのがおすすめですよ。満足度高めで楽しめるはずです。

4. 氷こんにゃくのそぼろ

お弁当などで大活躍してくれるそぼろも、こんにゃくでかさ増しさせることができるんです。お肉の半分がこんにゃくになることで、カロリーも大幅カット。甘からい味付けにごはんが進むこと間違いなしです。

5. 氷こんにゃくと車麩のどんぶり

特集

SPECIAL CONTENTS