ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

コストコのマンゴーはおいしくて高コスパ!

Photo by akiharahetta

コストコのマンゴーは箱売りで大容量。ほかで買うよりかなりお得な価格設定のため、飛ぶように売れる人気商品です。売り場は野菜室付近、常温で陳列されています。

売り場には、ご紹介するアップルマンゴーと、黄色いペリカンマンゴーが並んでいましたが、カートイン率が高いのは圧倒的にアップルマンゴーのほうでした。

ケント種とトミーアトキンス種

Photo by akiharahetta

コストコマンゴーの原産地は主にメキシコやペルー。ケント種とトミーアトキンス種の2種があり、見た目はほぼ同じですが繊維の量に多少の違いがあるようです。

見分け方は段ボールの表示。英語表記でVariety:KENT(バラエティー:ケント)とあります。これはケント種だということですね。

コストコの「ペルー産マンゴー」

Photo by akiharahetta

コストコ「ペルー産マンゴー」は9個入りで、2021年3月現在1,698円(税込)です。高級フルーツのアップルマンゴーを1個あたり190円で購入できるなんて驚き!

とはいえ、大きさや熟し具合に多少バラつきがあり、輸入品のため完熟していない状態がほとんど。食べ頃を見極める必要があります。

マンゴーの切り方

Photo by akiharahetta

マンゴー独得のこのカット、簡単なようで、実はちょっとしたコツがあります。知らずにカットしてしまうと失敗してしまうことも……。基本の切り方を失敗例と一緒にご説明します。

1. 種に沿って包丁を入れる

Photo by akiharahetta

マンゴーは、中心部分に大きく平べったい形をした種があります。種に沿って包丁を入れ、実を切り落としてください。

2. 種と果実に分ける

Photo by akiharahetta

魚の3枚おろしのようになりました。左右2つの果実はカットしてそのまま食べられます。種のまわりについた実も残さずいただいてくださいね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ