ライター : 満畑ペチカ

調理師ライター

長崎県在住の調理師ライター。新商品やトレンドグルメ、ご当地グルメなど、なんでも一度は食べてみたい性分です。最近は韓国料理がマイブームで、いろんなレシピにチャレンジ中。実食レ…もっとみる

冷凍パスタの意外なアレンジをご紹介

Photo by 満畑ペチカ

スーパーやコンビニなど、今やどこでも手に入る「冷凍パスタ」。温めるだけで本格的な味を楽しめて、オイル系・トマト系・クリーム系など種類も豊富です。冷凍庫にひとつあるだけで、いざというときの安心感がありますよね。

そんな冷凍パスタをアレンジすると、夕食にもぴったりのボリュームになったり、クオリティがぐぐんとアップしたり、いいこと尽くしなんです!この記事では、調理師がおすすめする冷凍パスタのアレンジを5つご紹介します。

1. ちょい足し!明太カルボナーラ

Photo by 満畑ペチカ

1つ目にご紹介するアレンジは、外食店でも人気のある「明太カルボナーラ」。使う商品は「トップバリュ 大盛り クリーミーカルボナーラ」です。たっぷり360gの大容量なので、ひとりでお腹いっぱい食べたいときや、ふたりでシェアしたいときにぴったりなんですよ。

味はベーコンの燻した香りが効いていて、食べ応え抜群。しかしくどすぎず、卵風味のソースが全体をまろやかにまとめてくれています。

まろやかなカルボナーラと明太子の辛さが相性抜群!

Photo by 満畑ペチカ

明太子はあらかじめほぐしておき、少量の牛乳にあわせておくのがコツ。カルボナーラにかけたとき、全体になじみやすくなります。まろやかなカルボナーラにピリッとした明太子の辛さが加わって、かなり満足感のある味わいです。

2. お惣菜をプラスして。ボリューム満点のボロネーゼ

Photo by 満畑ペチカ

2つ目にご紹介するアレンジは、意外な商品を使ってボリュームをアップさせる「具沢山ボロネーゼ」です。使う商品は「日清もちっと生パスタ クリーミーボロネーゼ」。生クリームが加わった濃厚なボロネーゼソースが、フェットチーネにたっぷりと絡んで……筆者も大好きな商品です。

お肉マシマシで!ラザニア風もおすすめ

Photo by 満畑ペチカ

そのままでもおいしいクリーミーボロネーゼ。しかし、「もっと肉感がほしい!」という方もいらっしゃるはず。そこでおすすめするのが、市販のミートボールを使うアレンジです。(ソースと一緒に入っている、お弁当にもぴったりなアレですよ!)

ミートボールは開封前に袋の上からしっかり潰して、かたまりがない状態にしておきます。袋のまま温められる場合はそのまま温めて、同じく温めたクリーミーボロネーゼの上に潰したミートボールをかければ完成です!

お肉たっぷりで、かなり食べ応えがありますよ。お好みで耐熱容器に入れて、チーズをかけてラザニア風にして食べるのもおすすめなので、ぜひ試してみてくださいね。

3. のせるだけでご当地グルメ!長崎トルコライス

Photo by 満畑ペチカ

3つ目にご紹介するのは、ナポリタンスパゲティを使う「トルコライス」アレンジ。トルコライス、皆さんはご存じですか?長崎県のご当地グルメで、ピラフとナポリタンスパゲティ、とんかつがひとつのお皿にのった、お子様ランチ顔負けの料理なんですよ。

とはいえ、家庭でピラフ・ナポリタン・とんかつをすべて用意するのは、なかなか手間がかかるもの。そんなときに冷凍食品を活用すれば、あっという間に長崎気分を味わえるんです。ここでは「マ・マー THE PASTA ソテースパゲティ ナポリタン」を使うアレンジをご紹介します。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ