食べごたえ倍増!?「氷こんにゃく」の作り方と満腹レシピ6選

こんにゃくを凍らせた「氷こんにゃく」は、しっかりした食感になり、お肉のように調理することができるんです。今回は、氷こんにゃくの作り方から、おいしい活用レシピをご紹介。これで、満腹になれること間違いなしです!ぜひ試してみてくださいね。

2019年3月29日 更新

ダイエッター注目の「氷こんにゃく」

「氷こんにゃく」とは、名前からも想像できる通り、こんにゃくを凍らせたもののこと。こんにゃくは凍らせることによって食感が変わり、歯ごたえが増すため、比較的少量で満腹感を得ることができます。

その食感から、お肉や魚の代用品として使われる氷こんにゃく、その作り方をチェックしてみましょう。

氷こんにゃくの作り方

手順

1. お好きな量のこんにゃくを用意します。

2. 食べやすさや、どんな料理に使いたいかを考慮しつつ、こんにゃくを切ります。

3. 冷凍してもよい容器に切ったこんにゃくを入れ、24時間ほど凍らせたら完成です。

解凍するときは、室温に戻すか、お湯を使うようにしましょう。電子レンジを使うと食感が変わってしまう可能性があるので、おすすめしません。

切り方はどうする?

氷こんにゃくの切り方は、料理や用途によって以下のように分けるといいでしょう。

・少し大きめのぶつ切り……唐揚げなどにするのに向いた切り方
・やや薄目のそぎ切り……生姜焼きなどにするのに向いた切り方
・細かい賽の目切り……そぼろなどのかさ増しにするのに向いた切り方
・千切り……きんぴらなどにするのに向いた切り方

どのような料理にしたいかによって、切り方をいろいろ工夫してみてくださいね。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

noranora69

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう