ライター : ささき ゆい

野菜ソムリエ

保育士資格を取得後、保育園に就職し累計100人以上の子どもやお母さんと関わる。 保育士として勤務する傍ら野菜ソムリエの資格を取得。 子どもから大人まで心も体も元気になれるような…もっとみる

余った絹さやは冷凍で食感をキープ!

Photo by macaroni

シャキっとした歯ごたえが魅力の絹さやですが、日持ちせず保存がむずかしい野菜のひとつです。冷凍保存をすることにより、絹さやの食感をキープしおいしく食べられることができますよ。春が旬の絹さやの冷凍保存方法をご紹介します。

冷凍する場合はゆでてから

Photo by ささきゆい

絹さやは生のままで冷凍してしまうと、解凍したときに水っぽい食感や色が悪くなってしまいます。下ゆでをしてから冷凍することでシャキっとした食感や鮮やかな緑の色味を保ち、簡単に料理の彩りに使うことができますよ。

冷凍方法

Photo by ささきゆい

まずは下ごしらえに筋取りをします。筋取りすることで、食べたときに固い筋が口に残らず食べやすくなるのでこのひと手間が大切です。

Photo by ささきゆい

筋取りは上のヘタの部分を折り、先端に向けて引っ張ります。次に反対向きに下のひげ側の先端を折り、ヘタに向かって引っ張ります。一気にスーッと引くことできれいに取ることができますよ。

Photo by ささきゆい

鍋にお湯を沸騰させ、塩(水の量に対して1%ほど)を入れます。絹さやを1分程サッとゆで、ざるに取り上げます。

Photo by ささきゆい

ゆですぎるとやわらかくなり、食感が損なわれてしまうので短時間でサッと加熱することがポイントです。絹さやが少量であれば、フライパンでゆでることもできます。

Photo by ささきゆい

ボウルに冷水を用意し絹さやを冷まします。すぐに冷ますことで、絹さやの鮮やかな緑色をキープし(色止め効果)余熱で火が通るのを防ぐことができます。

Photo by ささきゆい

キッチンペーパーに絹さやを並べて絹さやの水分を取ります。しっかり水気を拭き取ることが解凍したときに水っぽくならず長持ちするポイントです。

冷凍絹さやの保存期間と解凍方法

Photo by ささきゆい

絹さやは冷凍することで約1か月ほど保存することができます。ゆでた絹さやは重ならないようにラップに並べて包み、冷凍用の保存袋へ空気を抜いていれます。小分けにしておくとちょっとした彩りに使いやすいですよ。

冷凍絹さやは料理にそのまま使用できる

Photo by ささきゆい

冷凍絹さやは卵とじやみそ汁、ベーコン炒めなどやわらかい食感で味わう加熱調理のものであれば凍ったまま使用することができます。

レンジでの解凍方法

Photo by ささきゆい

冷凍保存したラップごと皿にのせ、解凍モードか電子レンジ200Wで30秒ほど加熱します。電子レンジでの解凍は加熱しすぎるとやわらかくなったり、水分が失われたりしてしまうので注意しましょう。低温で短時間加熱することが、食感を生かすポイントです。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ