オーツミルク100mlのカロリーと糖質量

※画像はイメージです
砂糖不使用タイプ
エネルギー量(カロリー)……40kcal
糖質量……5.6g(※1)

砂糖使用タイプ
エネルギー量(カロリー)……46kcal
糖質量……7.2g(※1)

※alproの商品データを参照

オーツミルク、豆乳、アーモンドミルクの栄養比較

オーツミルク、豆乳、アーモンドミルクの栄養価を100mlあたりで比べてみましょう。

カロリー

・オーツミルク……40kcal
・無調整豆乳……57kcal
・アーモンドミルク……20kcal

アーモンドミルクはカロリーが低く、オーツミルクや無調整豆乳の半分以下。無調整豆乳は、オーツミルクやアーモンドミルクよりも脂質を多く含んでいるため、カロリーが高くなります。(※1,9,10)

糖質量

・オーツミルク……5.6g
・無調整豆乳……1.7g
・アーモンドミルク……0.5g

糖質量では、オーツミルクがもっとも高い値に。オーツミルクは炭水化物主体のオーツ麦を原料としているため、豆乳やアーモンドミルクよりも糖質が高くなります。

一方、アーモンドミルクは食物繊維が多く、糖質がほとんど含まれていないため、糖質制限中の方にもおすすめです。(※1,5,9,10)

特徴的な栄養素

・オーツミルク……食物繊維・カルシウム・ビタミンB群
・無調整豆乳……たんぱく質・イソフラボン
・アーモンドミルク……食物繊維・ビタミンE

水と大豆だけで作る無調整豆乳には、大豆由来のたんぱく質や、女性ホルモンに似たはたらきをするイソフラボンなどが含まれています。また、アーモンドミルクには食物繊維とビタミンEが豊富。強い抗酸化作用をもつビタミンEは、体内における脂質の酸化を抑制し、老化対策に役立ちますよ。

それぞれ特徴が異なるため、摂りたい栄養素や得られる作用を考慮して選ぶとよいでしょう。(※1,9,10,11,12)

オーツミルクの栄養はダイエットに効果が期待できるのか

オーツミルクに含まれる食物繊維には整腸作用があるため、ダイエット中の便秘対策に役立ちます。ダイエット中に食事量が減ったり、栄養バランスが偏ったりすると食物繊維が不足しがちに。

オーツミルクには食物繊維が100mlあたり1.2gと豊富に含まれるため、摂取量を増やして便秘対策になりますよ。

また、オーツミルクに含まれるβ-グルカンという食物繊維には、食後の血糖値の上昇をおだやかにする作用が。そのため、血糖値を下げる際に糖を脂肪としてため込む、インスリンの過剰分泌を抑えられます。

さらに、オーツミルクに多いビタミンB2は脂質の代謝にかかわっています。スムーズな代謝のためにも、ダイエット中は意識して摂りたい栄養素です。(※1,2,6,13,14,15)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ