ライター : 戸田千文

愛媛県出身のフリー編集ライター。転勤族の夫・愛犬2匹とともに広島・東京・福岡と西へ東へ移動を繰り返しながら、各地でグルメ情報誌や観光ガイドブックなどの制作をお手伝いしています…もっとみる

1. ニンニクたっぷりスタミナグルメ「もつ鍋」

プリプリのホルモンとキャベツやニラなどたっぷりの野菜、うま味あふれるスープが三位一体となった「もつ鍋」。醤油や味噌といったベーシックなスープのほか、上品な白みそ、お酒がすすむチゲ風、爽やかなレモン入りなど、お店によってさまざまな味が楽しめます。

ニンニクが効いてスタミナ満点な一方、たくさんの野菜やモツのコラーゲンのおかげで、女性人気も高いグルメ。締めはちゃんぽん麺がおすすめです。

おすすめの店「楽天地」

もつ鍋単品コース 1,090円(税抜)
福岡市には、個性派のもつ鍋店も多くありますが、まずはベーシックなもつ鍋をどうぞ。おすすめは、旅行雑誌やグルメ番組でも多く紹介される「楽天地(らくてんち)」です。

1977年、天神に誕生した楽天地は、福岡のもつ鍋文化をけん引してきたお店のひとつ。山盛りのニラがインパクト抜群の鍋には、長年変わらない醤油ベースのスープに、こだわりの和牛生モツが入っています。

具材に火が通るまでは、福岡名物・酢もつをつまんで待ちましょう。
店舗情報

2. 食べ歩きも楽しい「博多とんこつラーメン」

福岡グルメと聞いて、真っ先に思い浮かべるのが「博多とんこつラーメン」という方は多いのではないでしょうか。いわずと知れた福岡の代表グルメで、各店がしのぎを削っています。

オーソドックなのは、白濁した豚骨スープにストレートの細麺です。麺の硬さは、「バリやわ」「やわ」「普通」「カタ」「バリカタ」などからチョイス。なかには、しっかりと芯が残るの「ハリガネ」や「粉落とし」を選ぶ人もいまが、まずは普通の硬さで楽しむのがおすすめです。

おすすめの店「シンシン」

ShinShinセット 980円(税込)
博多とんこつラーメンビギナーにおすすめなのが、「Shin Shin(シンシン)」。天神本店ほか、博多デイトスやKITTE博多など商業施設にも店舗を構え、ファミリーでも訪れやすいお店です。

丁寧に下処理したとんこつを使ったスープは、臭みがなくうま味たっぷり。飲み心地はあっさりしているので、こってりが苦手という人もチャレンジしてみてはいかがでしょう。著名人のファンも多い人気店です。
店舗情報

3. やわふわが人気「博多うどん」

画像はイメージです
観光客からの人気をじわじわ集めているのが「博多うどん」です。実は「ラーメンよりもうどん!」という地元の熱烈ファンも少なくありません。

うどんといえば、讃岐うどんのようにコシがある麺をイメージする人もいますが、福岡のうどんは箸ですっと千切れるほどの、やわらかで、ふわふわした食感。

ほんのり甘い出汁を吸ったやわふわうどんは、ほっとひと息つけるやさしいおいしさです。

おすすめの店「牧のうどん」

ごぼう天うどん 490円
福岡には個人店のほかにも、いくつかの地元うどんチェーン店があります。どれも違った個性があるため、それぞれにファンが付いていますが、なかでも人気なのが「牧のうどん」です。

ふわふわのうどんは、食べている間もどんどんスープを吸ってカサを増すため「増えるうどん」という別名もあるほど。当然、スープもどんどん減ってしまうので、付属のやかんでスープをつぎ足しながら食べるのが定番スタイルです。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ