ライター : Yuzuriha0629

編集&ライター

出版社でライフスタイル誌の編集に携わった後、フリーの編集&ライターとして独立。得意なテーマは食と旅。パリのル・コルドン・ブルーや東京会館クッキングスクールなどで料理や製菓を…もっとみる

「Ca鮭フレーク」

Photo by Yuzuriha0629

198円(税込)
「Ca鮭フレーク」は鮭を中骨ごと使用してフレーク状にした、業務スーパーのオリジナル商品。国内製造なのに160g入りで198円でスーパーなどで購入するものに比べてとってもお得。ネットでは「鮭はパサパサせず、しっとりしていて、塩加減も絶妙」「安いのにメイドインジャパン」などの口コミが寄せられていました。

Photo by Yuzuriha0629

「Ca鮭フレーク」に使われている原材料は、鮭のほか、大豆たん白、植物油脂、食塩、醸造調味料、鮭エキスなどの添加物や調味料となっています。製造元である宮城製粉は業務スーパーの関連会社。国内製造なのにお値打ち価格で販売できる秘訣はここにありそうです。気になる賞味期限は、購入日より約5か月後です。

Photo by Yuzuriha0629

パッケージには、開封日を記入する箇所が設けられていました。開封前は直射日光、高温多湿を避けて常温で保存となっていますが、開封後要冷蔵です。なにせ大容量なので、開封日を忘れずに記入してできるだけ早めに食べ切るようにしたいですね。

鮭のうまみがたっぷりで、塩加減も絶妙のやさしい味!

Photo by Yuzuriha0629

瓶から取り出したままの「Ca鮭フレーク」は、ほんのりピンクがかったオレンジ色です。ひと口味わってみると、まずは口の中いっぱいに鮭のうまみがひろがります。心配していた生臭さなどはまったくありません。

そのまま食べるのにも、ほかの料理にアレンジするのにも絶妙な塩加減。フレークはやや小さめですが、混ぜたりあえたりする際に使い勝手がよさそうです。鮭を中骨ごと使っていますが、食感に気になるところはありませんでした。

生クリームを加えるだけ!鮭のクリームパスタ

Photo by Yuzuriha0629

さまざまな料理にアレンジして使える「Ca鮭フレーク」ですが、筆者のイチオシは、生クリーム一緒にあえるだけのお手軽クリームパスタです!作り方は、フライパンを弱火にかけてひとり分あたり大さじ3の生クリームを入れて温めます。

さらに「Ca鮭フレーク」大さじ2杯とパッケージの表示どおりにゆでた一人前のスパゲティ、スパゲティのゆで汁大さじ1杯を加えて手早く混ぜれ完成。お好みで、のりや小ねぎをのせてお召し上がりください

炊飯器におまかせ!鮭と大葉の炊き込みごはん

Photo by Yuzuriha0629

次にご紹介するアレンジは、炊き込みご飯。炊飯器に調味料と「Ca鮭フレーク」を入れて炊くだけなので、失敗知らずでできますよ。

炊飯器にあらかじめ研いでざるに上げておいた米2合と「Ca鮭フレーク」大さじ4杯、しょうゆ・みりん、酒各大さじ1杯、塩2つまみを入れ、2合分のメモリまで水を入れて普通に炊きます。炊飯中に大葉6枚を細切りに切っておき、炊き上がりのごはんに白すりごま大さじ1杯とともに混ぜればできあがりです。

「鮭めんたい」

Photo by Yuzuriha0629

228円(税込)
「鮭めんたい」は2022年発売の新商品。鮭フレークの中に粒状になった辛子明太子が入っています。ネットでは「旨味たっぷりでほんのり辛くて、いくらでもご飯が食べられます!」「結構ピリ辛でおいしい」などのコメントが。辛子明太子が入っているせいか、150g入りで228円と「Ca鮭フレーク」より若干高めです。

Photo by Yuzuriha0629

「鮭めんたい」の原材料は鮭、辛子明太子のほか、大豆たん白、植物油脂、醸造調味料、唐辛子、鮭エキス粉末などの添加物や調味料となっています。こちらも開封前は直射日光、高温多湿を避けて常温保存。開封後は要冷蔵です。賞味期限は「Ca鮭フレーク」同様購入日から約5か月後でした。

辛子明太子パワーでほんのりピリ辛、うまみアップ♪

Photo by Yuzuriha062

「鮭めんたい」の見た目は、「Ca鮭フレーク」に比べてやや赤茶色がかった印象です。辛子明太子のつぶつぶも見えますね。そのまま食べてみると、辛子明太子が効いていて思ったよりもしっかりと辛さが。さらにうまみも加わっています。ピリ辛効果もあいまって、ごはんがどんどん進んでしまいそう!やや大人向けの味ですね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ