2. ローソン「ドライフルーツとナッツのカッサータ」

Photo by 満畑ペチカ

あまり聞き慣れない「カッサータ」、実はイタリア・シチリア島の伝統的なスイーツなんです。凍らせて作るアイスケーキのようなもので、リコッタチーズを使ったクリームとドライフルーツ、ナッツが使われています。

これまでカッサータはあまり市販されておらず、食べたければ通販で購入しなければならないことがほとんどでした。ローソンから販売されて手軽に購入できるようになったので、カッサータ好きの方には朗報ですね。

Photo by 満畑ペチカ

カッサータの表面には、ドライクランベリーと砕いたくるみ、ピスタチオがたっぷりとのっています。クリームの中にもナッツがたっぷり入っており、さらに角切りのシロップ漬けりんご、オレンジピール、レモンピールもゴロゴロ入っていました。

Photo by 満畑ペチカ

冷凍庫から出してすぐにフォークを入れると、サクッと音が。クリームは口の中で滑らかに溶ける部分と、まだ凍っていてサクッとした歯触りの部分があり、コントラストを楽しめます。

中に入っているりんごのシャリシャリ食感と、香ばしいナッツの歯応えも良いバランスです。終わりにオレンジやレモンの香りが抜けていき、後味をさっぱりとさせてくれます。

また、底部分のスポンジが冷たさをほどよく和らげてくれるので、口の中が冷たくなりすぎません。

Photo by 満畑ペチカ

1個でとても満足度の高いスイーツでありながら、カロリーはたったの84kcal。「ケーキっぽいものを食べたいけれど、カロリーが気になる……」なんてときには、まさにうってつけですよ!
カッサータの詳しいレビュー記事はこちら▼

プチアレンジで“大人”なカッサータに変身!

ラム酒を垂らしてリッチな味わいに

Photo by 満畑ペチカ

本格的なカッサータのレシピには、ラム酒やリキュールが入ることがほとんど。しかし、ローソンの冷凍カッサータには、お酒が一切入っていません。

そこで、冷凍カッサータにラム酒を少しだけ垂らしてみました。すると、濃厚なラムの香りが加わった、大人なカッサータに早変わり!鼻に抜けるアルコールの風味が、本格的なカッサータを食べている気分にさせてくれます。

スポンジにラム酒が染み込んで、ジュワッとした食感になったところも、また違った味わいでおいしいですよ。

マーマレードで爽やかさと甘さをプラス!

Photo by 満畑ペチカ

カッサータには、オレンジやレモンなど柑橘系のフレーバーがよく合います。実際にローソンの冷凍カッサータも、オレンジピール・レモンピール入りです。

「でも、もっと柑橘を感じたい!」ということで、マーマレードをプラスしてみました。柑橘の爽やかさと甘み、ほろ苦さがプラスされて、より一層「スイーツを食べてるなぁ……」という満足感に包まれました。

市販のゼリー部分が多いマーマレードは、少し水で伸ばしてソース状にすると、カッサータとなじみますよ。マーマレードのほかに、ベリーやりんご系のジャムもおすすめです!

商品情報

■商品名:ドライフルーツとナッツのカッサータ
■内容量:2個

■価格:399円(税込)
■カロリー:1個(27g)あたり84kcal
■販売日:2021年4月27日(火)
■販売場所:全国のローソン各店

3. ローソン「ティラミス」

※画像はイメージです
アップルパイ、カッサータと同時発売された「冷凍ティラミス」。今回味わいをご紹介したかったのですが、なんと10店舗以上のローソンを回っても、在庫がひとつも見つかりませんでした……。恐るべし、冷凍スイーツの人気!

ローソン公式サイトによれば、冷凍ティラミスにはマスカルポーネチーズが使われており、コクと甘みが楽しめる味わいだそうです。さらに、本場イタリアのティラミスに使われる「マルサラワイン」も使われていて、本格的な風味を楽しめるのだとか。

スイーツコーナーのティラミスとはどんな違いがあるのか、気になりますね。見かけた方は本当にラッキーなので、ぜひ購入して本格的な味わいを楽しんでみてください!

カロリー控えめ、すぐ食べられる本格スイーツ

Photo by 満畑ペチカ

あれこれ準備する手間がなく、思い立ったらすぐ食べられるローソンの冷凍スイーツシリーズ。ちょっと食べたいときにうれしいサイズ感で、カロリーが控えめなので罪悪感もありません。

そのままでも十分においしさを楽しめますが、プチアレンジをすると、また違ったおいしさを発見できますよ。売り切れ店舗も続出中の人気商品。見かけたら、ぜひ一度試してみてくださいね。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ