【9位】フランス生まれの本格派ベーカリー「ポール 大丸京都店」(烏丸)

Photo by オミ

フランス生まれの「PAUL(ポール)」は、ヨーロッパ風のおしゃれな雰囲気と本格的なパンが味わえると日本でも人気のお店。京都ではここ「ポール 大丸京都店」ほか2店舗を展開中です。

お店の自慢は、発酵バターをたっぷり使用したクロワッサン。スイーツ系や総菜系のパンもどれもおいしいと評判ですよ。

カヌレ(プレーン)

Photo by オミ

280円(税込)
「ポール 大丸京都店」の「カヌレ」はプレーンのほか、季節限定でさまざまな味が楽しめます。人気商品のため、日によっては売り切れになることも。

写真の「カヌレ(プレーン)」をカットした生地の様子をご覧ください!なんとも美しく、均一に広がる気泡が印象的なひと品です。中の生地は甘すぎず、焦げ部分は苦すぎず、バランスの良さが人気の理由かもしれません。
店舗情報

【8位】おしゃれ空間でカヌレを味わう「リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー 京都店」(烏丸御池)

Photo by オミ

こだわりの原料を使用した本格的な味わいのパンやケーキが楽しめる「LIBERTE PATISSERIE BOULANGERIE(リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー)京都店」。

パンに使われるのは、深い小麦の香りと味を持つフランス産の小麦粉や、厳しい基準をクリアしたAOPバターなど、厳選されたものばかりです。

広くて明るい店内では、パンのイートインはもちろん、ケーキや、パン付き(フリー)のおしゃれなランチもいただけます♪

カヌレ(プレーン)

Photo by オミ

374円(税込) イートイン価格
一般的に、固すぎてナイフがはじかれそうになるカヌレ。ところが「リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー京都店」の「カヌレ」は、切り分けやすい心地よい固さです。

ソフトなカリッと感と、ほんのりダークラムの香り漂うカスタード味がたまりません。噛みしめると、ほろ苦さと甘さが交わるおいしいひと品です。
店舗情報

【7位】京都のカヌレラバーズ憧れの店「カヌレ」(京都市役所前)

Photo by オミ

店名を見れば、おいしいカヌレがいただけると一目でわかる「カヌレ」♪ ビルの5階にあり、アンティーク家具に囲まれながら、眺望も楽しめる癒しの空間です。夜は、バーとして利用もできますよ。

「カヌレ」のテイクアウトも可能で、お店が開店するとともに買い求めにお客さんもいらっしゃいます。

カヌレ・ド・ボルドー

Photo by オミ

330円(税込) イートイン価格
やわらかめのホイップクリームが添えられた「カヌレ」は、外側がカリカリ、中の生地はふんわりとクリーミーな味わいです。甘さ控えめでラム酒の香りがふわっと広がる、大人の雰囲気。「カヌレ」特有のもっちり感もしっかりあります。

スイーツとしての「カヌレ」が絶品なのはもちろんですが、洋酒のお供としてもアリな「カヌレ」です♪
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ