2. 焼いて楽しむ希少チーズ「ハルーミチーズ」

Photo by akiyon

581円(税込)
トルコから直輸入した、バフチュヴァン社製のナチュラルチーズです。トルコやキプロス周辺でしか作られない希少なチーズで、焼いても溶けないのが特徴。いつもと違った楽しみ方ができることやその独特の食感が評判を呼び、「ぜひ食べてみたい」と品薄状態のなか探す人が続出しました。

原材料は牛乳、塩、レンネット(凝乳酵素)のみと、いたってシンプル。1パックに225g入りで、100gあたりのカロリーは321kcalです。現在オンラインストアでの扱いはありませんが、店舗の冷蔵コーナーで見つけることができます。

Photo by akiyon

大きさは9×6.5×3cmくらいで、ずしりとしたなかなかの重さ。一見豆腐のようにも見えますが、ぎゅっとした固さがあります。このままでは塩気が強くて食べられないので、食べる前に塩抜きをしましょう。

塩抜きは1時間以上

Photo by akiyon

塩抜きの方法は、スライスしたあと水に1時間以上浸すだけ。筆者が試してみたところ、1時間半ほど待つと、ほどよく塩気が抜けてチーズの旨みを存分に楽しむことができました。

最初は途中で味見をしながら、好みの塩加減になる時間を見つけてみるといいでしょう。

独特の食感のあと旨みが残る

Photo by akiyon

まずは焼かずにそのまま食べてみると、キュッキュっと音がする独特の食感。塩抜きをしたあとなのでほどよい塩気が残り、淡白ながらもミルキーなあと味が残ります。

モッツァレラチーズをぎゅっと固めたような、不思議なチーズ。本当に、こんなチーズ初めてです!

こんがり焼いてはちみつ&ナッツをトッピング

Photo by akiyon

ハルーミチーズを焼く場合は、塩抜き後よく水気を拭いてフライパンで。両面にこんがりと焼き目がつけばできあがりです。焼く前よりもさらにぎゅっとした固さが出て、その分旨みも凝縮。歯ざわりも、さらにキュッキュッっとしますよ。焼き目がカリっとした食感になっておいしいですね。

おすすめは、はちみつとナッツのトッピング。チーズの塩気とはちみつの甘味が食欲をそそり、ナッツの食感も楽しめます。このほか、シンプルにパンにのせてトーストする方法もおすすめ。ほどよい塩気やミルキーなコクが、パンによく合います♪

商品情報

■商品名:ハルーミチーズ
■価格:581円(税込)
■内容量:225g
■原産国:トルコ
■カロリー:321kcal(100gあたり)
■保存方法:要冷蔵(10℃以下)

3. フランスの伝統レシピで製造「ブルサン ガーリック&ハーブ」

Photo by akiyon

537円(税込)
「ブルサン」は1963年にフランスで誕生して以来、今や世界35カ国以上で親しまれているフレッシュフレーバーチーズ。その伝統レシピをそのまま受け継ぎ、北海道産ミルクとフランスから輸入した素材で国内製造されたのが、ベルジャポン「ガーリック&ハーブ」です。

ガーリックの風味とちょうどいい塩加減、ほんのり香るハーブが食欲をそそり、クセが少なく食べやすいのが特徴です。内容量は100gと、フレッシュさが残るうちに食べきれるサイズ。カロリーは100gあたり392kcalです。

カルディには、このほか「オニオン&チャイブ」のラインアップも。ネットストアでは在庫切れであることが多いですが、店舗の冷蔵コーナーで見つけられます。

Photo by akiyon

ブルサンチーズの形は、直径7cm、高さ2.8cmほどの円筒状。ノルマンディー農家の伝統的な製法をヒントにして、加熱せずに冷却した状態のままアルミ包装されています。

その包装がちょっとユニーク。チーズの底には円筒状のアルミが敷かれ、チーズの上部は “銀のドレス” とも呼ばれるひだのあるアルミで包み込まれているんです。残ったチーズはまたこの銀のドレスをかぶせて冷蔵と、保存方法も斬新ですよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ