ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

今飲みたい!プロが推すクラフトビール

Photo by Otomoni

オトモニ専用の段ボールケースで届くクラフトビール
クラフトビール(Craft Beer)は、小さな醸造所で職人が丁寧に高品質なビール造りをしているという特徴から “手工芸品(Craft)” に例えられ、その名がつけられました。おいしさにハマり、クラフトビールをおうちで気軽に楽しむ人が増えているそうです。

本記事では、1,400ほどのクラフトビールを扱うサブスクサービス「Otomoni(オトモニ)」の代表、金澤俊昌さんに聞いたおすすめの銘柄・商品を5つご紹介します。

目利きのプロならではの視点で、味わいの特徴からおすすめのおつまみまで教えていただきました!

クラフトビールの需要が増加。その魅力とは?

年々クラフトビールの認知度や需要が高まっていると金澤さんは言います。商品をご紹介するまえに、最近のクラフトビール事情や魅力についてお聞きしました。

「オクトーバーフェスやビアフェスなどのイベントで徐々に知られ、その後『よなよなエール』をローソンが販売したことから、クラフトビールの認知度が上がったと思います。

あとは、おうち時間が増えたことやSNSの影響もありますね。クラフトビールの投稿によく使われる “ビアスタグラム” のハッシュタグ数は累計で30万ほど。2020年から2021年にかけて1.8倍も増えているんですよ」

季節問わず楽しめるのも魅力

「期間限定の商品もありますが、通年流通しているものも豊富。クラフトビールは季節問わずいろいろなフレーバーを楽しめるのが魅力でもあるんです。

フレーバーを楽しむといった意味ではワインに近い部分もありますね。喉越しを楽しむ今までのビールとは違う、新しいジャンルだと捉えたほうがしっくりくると思います」

では、今飲むならどんな銘柄・商品がおすすめなのでしょうか。ここからはおすすめのクラフトビールと、相性の良いおつまみについて金澤さんに教えていただきます!

1. 注目の人気ビール。オクタゴンブリューイング『ブレイクアウェイIPA』

Photo by Otomoni

「静岡県浜松市のブリューパブ OctagonBrewing(オクタゴンブリューイング)で作られた『ブレイクアウェイIPA』。2020年にオトモニでおこなったレビューランキングで1位に輝きました。

“何杯でも飲めるIPA” というのがコンセプトで、ホップ感と苦みがしっかりとありつつも、強すぎず、口当たりは非常にすっきりと飲みやすくなっています。定番で人気のホップを使用しており、複雑かつ奥深くてフルーティー。フルーツジュースを飲んだかのような余韻が楽しめます」

おすすめの飲み方・おつまみ

Photo by 山下シオン

「冷蔵庫から少し出しておき、12〜14℃くらいで飲むとホップの香りを存分に感じられます。

休日のおやつにハーブ系のソーセージと合わせて庭やベランダなど、外で飲んでみるのはいかがでしょうか。ソーセージの油をスッと流してくれるだけでなく、香り豊かなペアリングが楽しめますよ」

2. 春夏限定で販売。サンクトガーレン『湘南ゴールド』

Photo by Otomoni

※春夏限定
「メーカーのsanktgallen(サンクトガーレン)は、個性的なビールを仕掛ける神奈川県厚木市の地ビール蔵。さまざまなフレーバーのクラフトビールを取り扱っています。

『湘南ゴールド』はその名の通り、湘南ゴールドというオレンジを丸ごと使用。香水のような華やかな香りが特徴で入手困難のフルーツのため、春夏限定販売なんです。

炭酸のあとに、やわらかい柑橘の香りと麦の甘みが現れます。湘南ゴールドの果実感と、麦の芳醇な甘さの一体感が素晴らしいビールです」
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ