辛口デリーカシミールカレー

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

1,050円(税込)
「デリー」から伝授されたという、黒くシャバシャバなカシミールカレー。激辛と言われる本家と比べると辛さは抑えめで、具材はベーコンです。

深く爽やかな辛さとオープンエアの風、最高のカレー体験。こちらのカレーをピザにした「カシミールピザ」もここだけの珍品ですよ!
店舗情報

11.【伊豆高原】ドッグラン併設スパイスカレー店「福茶ズカリー」

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

温泉、アスレチック、湖にミュージアム……リゾートに最適なスポットが集まる伊豆高原エリアに2021年8月、新しいスパイスカレー店が誕生しました。

なんと、起伏がある天然芝の無料ドッグラン併設。店内にもテラスにもワンちゃん同伴OKと、愛犬家に嬉しいカレー店なのです。伊豆観光のひとやすみ処にどうぞ。

伊豆高原の漁師風キーマcurry

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

1,280円(税込)
キーマの上に伊豆近海で獲れたシラス、青ねぎの風味。卵黄を崩していただけば、味わいはグッとまろやかに。和印融合、見て美しく食べておいしい、伊豆ならではのキーマカレーです。

タンドリーチキン手羽先2本

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

380円(税込)
8種類のスパイスを使い2日間寝かせて味を染み込ませた、ジューシー&スパイシーな手羽先。とにかく濃厚でビールのおつまみにも最高。テイクアウトでも楽しめますよ。
店舗情報

12.【伊豆市】わさび農家が作る逸品カレーとスパイスラーメン「伊豆あまからや」

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

伊豆のちょうど真ん中に位置する伊豆市。金土日祝限定でオープンする、とても素敵なお店があります。もともと沼津で「あまからや」というカレー店だったのが、伊豆に移転。平日は伊東市池でわさび農園を営み、週末にこのお店を営業しています。

名物はカレーとスパイスラーメン。伊豆の食材を用いたカレーの旨さは言わずもがな、スパイスラーメンも1999年新横浜ラーメン博物館で開催された「ラーメン登竜門」で優勝したほどの実力派なのです。

お店は広々とした古民家でゆったり気分。最寄りに電車の駅はない(修善寺からタクシー片道3,000円ほど)ので、ドライブがてら立ち寄るのがおすすめ。その価値は十二分にあるお店です。

スパイス醤油ラーメン+半カレー(チキン)

Photo by 松 宏彰(カレー細胞)

1,320円(税込)
カレーもラーメンもおいしい、そしていつでも来られる店じゃない……となったら迷いますよね。そんなときはこの組み合わせ。

ラーメン登竜門優勝メニューの「スパイス醤油ラーメン」(単品税込860円)はほどよいスパイス使いで、ラーメンとしての完成度が異様に高い一杯です。90年代にこんな斬新な試みをし、今なお食べる者を驚かせるなんて、恐るべし。

一方のチキンカレー(単品税込860円、ハーフ税込460円)は、このお店の定番カレー。10種のスパイスを用いサラッとした食感に仕上げているのですが、辛さよりもスパイスの香りがしっかり立った本格派。

どちらもいただくことで、このお店の素晴らしさを堪能できます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ