4. フランスでの定番。シーフードと野菜のタブレ

「タブレ」とは、フランスの代表的なクスクス料理。クスクスと野菜をレモン果汁で味付けして、ミントやパセリなどのハーブを加えるさっぱりとしたサラダです。えびやたこ、いかなどの魚介類を加えると、食べごたえアップ。白ワインにもよく合いますよ。

5. さっぱりさわやか。中華風クスクスサラダ

クスクスを戻すときにごま油を使えば、中華風のクスクスサラダができあがります。ポン酢しょうゆやはちみつなどで味を付けるので、手軽に作れるのがGOOD。たっぷり入るえびのプリプリ食感がおいしく、クスクス初心者にもおすすめです。おもてなしにも喜ばれるはずですよ。

6. メインに。ラム肉とグリル野菜とクスクスのサラダ

クスクスサラダに、ラム肉のしゃぶしゃぶとグリル野菜を加えるエスニックなひと品。なすやズッキーニのジューシーさとラム肉特有の風味が引き立ち、クセになる味わいですよ。チュニジアやフランスではハリッサという唐辛子ペーストを付けて食べますが、コチュジャンを添えても絶品です。

クスクスの人気「スープ」レシピ4選

7. まろやか。クスクス入りポタージュ

まったりなめらかなクスクス入りポタージュです。ミキサーにかけるので口当たりがよく、食欲がないときにもスルスル入りますよ。レシピではじゃがいもで作りますが、かぼちゃやにんじんなどお好みの野菜を加えてOK。クセがないので、お子さんもペロリと食べてくれるはずです。

8. 旨味たっぷり。クスクス入りアクアパッツァ

魚介類たっぷりのスープを楽しむアクアパッツァ。スープ皿にクスクスとともに盛り付けて一緒に食べてみてください。クスクスに魚介類のだしや旨味が染みて、格別のおいしさですよ。アクアパッツァは、パンを添えたりパスタを入れて楽しんだりしますが、クスクスも相性抜群です。

9. スパイシー。鶏もも肉のトマトスープとクスクス

北アフリカや中東、フランスなどで食べられるクスクス。各国で食べ方はさまざまですが、チュニジアでは基本的に鶏もも肉のトマトスープと合わせます。濃厚なトマトの甘味とエスニックな風味漂うスパイシーなハリッサがマッチして、あとを引きますよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ