ライター : 戸田千文

愛媛県出身のフリー編集ライター。転勤族の夫・愛犬2匹とともに広島・東京・福岡と西へ東へ移動を繰り返しながら、各地でグルメ情報誌や観光ガイドブックなどの制作をお手伝いしていま…もっとみる

1. チーズケーキ専門店「カカ」

福岡で人気のチーズケーキ専門店「KAKA(カカ)」。“チーズを味わうチーズケーキ”をコンセプトに、ニューヨークやバスク、レアなどさまざまなチーズケーキを販売しています。

博多駅店限定で、博多あまおうや八女星野村の抹茶を使ったチーズマフィン、パウンドケーキも。チーズケーキと違って、常温OKなのでお土産にもぴったりです。

KAKA

カット378円、ホール1,512円 ※KAKA 博多駅店での価格
店名と同じ名前のチーズケーキ「KAKA(カカ)」が、博多店の看板商品。4種類のチーズを使い、生地にはバニラビーンズを混ぜ込んでいるため、味や香りがとっても濃厚です。チーズのほどよい酸味のおかげで甘過ぎず、滑らかな口どけが楽しめます。

さらにリッチに仕上げられた「KAKAプレミアム」もおすすめ。バニラビーンズのかわりにチョコチップを混ぜ、粒状のトッピング・シュトロイゼルをのせた食べ応えある逸品です。
店舗情報

2. 福岡の老舗ショコラトリー「チョコレートショップ 博多の石畳」

「チョコレートショップ」は、1942年創業の老舗ショコラトリー。ロシアの料理人が作ったトリュフチョコレートに感動した、佐野源作氏が創業しました。

アミュプラザ博多内にある「チョコレートショップ 博多の石畳」では、ミルクたっぷりのものから、大人好みのビターなものまで、さまざまなチョコレートが並びます。ケーキや焼き菓子も販売していますよ。

博多の石畳

小440円、大2,000円(いずれも税別)
「チョコレートショップといえば、これ!」と博多っ子に人気のケーキが、「博多の石畳」です。チョコスポンジ・生クリーム・バニラスポンジ・チョコムースが5層に折り重なったケーキを、薄くチョコレートでコーティング。丁寧に持ち帰らないと崩れそうなほどの繊細さで、口に入れた瞬間にとろける口どけの良さがたまりません。

フランボワーズやいちご、マンゴー、抹茶などのバリエーションがあり、並べるとカラフルでとても華やかです。
店舗情報

3. フルーツたっぷりのタルト「果実工房 新サン」

佐賀を拠点にフルーツショップやパーラーを営む「新SUN(しんサン)」。旬を迎えたフレッシュなフルーツを全国各地から取り寄せ、素材本来のおいしさが楽しめるスイーツを提供しています。

ショーケースを見ると、カラフルなフルーツタルトやジュレがずらり。季節ごとに、フルーツのラインアップが変わるのも楽しみのひとつです。

フルーツタルト各種

季節ごとにさまざまなフルーツを使ったタルトがイチオシ。サクッと香ばしいタルト生地と甘さ控えめのカスタードクリームが、新鮮なフルーツの味を引き立てます。

フルーツ1種がたっぷりのったものだけでなく、いろいろなフルーツを使った「ミックスフルーツタルト」もおすすめ。見た目が華やかなので、誕生日や記念日にもぴったりです。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS