ライター : Yuzuriha0629

編集&ライター

出版社でライフスタイル誌の編集に携わった後、フリーの編集&ライターとして独立。得意なテーマは食と旅。パリのル・コルドン・ブルーや東京会館クッキングスクールなどで料理や製菓を…もっとみる

業務スーパー「タマゴサラダ」

Photo by Yuzuriha0629

698円(税込)
あると便利な卵サラダ。業務スーパーでは、なめらかな黄身ソースに大きめにカットされた白身がごろごろ入った「タマゴサラダ」が、なんと1kg698円(税込)で販売されています。100gあたりの値段は約70円(税込)で、スーパーの惣菜コーナーで購入できる100gあたり120円くらいのものと比べると、断然コスパがよいのが分かります。

Photo by Yuzuriha0629

「タマゴサラダ」の材料には鶏卵、食用植物油脂、醸造酢、食塩、砂糖などが使われています。100gあたりのカロリーは217kcal。賞味期限はパッケージ上部に記載されており、筆者が購入した際は製造日より2か月後となっていました。

大人も子どもも大好き!まろやかでホッとする味

Photo by Yuzuriha0629

「タマゴサラダ」をそのまま食べてみると、穏かな酸味のマヨネーズと卵の黄身のまったりとしたコクが感じられます。さらに白身が大き目にカットされているため、たんぱくな白身の味と食感も楽しめますよ。

これぞ王道の味といえる、大人から子どもまで万人受けする味に仕上がっています!

開封後の保存方法は?

Photo by Yuzuriha0629

一度に1kgを食べ切るのはむずかしいので、酸化と乾燥を防ぐためにも小分けにして冷蔵保存しましょう。

4人家族の我が家では1㎏を3回程で食べ切るので、コンテナ型の保存容器に1/3量ずつ入れて冷蔵庫へ。少量ずつラップでくるんだものをジッパー袋に入れて保存するよりも、サッと使えてサッとしまえるので便利ですよ。

毎日の献立にお役立ち!おすすめアレンジ3選

1. ベーコン&ブロッコリーの卵グラタン

Photo by Yuzuriha0629

ホワイトソースのかわりに「タマゴサラダ」で具材とゆでておいたマカロニをあえ、上にとろけるチーズをふりかければグラタンに変身!トースターかオーブンでおいしそうな焦げ目がつくまで焼けば完成です。

写真のグラタンの具材は、塩ゆでしたブロッコリーとベーコンです。ウィンナーやエビ、ホウレンソウなど好きな具材で作ってみてくださいね。

2. あえるだけの簡単タルタルソース

Photo by Yuzuriha0629

エビや白身魚のフライやチキン南蛮などのメニューに必須なのが、タルタルソース。「タマゴサラダ」をベースに、刻んだピクルスを混ぜるだけであっという間に本格派の味が完成しますよ。

おすすめは業務スーパーで購入できる「レリッシュ(刻みピクルス)」148円(税込)を使うこと。「タマゴサラダ」100gに対して20gくらいの「レリッシュ」を混ぜればOK。ピクルスやラッキョウの甘酢漬けを刻んだものでも代用できます。

3. ハム&エッグ春巻き

Photo by Yuzuriha0629

最後にご紹介するアレンジは、春巻きです!フィリングを作る手間を省き、ハムと卵サラダを春巻きの皮で巻くだけのお手軽メニュー。

この春巻きは破裂しやすいので、油で揚げる際は注意してくださいね。具材を皮で包んだあと、揚げずに全面にオリーブオイルを塗ってトースターで焼いてもOKです。とろけるチーズや大葉をプラスしてもまた違った味に。おつまみやお子さんのおやつにもおすすめです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ