ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

あなたが知ってる大学芋はどれ?マニアが教えるご当地大学芋の種類

Photo by macaroni

秋といえばさつまいも。さつまいもといえば大学芋!近年、全国的に大学芋専門店が増えており、じわじわと人気が広がっているんです。

みなさんは、“大学芋”といえばどんなものをイメージしますか?蜜がたっぷりかかったしっとりタイプ、飴でコーティングされたカリカリタイプなど。いろんな大学芋がありますが、実は地域によって特徴があるそうなんです。

そこでこの記事では、大学芋を溺愛するマニアたちが集まった日本・大学芋愛協会の会長、 奥野靖子(おくのやすこ)さんに、詳しくお話を聞いてみました。

Photo by Yasuko Okuno

大学芋愛協会 会長/奥野靖子さん 北海道出身。大学編入と同時に上京し、そのとき口にした大学芋専門店の味に衝撃を受け、約10年毎日大学芋や芋菓子を食べ続ける。2012年に大学芋愛協会を設立し、会員は現在約160名。オリジナル大学芋の開発やイベントの実施など、大学芋の魅力を日々発信している
毎日ほぼ欠かさず大学芋や芋菓子を食べるという奥野さん。これまで全国の大学芋専門店を訪ねたり、お取り寄せしたりして、約70社以上もの大学芋を食べたそう。奥野さんが食べたことのない大学芋は、この世に存在するのでしょうか……。

「実は大学芋って、地域によって特色がまったく違うんです。さつまいもの品種、切り方、コーティングの種類など、アイデンティティはさまざま。ひとつとして同じ大学芋は存在しない、まさに十芋十色です!」

大学芋にも地域ごとに個性があるとはおどろきですね。そこで、特徴がわかりやすく、お取り寄せもしやすい関東・中部・関西の3つのエリアに分けて、各地域の大学芋の特徴と魅力について詳しく伺いました!大学芋を使った絶品アレンジレシピも必見です。

【関東編】たっぷりの蜜が特徴的!丸形のしっとり大学芋

「関東の大学芋には歴史があります。大学芋という名前の由来は、関東の大学生が好んで食べたから、という説もあるほど。※諸説あり

また茨城や千葉など、関東にはさつまいもの名産地があり、そこで採れる『紅あずま』は関東の大学芋専門店に長く愛されてきました。紅あずまは大学芋の “外はカリッッと、中はホクホク” を実現できる、最適な品種なんです。昨今はネットリさのある『紅あずま』の生産が増え、それに伴い関東の大学芋も多様に変化しています。

芋の切り方は丸形、乱切り型、輪切り型が主流で、とろとろの蜜をたっぷりと絡めて味わうのが特徴です。そんな大学芋激戦区の関東から、おすすめの2店舗を紹介します!」

関東エリアでおすすめのお取り寄せ大学芋

おいもやさん興伸の「大学いも」

Photo by macaroni

「とろとろの蜜がからんだ、丸形の大学芋が特徴のおいもやさん興伸。丁寧に面取りされたさつまいもは、コロンとしたかわいいフォルムです。カラッと揚がった芋をひと口噛むと、途端に中からやわらかい芋とたっぷりの蜜が溢れ出てきます。

老舗芋問屋として歴史もあるおいもやさん興伸。芋の品種にこだわり、ホクホク感強めシットリ感強めの、食感の違う大学芋を常時2種類作られています。10月は新芋の季節なので、ホクホク感をしっかり愉しむチャンスです」

川越いわたの「いわたの大学いも」

Photo by macaroni

「さつまいもの町と称される、埼玉県川越市。レトロな町並みが観光地としても有名ですが、川越いわたの大学芋は食べ歩きグルメとしても人気です。

こちらの芋は、おでんの大根のような珍しい輪切りタイプ。甘さ控えめのさらっとした蜜が芋の中までしみていて、口の中でホロリとほぐれます。大学芋とセットでお取り寄せできる、さつまいものチーズケーキも絶品ですよ」

【中部編】カリッ!ジュワッ!飴のカリカリ食感がたまらない大学芋

「とろとろ(液状)の蜜がからんだ関東の大学芋とは異なり、飴のコーティングが主流となる中部エリアの大学芋。パリパリ、カリカリとした食感が特徴です。中部の大学芋は関西のルーツと同じであると考えられています。しかし最近では、『関東の大学芋に憧れて!』と、蜜たっぷりのの大学芋を作っている専門店も出てきているそう。

中部エリアからは、厳選した1店舗をご紹介します。飴タイプのカリカリ大学芋が好きな方は必見のお店です!」

中部エリアでおすすめのお取り寄せ大学芋

福陽食品の「名古屋お芋嬢」

Photo by macaroni

「名古屋嬢のおちょぼ口でも食べやすい、がコンセプトの福陽食品の大学芋。小さめにカットされた芋に、しっかりコーティングされたカリカリの飴が特徴です。飴を絡める際、芋同士がくっついてしまうことを防ぐため、芋を振動させるオリジナル製法によって作り出されたひと品。

お皿に落とすとカランっ!と音がするほど、しっかりと飴がコーティングされていますが、カリッと噛んだとたんに溶けてしまう、魔法のような食感。ダイヤ・クリスタル・スティックと、芋の切り方が違う3種類の大学芋があり、食感の違いをぜひ楽しんでください」
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ