ライター : hiroko

フリーライター

食や子育てのフリーライターとして活動しています。趣味は食べることと写真を撮ること。実食のレビューや商品紹介などタメになる記事をお届けしていきます。

ストックしておきたい!業務スーパーの冷凍肉

Photo by hiroko

便利な冷凍肉は、おかずやお弁当のひと品がパッと作れるアイテムとして重宝したい商品です。なかでも業務スーパーの冷凍肉は種類が豊富。鶏肉や牛肉、豚肉と10種類以上の冷凍の肉が並んでおり、つい迷ってしまうほど。

この記事では、業務スーパーの冷凍肉のなかから、おすすめ商品を実際に調理してレビューしていきますよ。

1. ブラジル産鶏もも肉

Photo by hiroko

2kg / 699円(税込)
最初にご紹介するのが「ブラジル産鶏もも肉」。2kgというビックサイズです。一般のスーパーではあまり見ない大容量ですよね。そしてさらに驚きなのが2kgで699円(税込)という安さ。100gあたり約85円というコスパの良い商品です。

Photo by hiroko

袋の中には大きいもも肉がぎっしりと7枚も入っていました。1枚あたり200g以上ある大きさなので、いろいろな料理にアレンジできちゃいますね。

Photo by hiroko

解凍は袋のままが必須です。ただ、すべて解凍してしまうと、再凍結できないので早めに使い切らないといけません。

一度に全部使えないという方は半解凍の状態で、1枚ずつラップに包んで密閉袋で冷凍するのがおすすめです。使う分だけ解凍することができるので便利ですよ。

ボリュームたっぷりなおかず料理に

Photo by hiroko

せっかくの大きな鶏もも肉なので、そのまま焼いて鶏の照り焼きに。解凍したら鶏肉の形を広げて、料理酒につけて2時間ほど冷蔵庫に入れておきました。

肉汁がしっかりと出るジューシーな鶏肉なので、油なしで焼くこともできます。

Photo by hiroko

ブラジル産の鶏肉ということで、少し肉の臭みが心配だったのですが、臭みもなくしっとりとやわらかい照り焼きができあがりました!

そのあと、料理酒につけずにそのまま焼いてみましたが、臭みはありませんでした。ただ、料理酒につけたほうが肉がしっとりするので、時間がある場合は最初に料理酒につけておくことをおすすめします。

2. 牛赤身スジ肉

Photo by hiroko

1kg / 861円(税込)
続いてはご紹介するのが「牛赤身スジ肉」。一般のスーパーではあまり見かけない珍しい冷凍の商品です。オーストラリア産の牛スジ肉がゴロゴロと入って1kg861円(税込)。

チルドの牛スジ肉は、通常100gあたり150円前後で販売されていることが多いので、100gあたり約86円の冷凍牛牛スジ肉はとてもお買い得といえます♪

Photo by hiroko

肉は脂身が多いものや、赤身が多いものとさまざまですが、どれも大きくぶ厚いスジ肉です。

しっかり下処理でホロホロ食感に

Photo by hiroko

牛スジ肉は下処理が肝心ですよね。冷凍牛スジ肉も下処理の方法がパッケージに記載されているので、説明にしたがって煮込んでいきます。冷凍のままできるので簡単ですよ。

Photo by hiroko

臭みをとるために、長ネギの青い部分も一緒に煮込みます。あくが出るのでこまめに取りましょう。

水洗いする際にしっかり洗うと、脂身がポロッと取れてしまうため、やさしく洗い流すのがポイント。筆者はさらに煮込んで和風のカレーにアレンジしました。

Photo by hiroko

牛スジ肉たっぷりの和風カレーができあがりました!冷凍に関わらず、牛スジの料理は短時間で調理というわけにはいきませんが、冷凍庫にストックしておいて、使いたいときに調理できるので便利ですよね。

牛スジ肉は臭みもなく、ホロホロに仕上がりました。下処理が終わった段階では肉はまだ硬い状態でしたが、そのあとカレーにしてさらに煮込んだのでやわらかくなりました。しっかり煮込むことでどんどんやわらかくなるので、煮込み料理がおすすめです。

3. 肉だんご

Photo by hiroko

500g / 172円(税込)
続いては鶏肉の「肉だんご」です。500g入って172円(税込)というコスパ抜群なうえに、国産鶏使用の商品です。賞味期限は約1年と保存がきくので、ちょっと使いたいときなどに便利ですよね♪

Photo by hiroko

ボリューミーなサイズ感で食べ応えがありそう。数えてみると36個も入っていたので、たっぷりといろいろな料理にアレンジができます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ