ローディング中

Loading...

日本各地に伝わる郷土料理。のっぺい汁も郷土料理のひとつです。聞いたことはあるけど、どんな食べ物なの?という疑問をお持ちの方も多いかもしれません。のっぺい汁についての説明をアレンジレシピと一緒にご紹介します。

のっぺい汁とは?

のっぺい汁と聞くと、新潟県の郷土料理という印象を受ける方も少なくないかもしれませんが、じつは日本各地に伝わる郷土料理です。新潟だけでなく熊本や島根でも作られており、各地で呼び名が異なります。「のっぺい」「のっぺい煮」「のっぺい鍋」「のっぺ」など呼び方はさまざまです。

里芋やレンコン、ゴボウ、にんじんなど根菜を中心に季節の野菜をたくさん使用し、鶏肉や鮭を入れることもあります。とろみがついているのが特徴で、水溶き片栗粉などを使うのが一般的ですが、新潟県ののっぺい汁は里芋で自然なとろみをつけます。

大鍋で大量に作り、醤油やみりんで薄味に仕立て、冬は温めて、夏は冷たくして食べることもできます。大量に作るので、多くの人が集まるお正月や盆、その地方のお祭りなどでは欠かせない料理です。

のっぺい汁の由来

のっぺい汁の名称は地域によって少しずつ異なりますが、全国で作られている郷土料理であり、その由来ははっきりしていません。一説によると、奈良県の寺院の宿坊で残った野菜を煮込み、とろみをつけて作った汁物が発祥ともいわれていますが、それが各地に伝わったのか、それとも地域ごとに独自で生まれたのか分かっていません。長野県で宿を経営していた篠澤佐五右衛門家には、江戸時代頃の献上料理の献立表が現存しており、その中にのっぺい汁の記載がありました。

のっぺいとは、汁が粘って餅の様であることから「濃餅」と表記し、粘り気があるという意味の「ぬっぺい」が訛って「のっぺい」と変わり、「野平」「能平」と表記されるようになったとも考えられています。

熊本と新潟の特徴

新潟ののっぺい汁は、里芋でとろみをつけることが多く、醤油やみりんで薄味に仕上げます。新潟特産である鮭を使い、仕上げにいくらを添えたのっぺい汁が多いことが特徴です。
熊本ののっぺい汁は、鶏肉を使うことが多く、具だくさんで葛粉を使ってとろみをつけるのが特徴です。

のっぺい汁とけんちん汁の違い

けんちん汁は、食材をごま油で炒めて、だしを加えて煮込み、醤油で味を調えるすまし汁のことです。元々精進料理なので肉などは入れず、だしも鰹でなく昆布としいたけを使います。地域や家庭によって、醤油ではなく味噌で味を調えることもある、日本の郷土料理です。

材料はほとんど同じものを使う、のっぺい汁とけんちん汁。大きな違いは、のっぺい汁はとろみをつけるので、汁物ではなく煮物に分類されることがあるという点です。郷土料理なので、その地方独自の作り方はとても興味深いですね。

基本ののっぺい汁の作り方

材料

のっぺい汁は本来、残り物の野菜や野菜の皮を材料とする料理なので、決まった材料は特にありません。冷蔵庫の中を空にするのに適した料理です。一般的な材料は鶏肉、里芋、れんこん、ゴボウ、きのこ、にんじん、大根、こんにゃく、油揚げなど。ただし、これはあくまでも参考にして、作るときはこだわらずいろいろ入れたり引いたりして作ってみてくださいね。

レシピ

下準備として、アクの強い材料はなるべくアク抜きをし、香りの強いものは湯通ししておきましょう。

だし汁で食材を柔らかくなるまで煮込みます。醤油と塩で味を調整してください。優しい野菜の味を楽しむため、薄味に仕上げた方がおいしいです。器によそい、仕上げに彩りとして万能ねぎを散らせば完成。非常に簡単なので、料理初心者でも覚えておくと便利な一品です。

のっぺい汁のアレンジレシピ

豚肉を使ったのっぺい汁

のっぺい汁は豚肉を使いませんが、豚肉の旨味が野菜の味をさらに引き立ててくれます。豚肉はアクが出るので、丁寧にすくって取ってください。器に盛ったら、コショウをたっぷり振りかけて出来上がり。体もポカポカと温まる一品の完成です。

夏野菜たっぷりのっぺい汁

オクラ、枝豆、みょうが、長芋など夏野菜ものっぺい汁にはぴったり。冷やすこともできるので、夏場でもおいしく食べることができます。枝豆やオクラの緑色がアクセントになって彩りもきれいなのっぺい汁の完成です。

白玉入りのっぺい汁

優しい味ののっぺい汁には、白玉を入れてもぴったりです。のっぺい汁を通常通り作り、醤油で味付けしたら白玉団子を入れます。少し煮てから水溶き片栗粉でとろみを加えたら完成。しょうがを少し入れても味にアクセントがついて体もポカポカ温まりますよ。

根菜ののっぺい汁

群馬県の名産であるこんにゃくや下仁田ネギを使っており、地域色の強いレシピです。自由自在にアレンジできる、のっぺい汁らしいひと品といえますね。根菜もたっぷりと入って、体がよく温まります。

魚肉ソーセージ入りのっぺい汁

新潟特産ののっぺい汁は基本的に鮭を使いますが、その代用として魚肉ソーセージを使ったレシピです。鮭を使うよりも時短かつ簡単に作れるので、料理する時間があまりないけど、のっぺい汁がどうしても食べたい!そんなときに大活躍するはずです。

冷蔵庫にあるもので簡単手作り!

日本各地で伝わる郷土料理、のっぺい汁。とろみをつける方法や材料など地域や家庭によってさまざまです。材料は冷蔵庫の中にあるもので、作り方も非常に簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

鶏肉 大根 レシピ

「鶏大根のさっぱり煮」のレシピをご紹介します。皮目からこんがり焼いた鶏肉と大根、れんこんにしっかり味を染み込ませたひと品。お酢のきいた味付けで食欲が刺激されます。具材はどれもごろっとボリューミーで、お腹が満た…

まとめ

あらゆる仕事をこなす主婦。その目線を基準に選び抜かれる商品は優秀品まちがいなし!主婦が大注目をしているトレンドグッズをたくさん知れば、忙しい家事も楽しい時間に早変わり。主婦の方はもちろん、未婚の方も大助かりの…

白菜 レシピ

シュウマイの皮でなく、白菜で包んで作るシュウマイのレシピをご紹介します!電子レンジで加熱するだけなので、とっても簡単。プリップリのエビとジューシーな肉汁が溢れ出す、満足度の高いごちそうメニューです。みんなで作…

豆腐 レシピ

バターも小麦粉も牛乳も使わずに作れる、ヘルシーな「なめこと長芋のねばねばグラタン」のレシピをご紹介!ふわふわねばねば食感のヒミツは長芋と豆腐。トースターでこんがり焼いて、たっぷり海苔をのせていただきます。味噌…

レシピ チャーハン スープ まとめ

ピリッとした辛味がくせになる高菜漬けを使った簡単でおいしいレシピをご紹介します。チャーハン・パスタ・炒め物など、おうちごはんのアレンジメニューを作ってみてくださいね。高菜漬けの作り方も紹介するので生の高菜が手…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ レシピ アレンジレシピ

レシピブログでも人気の料理ブロガー「筋肉料理人」さんの人気のレシピです♡彼の作る料理は、写真からでも美味しさが伝わってきますね!朝食向きのホットサンドから夕食にぴったりのレシピまでまとめていますので、見てみて…

おから スイーツ レシピ まとめ お菓子

おからを使うレシピといえば「卯の花和え」などが浮かびますよね。でも、おからはスイーツに使っても凄く美味しく仕上がるんです。どんなレシピに使えるのか気になりますよね!?見た目も味も◎なおからスイーツをご紹介しま…

離乳食 レシピ まとめ

赤ちゃんの中には食べ物を飲み込むことが苦手な子もいます。そんな時には「とろみ離乳食」がおすすめ。とろみをつけることで飲み込みを手助けし、食べやすくしてくれるそうです。今回は、赤ちゃんが食べやすくなるとろみ離乳…

お弁当 まとめ

写真共有サイトInstagram(インスタグラム)に掲載されている、フォロワー数10,000人超えの、かわいいお弁当を作る『kaoringo』さんの彩り鮮やかなお弁当をまとめてみました!お弁当だけじゃなく参考…

フルーツ ゼリー まとめ レシピ

夏になると、やっぱり食べたくなるのがゼリー。冷蔵庫でよく冷やしておいしく食べたいですよね♪暑い夏を乗り切るための見た目にも涼やかなゼリーのレシピをご紹介します。是非あなたも作ってみてくださいね^^お友達へのプ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

デート 女子会

元気があるのとがさつであるのが違うように、何かを食べていても、おいしそうに思える人と不快に感じてしまう人がいます。食べた姿に失望されるのは避けたいものです。そこで今回は、ついついやってしまいがちな、汚い食べ方…

チョコレート

もうすぐクリスマス!macaroniでは、ロッテ「ガーナチョコレート」を使ってクリスマスチョコスイーツを作り、「#手作りチョコガーナ」のハッシュタグをつけてSNSに投稿していただくキャンペーンを実施します。ぜ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...