4. ボウルで材料を混ぜ合わせる

Photo by あんりちこ

ボウルにリコッタチーズ、2のいちごコンフィチュール、トッピング用の(a)を入れて混ぜ合わせます。ビターチョコレートとカシューナッツはあらかじめ刻んでおいたものを、タイムは葉をほぐして入れてください。

「タイムは、枝の先を片手で持ち、根本のほうに向かって指でしごくようにこすると、ポロポロと葉が落ちますよ」

5. 残りの生クリームを泡立てる

Photo by あんりちこ

別のボウルに残りの生クリームを入れ、泡立て器で八分立てにします。八分立ての目安は、泡立て器ですくうとやわらかいツノが立ち、ツノが少し曲って下を向く程度です。

「生クリームをよく冷やしておき、氷水を張ったボウルを下に重ねた状態で泡立てると分離しにくくなり、うまく混ぜられます」

6. 生クリームにガナッシュを加える

Photo by あんりちこ

生クリームにガナッシュを加えて混ぜ、チョコレートクリームを作ります。

「生クリームとガナッシュを合わせるときは、分離しないように注意しながら混ぜてください。ガナッシュは人肌まで冷ましておき、氷水を張ったボウルを下に重ねながら混ぜると失敗しにくくなります」

7. チョコレートクリームと具材を合わせる

Photo by あんりちこ

チョコレートクリームのボウルに、4の具材を投入。いちごが崩れないように、やさしく混ぜ合わせます。

8. 型に入れて冷やし固める

Photo by あんりちこ

クッキングシートを敷いた18cmのパウンド型に生地を入れ、ヘラで表面を平らに整えます。

調理台の上にふきんを敷き、3cmくらいの高さからパウンド型を3回ほど落として空気を抜きます。

Photo by あんりちこ

冷凍庫に入れて冷やし固めます。冷やす時間の目安は3時間以上で、全体がしっかり凍ったら完成です。

完成したカッサータは、ラップに包んで2週間~1カ月ほど冷凍保存できます。

おうちバレンタインを華やかに彩る、カッサータのレシピ

Photo by あんりちこ

いちごの甘さとビターチョコのほろ苦さのなかに、タイムの爽やかな後味が残るショコラカッサータが完成。ハーブの香りが良く、コーヒーや紅茶はもちろん、ワインやラム酒、ブランデーなどの洋酒とも合いそうな大人なお味です。

アイスケーキは、普通のケーキより保存がきくのも魅力♪ 時間のあるときに作って準備しておけばバレンタイン当日に慌てなくてすみますよ。

見た目もおしゃれで、大切な人との時間を盛り上げてくれること間違いなしのショコラカッサータ。今年のバレンタインは、あたたかい部屋でひんやりスイーツを楽しむぜいたくな時間を過ごしてみようと思います。

取材・文/小原らいむ
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ