ローディング中

Loading...

濃厚な甘みのホワイトチョコレート。なぜホワイトチョコレートは白色なのでしょうか。原料のせい?何か別の理由?一般的なチョコレートと何が違うのでしょうか。今回は、そんなホワイトチョコレートについてまとめてみました。

濃厚!クリーミーなホワイトチョコレート

ティータイムやリラックスタイムはもちろん、集中力を高めたい時などに欠かせないチョコレート。特に、バレンタインの季節にはテレビや雑誌などでも様々なチョコレートを目にする機会が増え、余計に食べたくなってしまいますよね。
なかでも、濃厚な甘みとクリーミーな質感が人気のホワイトチョコレートは好きな女性も多いのでは?通常のチョコレートと一緒に製菓コーナーには必ずと言っていいほど置かれていますよね?チョコレートを手作りする際は、ホワイトチョコレートを混ぜることによって味がまろやかになったり、見た目も黒と白のコントラストで華やかになったりと、チョコレートに負けず使われる機会も多いでしょう。
そんなホワイトチョコレートですが、なぜ白いのか疑問に思ったことはありませんか。同じくあの茶色いカカオから作られているはずなのに、普通のチョコレートとは何が違うのでしょうか。今回は、そんなホワイトチョコレートの実態のお話です。

ホワイトチョコレートが白い理由

ホワイトチョコレートの原料

ホワイトチョコレートは、「ココアバター」「砂糖」「ミルク」を元に作られています。この材料は普通のチョコレートと同じなのです。それなのになぜ、ホワイトチョコレートはあれほどきれいな白色をしているのでしょうか。

カカオの色ではない理由とは

ホワイトチョコレートが普通のチョコレートとは異なり真っ白な理由は、カカオの使用方法にあります。ホワイトチョコレートは、製造工程においてココアバターからチョコレートの特徴とも言える苦み成分である「カカオマス」を除去しています。カカオマスとは、チョコレートの原料となるカカオ豆を、発酵→乾燥→焙煎→砕く→冷やす→固めるという一連の工程の中できたもののことをいいます。
一般的なチョコレートの場合はこのカカオマスに砂糖やミルクを加えて作るため、甘さの中にも程よい苦みが感じられますよね。ですが、ホワイトチョコレートの場合、カカオ豆を焙煎した後、砕く前の工程で外皮を取り除き、カカオマスとカカオの脂肪分であるココアバターとに分けます。
なので苦みの元となるカカオマスは使用せず、ココアバターに残りの材料を加えることによって作られるのです。つまり、ホワイトチョコレートとは、特有の材料から作られているわけではなく、チョコレートを作る製造途中でホワイトチョコレートに限った作り方によってできたものだったのです。白い理由は、苦みやチョコレートの色のもととなるカカオマスが入っていないことが理由というわけです。

カカオマスが入っていないのにチョコレート?

チョコレートの色と苦みのもととなっているカカオマス。ホワイトチョコレートには、このカカオマスが含まれていないとのことですが、果たしてそれでもチョコレートと呼べるのでしょうか。
日本のチョコレートは、公正取引委員会の認定を受けた「チョコレート類の表示に関する公正競争規約」によって規格が定められています。それによると、カカオ成分が35%以上含まれているものとされています。カカオ成分とは、カカオマスとココアバターによって構成されているもののことで、これらの合計が35%を超えていれば、その配分にかかわらずチョコレートになります。
つまり、ホワイトチョコレートの場合はカカオマスが0%なので、ココアバターが35%以上含まれていえばチョコレートと呼べるんですよ。

国によって異なるココアバターの量

カカオマスが含まれておらず、ココアバターと砂糖、ミルクによって作られるホワイトチョコレート。チョコレートと言えるかどうかは、ココアバターの分量が決め手となっていることが分かりましたね。ですが、このココアバター、国が異なると法律で定められている規格も異なります。
日本のホワイトチョコレートの場合、カカオ分21%のうちココアバターが18%以上を占めているものがホワイトチョコレートと定められていますが、アメリカやヨーロッパの場合は、このココアバターが20%以上であることが条件です。ちなみに、その他の成分についての違いはありません。

一般的なチョコレートとホワイトチョコレートの違い

一般的なチョコレートとホワイトチョコレートについて、成分や原料面においてご説明してきました。では、私たちの日常の生活において身近な要素となる味やカロリーの違いについてはどうでしょう?

ホワイトチョコレートはチョコレートの苦みのもとであるカカオマスを抜いた材料で作られているということを先ほどご紹介しました。板チョコやトリュフ、ケーキなど、チョコレートを使用したスイーツを思い出しても、普通のチョコレートよりホワイトチョコレートの方がいくらか甘く感じられませんか。
苦み成分であるカカオマスを取り除いているわけですから、ホワイトチョコレートの方が甘く感じられるのは当然なのです。集中力を高めたい時はチョコレートの苦めのもの、ゆったりとリラックスしたい時はホワイトチョコレートと、状況に応じて選んで食べるのも良いですね。

ポリフェノールの量

健康や美容によいとされているポリフェノール。最近ではチョコレートにもポリフェノールが多く含まれているとして注目されています。ホワイトチョコレートにもポリフェノールは含まれているのでしょうか?
残念ながら、ホワイトチョコレートにはポリフェノールは含まれていません。ポリフェノールの決め手となるカカオマスがホワイトチョコレートには含まれていませんから、もしポリフェノールの効果を期待したいのであれば普通のチョコレートがよいでしょう。

カロリー

普通のチョコレートと比べると甘みが強く感じられる分、やはりカロリーもホワイトチョコレートは高いのでしょうか。メーカーや商品などによって多少異なるものの、一般的に、普通のチョコレートとホワイトチョコレートの平均的なカロリーは以下のようになっています。
・チョコレート 557kcal/100g
・ホワイトチョコレート 588kcal/100g
わずかではありますが、甘みを強く感じるミルキーなホワイトチョコレートの方がカロリーもチョコレートより高いことがわかります。

ホワイトチョコレートを使った銘菓5選

甘いホワイトチョコレートはスイーツにぴったり。各県にある銘菓にもおいしいホワイトチョコレートを使ったお菓子がたくさんあります。中でも人気の高い5つをご紹介!有名なものばかりですが、通販でも購入できますので、気になるものはぜひお取り寄せしてみてくださいね。

1.六花亭「ストロベリーチョコレート」

北海道の有名なお菓子メーカー「六花亭」のホワイトチョコレート。1968年に日本で初めてホワイトチョコレートを販売した元祖でもあるんですよ。
六花亭商品の代表とも言えるこの「ストロベリーチョコは」、フリーズドライさせて甘酸っぱい完熟いちごを、たっぷりのホワイトチョコレートでコーティング。いちごの酸味とホワイトチョコレートの甘みのバランスが絶妙な、六花亭のロングセラー商品です。かわいらしいパッケージはお土産にも贈り物にもよいですよね。

2.石屋製菓「白い恋人」

北海道土産のといえばやはり「白い恋人」が有名でしょうか。最近は、白い恋人をモチーフにしたパロディ商品が他の地域でも販売されているのをみかけます。
白い恋人は、サクサクのクッキーでホワイトチョコレートをサンドしたラングドシャ。このホワイトチョコレートは、「白い恋人」に合うように独自にブレンドされたものなのだとか。ミルクチョコレートとホワイトチョコレートの2種類あり、食べ比べてみるのもよいですね。サクサクとしたクッキーをかじるとパリンとしたチョコレートの食感が心地良いお菓子です。

3.ガトーフェスタハラダ「グーテ・デ・ロワ ホワイトチョコレート ラスク 」

お店にはいつも行列が絶えない、「ガトーフェスタハラダ」の「ホワイトチョコレートラスク」。甘みの強いホワイトチョコレートを上品な甘みに仕上げ、ラスクのほんのりとした塩気が全体をバランス良くまとめています。普段甘いものをあまり食べないひとにもすすめやすいと思いますよ。

4.ロイズ「ピュアチョコレート クリーミーホワイト 」

こちらも北海道土産では有名な、「ロイズ」の「ピュアチョコレートクリーミーホワイト」。クリーミーながらも深みのある味わいに仕上げられたこちらの商品は、甘いものが苦手な人にも食べやすいはずですよ。個包装になっているため、たくさんの人にお土産を渡したいときにぴったりです。

5.HORI「とうきびチョコ ホワイトチョコレート」

モンドセレクション金賞を受賞したこちらの商品。北海道土産としてはもちろん、百貨店の北海道フェアなどの催事でもよく見かける商品です。とうもろこしの優しく自然な甘みとクリーミーなホワイトチョコレートが見事にマッチした、ちょっとあまじょっぱいスナックです。お子様にも人気の商品です。

リラックスしたい時にぴったりなホワイトチョコレート

ホワイトチョコレートがなぜ白いのか、またその魅力について伝わったでしょうか。普段何気なく食べていたホワイトチョコレートですが、チョコレートとの違いの決め手はカカオマスだったことがはっきりとわかりましたよね。集中力を高めたい時はビターチョコを、リラックスしたい時はミルクチョコレートやホワイトチョコレートなど、気分に合わせてたのしんで食べてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

チョコレート

ショコラファンの注目を集めるショコラティエ「シャポン」から、プレミアムバーアイスのセット商品が登場!元バッキンガム宮殿のお姫さま専属だったというアイス職人が手がけた濃厚なチョコアイス、あなたも試してみませんか?

チョコレート いちご マンゴー まとめ

夏になると飲みたくなるフラッペ。コンビニのフラッペも年々、クオリティが高くなり注目度もアップ。発売される度、話題になりますよね。今回はローソン、ファミマ、ミニストップの大手3社から発売された最新コンビニフラッ…

クッキー チョコレート

サクラクレパス?と思って缶を開けたら、なんと中に並んでいたのはクッキー。いま、そんなクレヨン型のチョコサンドクッキーが話題になっているんです。今回は、人気上昇中の、なんともかわいらしいサクラクレパスクッキーを…

チョコレート マシュマロ スイーツ

COMPARTES(コンパーテス)に新作スイーツ「ラブスモア」が登場!濃厚なチョコレートソフトクリームにお好みのトッピングをカスタマイズでき、ボリューミーな焼きマシュマロが特徴のひと品です。その他、見た目も爽…

チョコレート

チョコレートアイスや、たっぷりチョコレートソースがかかったパフェを楽しんでいると起こる悲劇!なんということでしょう、お気に入りの洋服にチョコのシミがべっとり……。そんな時に試したいシミ抜きテクニックをご紹介し…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

しゃぶしゃぶ まとめ

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなりますよね。そこで今回は知っておくと便利なキッチンライフハックを22選ご紹介します。野菜や果物のおいしさをキープして、新鮮な状態を長持ちさせる方法が知りたい方は必見ですよ。ぜ…

お菓子 スイーツ まとめ

結婚式のときに悩んでしまうものの一つとして必ず挙げられるのが「結婚式の引き菓子」。来てくれた人に喜んでもらうにはどんなものがいいのでしょう?おすすめの引き出物向けの菓子をまとめたので参考にしてみてください。

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

マヌカハニーの名前は聞くけれど、どのようなものなのか知らない方も多いのでは?そこで今回は、マヌカハニーの効果効能・食べ方やその味わい、おすすめの商品などをご紹介。マヌカハニーを生活に取り入れて、美容・健康管理…

アボカド まとめ

アボカドをいざカットしてみたら固い……なんて経験ありませんか?今回はアボカドを柔らかくする方法や、固いアボカドもおいしく食べられるレシピなどまとめてご紹介します。アボカド好きは知っておきたい、目からウロコな豆…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る