ローディング中

Loading...

生で食べられる野菜はたくさんあります。水菜もその一つです。サラダなどに加えればシャキシャキとした食感が楽しめますよね。今回は、水菜を生でおいしく食べる方法、おすすめレシピ、下ごしらえのコツを詳しくご紹介します。

水菜は生で食べたい!

そもそも水菜はどんなお野菜なのでしょうか?まず最初に、水菜の特徴についてお話しましょう。水菜が生で食べられること、生で食べればおいしいことがおわかりになるはずです。

そもそも水菜ってどんな野菜?

水菜を生で食べたことがありますか?シャキシャキとした食感を持つ水菜。この食感が大好きという方もいるでしょう。水菜は加熱をせず、生の状態で食べられます

水菜はどのように食べるのがよい方法なのでしょうか?水菜はもともと京野菜と言われている野菜です。寒さにも強く、年間を通じてスーパーでは購入することができますね。

冬場は野菜が不足してしまいがち、そういった状況下でも水菜の収穫ができます。ヒイラギのように尖った葉の形をしているのも水菜の特徴。水菜は様々な食べ方ができるため、重宝する食材ですね。

サラダにもぴったり

水菜はシャキシャキの食感を楽しむため、サラダとして食べるのがピッタリです。その他には水菜を鍋の具材にすることや漬物にすることもありますね。京都が原産といわれる水菜は、京都や大阪のハリハリ鍋には欠かすことのできない食材ですよ。加熱しても比較的食感が残り、鍋以外には炒め物に使用されることもありますね。

生の水菜の食べ方

生の水菜をおいしく食べるには、どのような方法があるのでしょうか?

水菜の下ごしらえ

水菜を生で食べる際には、必ずよく洗いましょう。水菜の葉の間には土などがついていることが多いです。茎が細く葉がたくさんあるので、洗いにくいですが頑張りましょう。しっかり洗うことで安心して生でも食べられますよ。

しっかりと洗った後は根元から、数センチ程度をカットしましょう。ここまでが水菜の下ごしらえになります。水菜を洗う際にはボールなどを使う方法がおすすめ。ここに水菜を入れて流水でジャブジャブ洗うのがいいでしょう。

他の野菜と合わせたり、トッピングに使ってもOK

下ごしらえをした水菜は、お好きな方法で食べることができますよ。生の状態でサラダにするのなら、ドレッシングをかけてそのまま。

その他にもサラダに使う食材と合わせてもいいでしょう。さらに加熱して食べる際には、鍋物や炒め物などさまざまな料理に用いることができます。パスタの仕上げに水菜をたっぷりと加える方法もありますよ。

苦味が気になる場合

水菜は生で食べる際に、苦味が気になることもあります。苦みの気になるときには軽く熱湯にくぐらせましょう。10秒から15秒程度熱湯にくぐらせると苦味が和らぎますよ。その後ザルなどに上げて、ある程度水分を切ってから調理に使用するといいでしょう。一度熱湯にくぐらせた水菜を冷やし、サラダで食べることもできます

おすすめ!水菜を生で食べるレシピ

水菜を生の状態でおいしく食べるレシピをご紹介しましょう。

1. 水菜の桜エビペペロン

このままサラダとしても食べられますがパスタにもよく合います。生春巻きの具材にしてもいいでしょう。

水菜はあらかじめ下処理を行っておきましょう。オリーブオイルをフライパンで熱し、唐辛子ニンニクを炒めます。香りが出たところに干しエビを入れてさらに炒めます。干し海老の香りが出てきたら塩と水菜を加え、全体をしっかりと混ぜましょう。お皿に盛り付けたら、オリーブオイルやお好みのスパイスをトッピングして召し上がれ!

2. 水菜とクルミのサラダ

お好みでくるみの他、アーモンドやピーナツを加えてもいいですね。ラディッシュを使うことで、彩りもよくなり見た目が美しいサラダになりますね。ドレッシングはお好みで、オリジナルのものでも構いません。

水菜は食べやすい長さにカットしたら、水に入れてシャキッとさせます。ザルにあげて水分を切っておきます。細かくカットしたベーコンをフライパンで炒め、荒く刻んだクルミを加えましょう。ドレッシングの材料となる調味料をボウルに入れてよく混ぜます。混ぜたところに水菜やその他具材を加えて、全体を混ぜましょう。

3. 水菜と油揚げの香味醤油サラダ

油揚げもシラスもカリッとした食感になるので、食べ応えのあるサラダですよ。味付けに使用するコチュジャンはお好みで使用しなくても構いません。

細長くカットした油揚げとシラスは、カリッとするまでフライパンで炒めましょう。味付けに使用する調味料はすべて混ぜ合わせ油揚げ、しらすと水菜を入れて全体を混ぜ合わせたら完成です。

4. 水菜とリンゴの白和え

ヘルシーなメニューですがりんごと水菜の食感が良く、たくさん食べられますよ。

豆腐は水切りをするために、キッチンペーパーに包んで重石をのせておきましょう。水菜は下処理をした後、熱湯で軽く茹でます。その後水気を絞り、食べやすい長さにカット。りんごは皮を剥いていちょう切りにしましょう。豆腐の他に醤油、砂糖、塩を加え、白和えのものを作ります。味を整えたら水菜とリンゴを加え、混ぜ合わせたら完成です。

5. イカと水菜のユッケサラダ

お好みで韓国のりやナッツ類などをトッピングしてもおいしいですよ。うどんやそうめんなど、麺類との相性も抜群のサラダです。

味付けに使う調味料をボールに入れて、混ぜ合わせます。めんつゆを使うので、とても簡単に味付けをすることができますよ。調味料が混ざったところにいかソーメンを加えて、再び混ぜましょう。食べやすい長さにカットした水菜を皿に盛り付け、味付けしたいかソーメンをのせて完成です。中央には卵黄を落とし、白ゴマや刻み海苔をトッピングしましょう。

新鮮な水菜の見分け方

新鮮な水菜にはどのような特徴があるのでしょうか?

・葉先までピンとしているもの
・茎の白、葉の緑のコントラストがはっきりとしているもの
・根元の株がしっかりと育ち重みのあるもの
・できるだけ傷の少ないもの


上記のような水菜が新鮮で良い状態のものです。スーパーやデパートなどで購入する際にはチェックしてみましょう。

シャキシャキを維持する保存

水菜はシャキシャキとした食感が特徴的な野菜です。このシャキシャキを維持するためには、どのような保存方法がいいのでしょうか?水菜は乾燥することでしなびてしまいます。そのため乾燥を防いで保存しましょう。

カットした水菜を、濡らしたキッチンペーパーに包みフリーザーバックに入れて保存することができますよ。立てて保存するのであれば、カットしていない水菜をペットボトルに立てて冷蔵庫に入れる方法もあります。加熱することを目的にするのなら、カットした水菜を冷凍しましょう。

ちなみに水菜を購入する際、ビニール袋に入っている機会が多いもの。ビニールのまま冷蔵庫に入れてしまうと傷みやすくなります。必ずビニール袋から出し、上記のような方法で保存しましょう。多少しなびてしまっても食べられますが、変色しているときには注意。水菜は茎の部分から傷みはじめるので、茎に変色が見られたら食べないようにしましょう

生の水菜はシャキシャキ食感を活かそう!

水菜を食べる際には、シャキシャキの食感を楽しみたいですね。生で食べる方法にもさまざまな味付けがあります。加熱して冷しゃぶの肉で巻く方法もおすすめ。自分好みの食べ方を考えるのも楽しいですね。
▼水菜のおいしいレシピ、こんなにあります!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スープ レシピ まとめ

玉ねぎのスープといえば、定番なのはじっくり時間をかけて作るオニオンスープですよね。でも忙しい中で手間のかかるスープを作るのは大変です。今回は、手軽に作れる玉ねぎスープレシピをご紹介します。玉ねぎを丸ごと使った…

レモン レモネード レシピ

海外で人気のグリルドレモネード、ご存知ですか?BBQやホームパーティーなどで作られるドリンクで、レモンと砂糖さえあれば簡単に作れます。そんなグリルドレモネードをお家でも作ってみることに♩詳しい作り方やアレンジ…

マスタードと辛子、どちらも辛い黄色い調味料ですが、みなさんはこの2つの違いをご存じですか?おでんには辛子、ホットドックにはマスタードが定番ですが、おでんにマスタードではダメなのか?今回は2つの違いや代用ができ…

くさやは臭い、みなさんも聞いたことがあるはずです。臭い臭いと言われながら食べられ続けているくさや、本当に臭いんでしょうか?実はたいして臭くないのかも……くさやの気になる臭いとそのレベル、なぜ臭いのか?など、く…

ほうれん草 パスタ レシピ まとめ

柔らかく甘味のあるほうれん草。パスタのレシピにもよく使われますよね。おいしく人気のほうれん草のパスタレシピですが、どんなレシピがお好みですか?和風、クリーム系、どんなソースとも相性の良いほうれん草、おいしいパ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

フルーツ グラタン まとめ

フルーツ大好きだけど冷えが気になる…そんなあなたにおすすめのフルーツグラタンレシピをご紹介します。甘酸っぱくて幸せな香りに包まれる至極のひと時♪めんどくさがりな人にも簡単に作れるレシピから、本格的なレシピまで…

レシピ まとめ

どこのご家庭にもある「ホットプレート」が近ごろ大活躍中なんです。ホットプレートと手軽な食材で時短でできちゃうレシピをご紹介します。どのレシピも簡単なのに見た目がとっても豪華なのでおもてなしやホームパーティーに…

スイーツ レシピ ホットケーキミックス シフォンケーキ まとめ

春もいよいよ本番。あたたかい時間に紅茶を使ったスイーツなんていかがでしょう?さくっと作って極楽ティータイム♪お休みの日に楽しんでいただきたい、そんな紅茶スイーツレシピを集めてみました。

納豆 まとめ レシピ

納豆×甜麺醤(テンメンジャン)がおいしいということで人気なんだそう。Snap Dishで評判、おすすめレシピをご紹介します。もちろん体にいいヘルシーメニューであること間違いなしです!その上おいしいんですから言…

スイーツ レシピ まとめ お弁当

お弁当にやっぱり入ってると嬉しいデザートですが、あまり汁気のあるものじゃマズいし、ちょっと悩めるところですよね^^;そこで今回はお弁当におすすめのデザートの作り方についてご紹介したいと思います。お弁当作りに参…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おしゃれ フルーツ レシピ まとめ

海外ではBBQなどで定番!果物を焼いて楽しむ「ベイクドフルーツ」にあなたも挑戦してみませんか?桃やりんご、キウイやいちじくなど、どんなフルーツでもおいしく食べられますよ。海外のレシピアイデアをあつめてきました…

レシピ ポトフ

季節に合わせたハーブとスパイスの使い方を提案する連載第2回。古代エジプトやギリシャの時代から暮らしに深く根付いてきた「タイム」は、一年を通して大活躍してくれるハーブです。今回は春の恵みを感じられるレシピ2点を…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る