ライター : 満畑ペチカ

調理師ライター

長崎県在住の調理師ライター。新商品やトレンドグルメ、ご当地グルメなど、なんでも一度は食べたい食いしん坊。思わずよだれが出るような実食レビューや食べ比べ、わかりやすい雑学記事…もっとみる

調理師がローソンのおすすめ冷凍食品10選をご紹介!

Photo by 満畑ペチカ

今や進化が止まらないコンビニの冷凍食品。この記事ではローソンオリジナル冷凍食品のなかから、一度は食べていただきたいおすすめ商品を調理師が紹介します。

いずれも「これがレンチンで食べられるの!?」と驚いてしまう商品ばかりです。読み終わるころには、思わずローソンに行きたくなるかも……?

ごはん・麺類

鶏五目ごはん

Photo by 満畑ペチカ

「鶏五目ごはん」138円(税込)
実は冷凍炊き込みごはんを購入できるコンビニは、大手3社のなかでローソンだけ。なんだか無性に炊き込みごはんが食べたくなったとき、ローソンは強い味方です。

ローソンの『鶏五目ごはん』は1袋180gで、ひとり分にちょうど良い食べ切りサイズ。電子レンジ加熱対応の袋なので、冷凍庫から出してそのまま袋ごと調理できます。

Photo by 満畑ペチカ

温めた五目ごはんからは、食べる前から出汁のいい香りがして、思わずよだれが出てきてしまうほど。

旨み要素は鶏・かつお・昆布・しいたけの4種類で、ひとくち頬張れば、ほどよい塩気と旨み、鶏肉のコクが口いっぱいに広がります。さやえんどうが入っているため、彩りもばっちりですよ。

商品情報

■商品名:鶏五目ごはん
■価格:138円(税込)
■内容量:180g
■原材料:うるち米、野菜(にんじん、ごぼう、さやえんどう)、鶏肉、こんにゃく、しょうゆなど
■カロリー:283kcal(1袋180gあたり)
■販売場所:全国のローソン各店舗
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。

胡麻が濃厚汁なし担々麺

Photo by 満畑ペチカ

「胡麻が濃厚汁なし担々麺」258円(税込)
SNSで「おいしい!」との声が多く、ファンが多いローソンの『汁なし坦々麺』。本格的な“シビ辛”味と電子レンジ加熱するだけの手軽さが人気を集め、リピーターも多い商品です。

Photo by 満畑ペチカ

麺はフェットチーネよりやや細めの平太麺。袋を開けた瞬間から漂う香ばしいごまの匂いは、問答無用で食欲をそそります。

温めた麺をすすると、口当たりはねっとり濃厚。ごまの風味が良く、麺全体にたれがしっかり絡んでいます。彩りに重要なチンゲン菜も、十分な量が入っていますよ。

Photo by 満畑ペチカ

そのまま食べるとあまり辛くないため、辛いものが好きな方は別添えの「特製花椒オイル」をかけましょう。筆者は半量をかけましたが、それでも舌と喉奥に特有のシビレを感じられますよ。辛さの好みによって、オイルの量を調節してみてくださいね。

商品情報

■商品名:胡麻が濃厚汁なし担々麺
■価格:258円(税込)
■内容量:353g
■原材料:めん、植物油脂、野菜(チンゲン菜、ねぎ)、しょうゆ、ねりごま、砂糖、鶏肉、ポークエキス、たけのこ水煮など
■カロリー:602kcal(1食353gあたり)
■販売場所:全国のローソン各店舗
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。

焼ビーフン

Photo by 満畑ペチカ

「焼ビーフン」205円(税込)
ローソンの『焼ビーフン』は、電子レンジ加熱だけで炒めたようなコクと香ばしさが楽しめる商品。口コミでも「リピートしたくなる」「安くておいしい」と評判の商品です。

実は、それもそのはず。なんと製造元はビーフンの大手メーカー・ケンミンなんですよ。

Photo by 満畑ペチカ

筆者がまず注目したのは、ストックのしやすさ。写真をご覧いただいてわかるように、商品全体がとても薄いんです!

厚みは2センチほど。真っ直ぐな板状なので、冷凍庫内で場所を取りません。ストックしやすいのはひとり暮らしやご家族問わず、うれしいポイントですよね。

Photo by 満畑ペチカ

「こんなに薄いと量が少ないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、温めたものを皿に出すと、びっくりするくらいボリューム満点。割と食べる量が多い筆者でも、お腹いっぱいになる量です。具材を足せば、ふたり分の軽いランチにも使えますよ。

ビーフンはコシがあり、アルデンテのような噛み応えのある食感。ビーフンのしょうゆ味とキャベツの甘みが絶妙なおいしさです。

このボリュームで、カロリーは300kcal以下。カップ麺と同じくらい手軽なのに、カップ麺よりも低カロリーなのはうれしいですよね。「ごはんを作る気力がない、でもカップ麺は罪悪感が……」というときも、ローソンの『焼ビーフン』なら罪悪感なく食べられそうです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ