ライター : 西田 真夕

栄養士

大学にて栄養士免許を取得後、医科学系大学院へ進学。栄養と健康がより身近に感じられるような発信をしていきます。

はっさくの栄養や効果効能

ビタミンC

はっさくには、100gあたり40mgのビタミンCが含まれています。

ビタミンCはコラーゲンをつくるのに必要な栄養素。血管や皮膚を健康に保つはたらきがあります。

また、ビタミンCは、熱に弱く水に溶けやすい成分。はっさくを食べるときには、洗いすぎないことがポイントです。(※1,2,3)

食物繊維

はっさくには、100gあたり1.5gの食物繊維が含まれています。

はっさくに特に多く含まれているのは、水に溶けない不溶性食物繊維。胃や腸の中で水分を吸収して膨らみ、腸を刺激するはたらきが期待できます。

また、水溶性食物繊維には粘性があり、糖質の吸収をゆるやかにします。食後に血糖値が急激に上がらないよう、対策ができますよ。(※1,4)

カリウム

はっさくには、100gあたり180mgのカリウムが含まれています。

カリウムは、血圧を下げたり、骨密度を増加させたりするはたらきがある栄養素。体内の水分を保持するのにも役立っています。

水溶性の成分なので、はっさくをそのまま食べて効率良く栄養を摂りましょう。(※1,5,6)

クエン酸

はっさくにはクエン酸が豊富に含まれています。

食べたときに感じる、酸味の成分がクエン酸です。クエン酸には、ミネラルの吸収を高める作用があります。

カルシウムや鉄を含む食品と、クエン酸を含む食材をいっしょに食べることで、カルシウムや鉄の吸収率アップが期待できますよ。ほかにも、クエン酸はナトリウムの吸収をサポートします。(※7)

ナリンギン

はっさくには、ナリンギンが多く含まれています。

柑橘類の主要な苦味成分のひとつがナリンギンです。ナリンギンには、血流を良くしたり、コレステロール値を抑えたりするはたらきがあるとされています。(※8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS