ローディング中

Loading...

パン粉の上手な使い方が分からない、パン粉が余ってしまって使い道に困っている…こんな声をよく耳にします。しかしパン粉は、焼き料理にとどまらず、おかずやスイーツなど使い道はたくさんあるのです。今回は、パン粉を利用した人気レシピをご紹介します! 

余ったパン粉は簡単レシピで消費しよう!

パン粉は一度に使う量ではなく、ある程度まとまった量で購入します。そのため、一人暮らし・料理にパン粉を多用しない家庭では、余ってしまうことも多いはずです。

しかし、意外にも簡単に料理に取り入れることができるのです。この記事では、パン粉のさまざまな料理への活用法をたっぷりご紹介いたします。今までパン粉を使った料理をしなかった方にも、お試しいただきたいものばかりです!

簡単消費!人気のパン粉焼きレシピ4選

1. サーモンの香草パン粉焼き

塩胡椒したサーモンに、香草や粉チーズを混ぜ合わせたパン粉をまぶし、オリーブオイルをかけてオーブンで焼きます。マヨネーズとケチャップのソースとからめて召し上がってください。

2. イワシのパン粉焼き

生姜やにんにく、青海苔、パン粉を混ぜ合わせた衣に、開いたイワシを入れて全体にまぶします。予熱しておいたオーブンで10分程度焼いたら完成です。

3. 鶏肉のあらびきパン粉焼き

皮を取り除いた鶏肉をひと口大に切ったら、両面にあらびきガーリックや塩コショウをまぶして少し置きます。パン粉と粉チーズをつけてオーブンで焼きましょう。

4. トマトカップのパン粉焼き

トマトは含まれているリコピンの作用が、美容にもよいと有名ですよね。見た目がかわいいので、ちょっとしたパーティーに出すひと品にもピッタリではないでしょうか。

トマトのヘタから2cmをカットして、スプーンで軽く中を押さえて水分を減らします。パン粉・小さくカットしたアンチョビ・オリーブオイル・ドライパセリを合わせ、トマトの上にのせます。トースターに入れて、薄く焼き色がつくまで焼いたらできあがりです。トマトはあまり熟していないもののほうが、作業がしやすいでしょう。

定番!コロッケや揚げ物のパン粉レシピ3選

1. 油不要!れんこんのはさみ揚げ

揚げ物を自宅でやるのは、揚げ油の処理も考えて面倒に感じる方も多いでしょう。そんなあなたにおすすめな、油を使わない「れんこんはさみ揚げ」はいかがでしょうか。

にんじん・玉ねぎ・レンコンはみじん切りにして、レンジで1分ほど加熱し火を通して冷まします。さらに鶏胸肉・卵・塩こしょうを加えてあんの完成!輪切りにしたレンコンであんを挟みます。挟んだレンコンに、小麦粉→卵→炒ったパン粉の順に衣をつけ、電子レンジのグリルで30分程度が目安です。加熱時間は、お好みで調節してみてくださいね。

2. 油で揚げないオーブンコロッケ

コロッケを作るのに油を使わないだけでなく、1回で3種類の味が楽しめるおもしろコロッケです。作った本人しか配置が分からないため、たべてビックリなひと品となるでしょう。

じゃがいもを茹でて潰したら3等分にします。
①明太子・マヨネーズ・チーズを加えて、温かいうちに混ぜます。
②コーン・コンソメ・牛乳・塩こしょうを加えて混ぜます。
③挽肉と玉ねぎを軽く炒めます。挽肉に火が通ったら、じゃがいもと牛乳を加えて混ぜます。

①②③を耐熱皿に自由に詰めて、乾煎りしたパン粉をのせます。200℃に余熱したオーブンで10分から15分焼いたらできあがりです。

3. 相性抜群!さつま芋の塩レモンコロッケ

さつまいもだけだと少々甘く感じますが、塩レモンと一緒に調理することで、さっぱりとした抜群の味のコンビネーションが楽しめます。フライパンひとつで作れるため、たくさんの調理器具を必要としない点でも魅力的ですね。

フライパンにざく切りしたさつまいもを入れ、半分まで水を入れ蓋をして火を通します。さつまいもが柔らかくなったら塩レモンを加え、隅にしめじとベーコンも入れて数分加熱します。さつまいもだけマッシャーで潰し、豆乳を加えてまとめます。

大体8等分くらいに分けて、小麦粉→卵→パン粉の順につけて、揚げ油できつね色になるまで揚げたらできあがりです!

こちらもおすすめ!パン粉の活用レシピ6選

1. 電子レンジでミートローフ

パーティーなどにも使える、ちょっぴりおしゃれなミートローフ!じつはオーブンがなくても電子レンジを使って、ハンバーグを作る感覚で作れてしまいます。

挽肉・みじん切りにした玉ねぎとベーコン・パン粉・卵・塩こしょうをよく混ぜます。筒状にまとめて、少し大きめに切ったサランラップで包みます。その後、レンジ加熱して完成。加熱時にでてきた肉汁を使って、ケチャップ・ソース・砂糖・醤油をフライパンで煮ると、コクのあるおいしいソースに仕上がりますよ。

2. 豆腐でヘルシー!パン粉でお好み焼き

パン粉と豆腐をメインにして、とってもヘルシーなお好み焼きができるんです。ご飯を炊き忘れてしまった時も、ササッと簡単に作れるのが嬉しいですね。

パン粉・溶き卵・本だし・小麦粉・マヨネーズ・豆腐を合わせてよく混ぜます。フライパンでまずは豚肉を焼き、上から作った生地をのせます。焼き色がついたら、ひっくり返して反対側も同様に焼いてできあがりです。お好みソース・マヨネーズ・かつおぶし・青のりなど、お好みに合わせて味付けして食べましょう!

3. スキレットでジャンボハンバーグ

スキレットを使って、ボリュームたっぷりのハンバーグもできます!育ち盛りのお子さまが居る家庭では大喜び!それでいて、簡単な手順で作れるのが魅力です。半分に切るととろっとろなチーズが出てくるので、チーズ好きにもたまらないひと品ですね。

通常のハンバーグ同様、合挽肉・玉ねぎ・パン粉・牛乳・卵・塩こしょう・ナツメグを加え、よくこねます。スキレットなどの耐熱皿に油を塗り、カマンベールを中に挟んだ大きなハンバーグを置きます。200℃のオーブンで40分を目安に加熱します。ハンバーグから出た肉汁・ケチャップ・ウスターソース・醤油を混ぜて、特製ソースが完成です!お好みの量だけ、ハンバーグにかけて食べましょう。

4. お弁当に♩豚バラロールin若芽のパン粉揚げ

栄養価の高い若芽と、しゃりしゃりとした独特の食感を楽しめる山芋の組み合わせ!豚肉で巻けば、お弁当のおかずとしても大満足なひと品になります。パン粉がたくさんある時には、具材を変えた揚げ物を何種類か作ってみるのも楽しいですね。

豚肉を広げて、茹でた若芽・山芋を巻きます。小麦粉→卵→パン粉の順に付けて、170℃の油でこんがり揚げればできあがりです!ひと口サイズにカットした時の切れ目が層になるので、見た目もとてもかわいらしいおかずだと言えるでしょう。

5. オイルサーディンとアスパラのオーブン焼き

オイルサーディンとは、イワシの油漬けでそのままおつまみとしてたべることも多いでしょう。保存食として缶詰で売られていますね。そんなオイルサーディンとパン粉がコラボした、アレンジレシピもおつまみにおすすめです。

アスパラは固めに下茹でして、耐熱皿にオイルサーディンと交互になるよう並べます。その上にマヨネーズ→チーズ→パン粉の順にのせます。オイルサーディンのオイルは捨てないで、パン粉の上からかけてあげるとおいしいですよ!加熱時間の目安は、250℃に余熱したオーブンで15分から20分でできあがりです。

6. パン粉でサクサクに!ピーマンの肉詰め

ピーマンの肉詰めってしっとりなイメージがありますが、パン粉を加えることでサクサク!フライのような食感が楽しめます。

ピーマンを半分に切って、種を取り除きます。ボウルに挽肉・炒めた玉ねぎと人参・パン粉・卵・牛乳・塩こしょうを入れてこねます。ピーマンの中に挽肉を詰めて、挽肉側に追加でパン粉をふりかけます。フライパンで最初は挽肉側を下にした焼き、焼き色がついたらひっくり返し、さらにフタをして焼いたらできあがりです!

調理後の肉汁が出たフライパンに、ソースの材料を全て入れてソースを作りましょう。

パン粉で肉まんも作れます!

ケーキやお菓子もパン粉で作れる!驚きレシピ5選

1. 甘さ控えめ、さつまいもケーキ

さつまいもにヨーグルトや生クリームを加えて、甘さ控えめまろやかなケーキです。香ばしい黒ごまを入れたボトムと二層になっているのも、見ていてとてもおしゃれです。お祝いごとに使いたいけど、甘いものが苦手という方にはぴったりのケーキです。

型にバターを塗ってクッキングシートを敷いたあと、パン粉・黒ごま塩・バター・牛乳を混ぜたボトムを敷き詰め、冷蔵庫に入れておきます。さつまいもは水に晒してあく抜き、電子レンジ加熱して、竹串が通るくらいになったらマッシャ―で潰します。ヨーグルト・生クリーム・牛乳・はちみつ・バニラエッセンスを入れ、滑らかにします。

卵・砂糖を別ボウルに入れてもったりするまで混ぜ、さつまいものボウルに入れます。さらに、薄力粉を入れてゴムベラでさっくり混ぜます。型に流しいれオーブンで焼いたらできあがりです!冷やして食べると、よりしっとりしておいしいですよ。

2. 焼きたてはサクサク!アップル・コンチン

中はしっとり、焼き上がりはサクサクのケーキです。りんごを丸々1個使います。ケーキ型がなくても、耐熱皿であれば色々な形に対応できます。シナモン・くるみとの相性も抜群!子供でも食べやすい甘い味わいなのが嬉しいですね。

りんごはカットして、グラニュー糖とシナモンパウダーをまぶします。ボウルでバターをクリーム状になるまで練り、砂糖を加えて更に混ぜます。溶き卵は少しずつ入れて、バニラエッセンスも少々加えます。ふるった粉類を入れて、ゴムベラで切るように混ぜます。

溶かしバターに砂糖・パン粉を加えて、から炒りしておきます。型に生地を流しいれ、りんごを並べて敷き詰めます。パン粉を入れたトッピング・くるみを並べて、160℃のオーブンで40分弱焼きあげましょう。

3. 炊飯器で調理!パン粉を使ったバナナケーキ

オイルをホエイで代用してノンオイル!炊飯器で作るケーキレシピです。ヨーグルトから出る水分、ホエイ(乳清)にはアミノ酸バランスのよいたんぱく質が含まれていて、低脂質なので、ダイエット中の方にもおすすめです。

ボウルに卵・砂糖を加えてしっかり混ぜ、さらにヨーグルトを加えて混ぜます。ビニール袋にパン粉・豆乳・ココナッツオイルを入れて、よく揉んで平らにします。これにバナナを加えて潰し、ボウルに加えます。最後にホエイを加え、ホットケーキミックスを入れて切るように軽く混ぜます。

炊飯器にはココナッツオイルで伸ばしたパン粉を敷き、作った生地を流し入れます。2回炊飯したらできあがり!バナナの甘さによって、砂糖を加減してあげてくださいね。

4. 卵不使用!パン粉を使ったサクサククッキー

パン粉がかなり余っている時も、大量消費できるので安心なレシピです。パン粉の食感でサクサクとするので、そんな食感が好きな方は是非試してみてくださいね。

①ボウル1にパン粉と牛乳を加えて混ぜます。
②ボウル2に薄力粉・砂糖・レンジで溶かしたマーガリンを入れて混ぜます。

②に①を加えて混ぜ、記事を丸めて好きな大きさ・形に成形します。170℃のオーブンで25分弱焼いたらできあがりです。プレーン以外にも、チョコ・抹茶などアレンジが可能なレシピですよ。

5. パン粉でフレンチトースト風パンケーキ

細かくしてしまったパン粉を、再びパンのように成形してスイーツとして食べましょう!メイプルシロップ・はちみつなどをかけると、より一層おいしく食べることができます。そのほか、生クリームやフルーツをのせてもいいかも…。

ボウルにパン粉・卵・牛乳・砂糖を入れて混ぜ合わせます。パン粉が柔らかくなるまで3分程度置いて、ホットケーキのように焼いていきます。焼き時間の目安は、フタをして5分から6分、裏返してさらに2分から3分です。

パン粉が余った時の保存方法は?

パン粉は、乾燥パン粉・生パン粉共に劣化が早い食材だと言われています。特に生パン粉は水分を含んでいるため、あっという間にカビが生えてしまうこともあるそうです。よい保存方法としては、ジップロックなどで密封して冷凍保存をすることでしょう。

基本的にはパン粉は、袋を開けたら使いきりが理想です。保存する場合でも、なるべく早く使い切るのを念頭に置いて管理しましょう!

パン粉を余さずおいしく消費

パン粉を使ったレシピには、一般的によく聞く焼きレシピ以外にも、お好み焼き・スイーツなどさまざまな利用方法があることが分かりましたね。

パンを粉末にしたものですから、そんなに長期間保存できないという事実も頷けるでしょう。これらのレシピをフル活用して、余ってしまった際は早めに使い切るといいですね。料理のレパートリーも、新たに広がるのではないでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

定番人気のおかず筑前煮。ご家庭それぞれに具材や味付けがありますよね。今回は筑前煮の基本レシピからアレンジレシピまでを総まとめ!ひと工夫でおいしくなるコツ、忙しい方必見の時短レシピなども実践編を交えてご紹介しま…

うなぎ まとめ レシピ

食欲を奪う夏の救世主といえば、そう「うなぎ」です。でも高くて手が出ない……なんてお悩みの方は身近食材を使って、うなぎを代用しちゃいましょう♩今回は、なんちゃってうなぎのレシピをご紹介します。作り方もとっても簡…

じゃがいも バター まとめ

電子レンジやオーブンを使って簡単に作れるベイクドポテト。皮は「パリッ」中は「ホクホク」で、おいしい食感が楽しめますよね。今回は、ベイクドポテトの基本の作り方からアレンジレシピまで紹介します。軽食やおかずにぜひ…

レシピ ハンバーグ まとめ

とってもおいしい煮込みハンバーグ。自宅で作るとき、どんな献立にすればいいか、迷うことはありませんか?もうひと品つけたしたい、栄養バランスが気になる……そんな方に、煮込みハンバーグに合うスープや副菜をレシピ付き…

宇都宮 ランチ カフェ まとめ

栃木県の中心地・宇都宮には、おいしいランチが食べられるお店がたくさんあります。ここでは数多くのお店の中から宇都宮でおすすめの人気ランチ店をご紹介!おしゃれなカフェランチから個室でゆっくりくつろげるランチまで、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

食パン トースト まとめ

忙しい朝、マンネリになりがちな食パンもこんなふうにすればおいしく変身!驚くほど手軽に作れるレシピをご紹します。定番のものから、意外なものまで、食パンはなんでも合うんです。お気に入りのアレンジトーストが見つかれ…

花見 お弁当 まとめ レシピ

春はお花見の季節ですが、欠かせないのが食事です。みんなでお花見をするときお弁当や料理を持ち寄るという人も多いんじゃないでしょうか?そこで、お花見のときフタを開けた途端テンションが上がるようなかわいいお弁当アイ…

レシピ スイーツ まとめ アレンジレシピ

ココットを使用したレシピのご紹介です。アイデア次第で、多彩な料理に使えるココット。朝食からしっかり系のごはん、そしてスイーツまでも作れます。ご家庭にココットがある方はぜひ参考にしてみてください。

おにぎり レシピ まとめ

桜が咲き始めると、お花見に出かけたい季節になりますよね。今回は、アイデアいっぱいのおにぎりレシピをご紹介します。きっと「カワイイ!」「きれいだね」と喜んでもらえること間違いなし!ちょっとした工夫で、お花見仕様…

おにぎり レシピ まとめ

天かすはうどんや蕎麦への人気のトッピングとしてだけではなく、簡単アレンジレシピにも使えるんです。味に強い特徴がないため、いろいろな素材と相性がよく、たくさんの料理に使うことができますよ。ご自宅にある方は試して…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

さつまいも グラタン レシピ

トースターで焼いただけでもおいしいさつまいも。今回は、ちょっと豪華にグラタンにアレンジ♩ベーコンやチーズの塩気を加えてお食事にもおすすめのさつまいもメニューにしてみました。皮を器に活かしたボートグラタンは見た…

スープ レシピ

忙しい朝はどうしても食事を抜きがちな人も多いのでは?炊飯器で作る「玉ねぎスープ」なら、とろとろホカホカのスープが待たずに食べられます♩体温を上げることでスッキリ目覚め、頭の働きもスムーズに。パンを浸して食べて…

RUI@

栄養バランスを考えた、簡単に作れる料理を毎日考えています。 少しで...

http://ameblo.jp/toroirui/

ページTOPに戻る