おこなう際の注意点・ポイント

・1円玉や5円玉では力がかけにくく、すべってしまい栓の縁で手を切るおそれがあります。

・10円玉がない場合は、100円玉や500円玉を使ってみるのもよいでしょう。ただし100円玉や500円玉は、10円玉よりも少し厚みがあります。縁にうまく差し込めない場合は、使用を控えてください。

【代用品4】紙で開ける方法

Photo by morico

手順

  1. A4サイズの紙を用意し、縦の状態から半分に折ったら横に折る……を繰り返し小さく折りたたむ
  2. 細長い縦長になり、自分が持ちやすいと感じるサイズまで折る(栓のサイズ3個分くらいがベスト)
  3. 両手にゴム手袋を装着し、利き手ではないほうの手で、栓のすぐ下の部分の瓶をしっかりと握る。利き手に持った紙の折り目部分を、栓のギザギザの縁に差し込み、瓶を握っている親指で支える
  4. 紙をググッと下に力をかけると、栓が開く

おこなう際の注意点・ポイント

・紙の縁で手を切るおそれがあるため、両手にゴム手袋を装着しおこないましょう。

・A4サイズの紙ならチラシでもOK。厚紙だと強度が増すため、より開けやすいです。

【代用品5】プルタブと割り箸で開ける方法

Photo by morico

手順

  1. プルタブ(缶ビールや缶ジュースを開けるつまみの部分)を用意する。プルタブの指を引っかけるほうの穴を上にし、下の穴を栓のギザギザの縁に差し込む
  2. 上の穴に割り箸を先端から入れ、割り箸がこれ以上進まないところまで入れる
  3. そのまま180度回転させ、利き手ではないほうの手で瓶を握り、人差し指でプルタブをしっかりと固定する。利き手で割り箸をぎゅっと握る
  4. 割り箸を上に持ち上げると、栓が開く

おこなう際の注意点・ポイント

・てこの原理がしっかりと働くので、軽い力で栓が開きます。

・缶とプルタブがくっついていた部分は、手を切りやすいので注意してください。

【代用品6】カラビナを使う方法

Photo by morico

手順

  1. 両手の人差し指と親指を使い、カラビナ(開閉できる部品がついた金属製のリング)で栓を挟むようにする。両手のほかの指は瓶が動かないように握る
  2. 栓のギザギザの縁にあてたカラビナの下部分を、親指でググッと上に持ち上げるよう力を入れると栓が開く
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ