ライター : 相羽 舞

管理栄養士

大学卒業後、保育園にて勤務し離乳食と幼児食の献立作成や調理を経験。現在は4歳と2歳の兄弟を大騒ぎで子育て中です。専門的な内容でもわかりやすい記事を目指して執筆しています。

オーツミルクについて

オーツミルクは、オーツ麦(えん麦)を原料とした植物性ミルクです。オーツ麦は、オートミールやグラノーラなどとして食べられているので、身近に感じる方も多いのではないでしょうか。

オーツミルクは名前にミルクとつきますが、乳製品は不使用。そのため牛乳にアレルギーがあっても飲める代替ミルクとして、またヘルシーでサスティナブルな選択として人気が高まっています。

くせが少ないので、ラテに使用したり、料理やスイーツ作りに用いたりと、使いやすいことも特徴です。(※1)

オーツミルクの栄養と効果効能

※画像はイメージです

食物繊維

オーツミルクの原料であるオーツ麦は、食物繊維が豊富。オーツミルク100mlあたりには、1.2gの食物繊維が含まれています。

食物繊維には、便の量を増加させる、腸内の善玉菌の割合を増やすといったはたらきがあります。便秘や腸内環境が気になる方におすすめの栄養素です。

食物繊維は、現在多くの日本人が不足がちといわれている成分。オーツミルクを摂り入れることで食物繊維の摂取量を増やせますよ。(※1,2)

カルシウム

オーツミルクには、カルシウムが多く含まれています。100mlあたりに含まれる量は120mg。同量の牛乳に含まれるカルシウムは114mgで、微量ですが、牛乳よりもオーツミルクのほうが多く含まれているんですよ。

カルシウムはおもに骨や歯を構成しているほか、筋肉の収縮や細胞分裂などにかかわっています。吸収率があまり高くないうえ、一度に吸収できる量にも限りがあるため、毎日コツコツ摂りたい栄養素です。(※1,3,4,5)

ビタミンB群

オーツミルクには、栄養素の代謝にかかわるビタミンB群が豊富。特に、ビタミンB2が100mlあたり0.21mg、ビタミンB12が100mlあたり0.38μgと多く含まれています。

ビタミンB2には、脂質代謝をサポートする補酵素としてはたらいたり、皮膚や粘膜の正常な機能を保ったりする作用がありますよ。

また、ビタミンB12は、たんぱく質の合成やアミノ酸代謝、赤血球の生成などにかかわっています。ビタミンB群は水溶性で体内に蓄積しにくいため、こまめに摂取するようにしましょう。(※1,6,7)

ビタミンD

オーツミルクには、骨の健康維持に役立つビタミンDが含まれています。100mlあたりの含有量は、0.75μgです。

ビタミンDには、カルシウムの吸収を促す作用があります。オーツミルクにはビタミンDとカルシウムが含まれているので、効率よくカルシウムを摂れますよ。

また、ビタミンDには殺菌作用のあるペプチドを生成するはたらきがあり、免疫機能の向上が期待できます。(※1,8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ