ローディング中

Loading...

インターネットサイトでも話題になった「生卵カレー」。ゆで卵やオムレツをカレーにトッピングすることはあっても生卵をトッピングってどうなの?好みによって意見の分かれそうなこの話題。また賛否両論あるこの食べ方を実際に作って食べてみた結果をご紹介!

カレーに卵、アリ?ナシ?

衝撃的なカレーのトッピングがインターネット上でも話題となっているようです。それは、カレーライスに生卵をのせて食べるという食べ方。卵と言ってもゆで卵やオムレツ、目玉焼きではなく、なんと生卵。生卵といえば、温かいご飯にかけて醤油をかけて、卵かけご飯にしてかきこんで食べるのがおいしいですよね。
ネギや大葉、人によってはマヨネーズなど、好きなトッピングの種類も豊富で、朝ごはんは大好きな卵かけご飯を食べているという人も多いのではないでしょうか。しかし、今回生卵を乗せるのは白米ではなくカレーです。生卵をカレーにトッピングしてみる方法……みなさんは、アリだと思いますか?ナシだと思いますか?

関西では「生卵カレー」が定番

いろいろな話題が豊富な「Jタウンネット」という情報系サイトの2014年9月の記事において、「カレーに生卵やソースはあり?」というテーマのアンケートを実施した結果が掲載されていました。
全国的にみると、生卵とソース、どちらも当たり前という回答と、生卵だけのせるという回答を合わせた割合は、全体の63%と半数以上ですが、関西では、これよりさらに高い78%という結果に。全国でみても、関西の人がカレーに生卵を使う割合は最も大きいようです。関西では8割近くの人が、「生卵カレー」を常識と考えているということですよね。
実際の「生卵カレー」とはどんなカレーなのでしょう。アンケート結果を見ると賛否両論あることがわかりますが、賛成派の意見をみると"辛いカレーがまろやかになる"のだとか。たしかに卵は、いろいろな料理をコクのあるまろやかな仕上がりにしてくれる、代表的な食材ですよね。それにしても、そもそもこの生卵カレーのアイデアはどこから出てきたのでしょうか。大阪には、生卵カレーで有名なお店があるようなんです。

お手本は難波「自由軒」のカレー

「生卵カレー」を試したいなら、大阪難波の「自由軒」の名物カレーがおすすめです。大阪では有名なこちらのお店は、TVなどのメディアでも数多く紹介されてきました。ルウとカレーが最初から混ぜられた状態になっており、火山の噴火口のような真ん中のくぼみに生卵がちょうどおさまるようにのせられています。
食べ方は、カレーと卵をよくかき混ぜて食べます。なぜ最初からカレーとご飯が混ざっているかというと、お店のおかみさんが、昔、炊飯器の保温機能がない時代、冷たくなってしまったご飯にアツアツのカレーを混ぜることでご飯を温め、お客さんにできるだけ温かい料理を食べてもらうために始めたことからできたそうなんです。
自由軒の名物カレーは、カレーの上にのせられた卵の上から、ソースもかけてかき混ぜて食べるのが正統派。店内には食べ方のイラストも置いて勧めているようですので、もし自由軒に行った際にはぜひ参考にしてみてくださいね。
■店舗名:大阪難波 自由軒 難波本店
■最寄駅:大阪市営地下鉄「なんば」駅徒歩3分、南海電車「難波」駅徒歩5分
■住所:大阪府大阪市中央区難波3-1-34
■電話番号:06-6631-5564
■営業時間:11:30~21:00(L.O)
■定休日:月曜
■参考URL:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27001310/
■公式HP:http://www.jiyuken.co.jp/

関東人には不評?

この食べ方、関西では当たり前ですが、関東ではあまりする人は少ないよう。「カレーがヌルヌルしてしまう」、「カレーと卵は合わない」など結構不評な声もあるようで、しかし、食わず嫌いということも十分にありえます。
確かに、カレーに生卵を混ぜ込んだ状態はきれいとは言えないかもしれません。さらに、混ぜたあとの様子は、おいしそうに見えないと言われればそうかもしれません。けれど、見た目に反しておいしい!という料理はたくさんあります。ということで、実際に試しておいしいかどうか食べてみました。

試しに作ってみた「生卵カレー」

試しに作ってみた「生卵カレー」

Photo by cestalavie

自由軒の名物カレーの真似をしてみました。カレールウをご飯に混ぜ合わせた後に、上から生卵をポンとのせました。確かに、白身のどろどろ感が気になりますが、それもまたいつもとは違った食感でよいです。味もマイルドになって、ウスターソースともよく合っていますし、味に深みが出ているような気がします。カレー鍋にウスターソースを隠し味にいれるのとは違った味わいです。

卵かけご飯+カレールウもあり

卵かけご飯+カレールウもあり

Photo by cestalavie

卵の白身のどろどろ感が苦手という方には、こちらの食べ方はいかがですか。卵をアツアツのご飯に混ぜ合わせて、先に卵かけごはんを作ります。
卵かけご飯+カレールウもあり

Photo by cestalavie

その後、ご飯の上からカレーを回しかけます。味はまろやかになりますが、卵が入っているのをあまり感じさせません。普通のご飯よりも口の中で全体がよくほぐれて、カレーとよくなじんでいます。こちらの場合、最後にかけるものはソースではなく醤油の方がよいかもしれません。

カレーに生の卵、あなたも試してみては?

カレーに生卵をかけるかかけないか、みなさんはどう思いましたか?ゆでたまごや目玉焼きのトッピングは、多くの人が経験があるのではないかと思います。生卵カレーを作ってみて思ったのですが、思っていたよりも食べにくさはなく、いつもとは違ったカレーの味を楽しむことができました。
毎回生卵をのせて食べよう!と思うほどではありませんでしたが、試してみるのもよいと思いますよ。ちょっと変わった生卵カレー、よかったらみなさんも食べてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

おつまみ

とろりと半熟の卵は、見るだけで嬉しくなってしまいますね。でも、半熟にするのって結構難しいもの。ましてや煮物で半熟卵なんてハードルが高すぎる…なんて心配いりません!フライパンで簡単にできるレシピです。…

カレー

成城石井のオリジナル商品シリーズ「desica(デシカ)」 から、「バターチキンカレー」「スパイシーカレー」「ビーフハヤシ」のレトルト食品3種が登場!本格的な味わいが手軽に楽しめる、夏にぴったりの…

スープカレー カレー 北海道 レシピ まとめ

北海道グルメのひとつとして人気のあるスープカレー。今回は、お家で作れるスープカレーのレシピを15選ご紹介します。カレー粉を使った本格的なレシピから市販のカレールーを使った簡単レシピまで登場しますよ。おすすめの…

大阪 まとめ 関西 うどん

昔は南大阪の一部でしか食べられなかった「かすうどん」。独特の食感と味わいでいまや大阪名物といわれるほど人気です。最近では東京にもお店が進出し、その評判と知名度はうなぎ登り!かすうどんの本場、大阪でおすすめの人…

プリン レシピ スイーツ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、100%のたまごまるごとプリンの作り方を伝授!あるものを使って、簡単に殻を割らずに作る方法を教えちゃいます!ついでに、まるごとプリンをさらにおいしくしてくれるソース…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

夏と言えばキャンプ。キャンプと言えばBBQ!色んなものを皆で焼いて美味しく食べるBBQですが、ワイルドに焼くBBQは男を見せるチャンスです。そこで、キャンプだろうがそうじゃなかろうが、グリルがオススメのBBQ…

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

まとめ

夏は、薄着にもなり開放的になる季節でもありますが、同時に気になるのが虫刺され。一度刺されるとかゆいし、かいちゃダメと思ってもついポリポリかいちゃいますよね...今回は蚊に刺されないように予防できる食べ物につい…

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

スイカ

スタバ「ティバーナ™」の最新作「シェイクン ウォーターメロン & パッション ティー」が2017年6月28日(水)に登場しました!パッションティーとみずみずしいスイカが出会った夏らしい味わいなんだとか。実食…

大根

煮物や炒め物、おろしなど様々な料理に使える大根。どのように保存すれば長持ちさせられるのでしょうか?実は、大根は方法次第で意外と長く保存できるのです。冷凍、冷蔵、常温のどれ?保存期間の違いは?大根の保存方法につ…

cestalavie

食べるの大好き、新しいこと面白いこと大好き、ついでにネコも大好きの...

ページTOPに戻る