何度でも通いたい!地元っ子に愛される博多のB級グルメ10選

博多の水炊きやもつ鍋、屋台もいいけど……ソウルフードのB級グルメも忘れてはいけません!そこで今回は、博多に行ったら何度でも食べたくなる、安さが魅力の福岡グルメをご紹介します。居酒屋やうどん、餃子、屋台などさまざまなお店が盛りだくさんですよ♩

博多のB級グルメはここにあり!

B級といったらどんなものを思い浮かべますか?気軽に手軽においしく食べれられそうなものですよね。博多は「博多ラーメン」や「久留米ラーメン」などの知名度が高いですが、地元に人気のお店はまだまだあるのです。今回は、博多の街にあるB級グルメをどんどん紹介しちゃいます。

1. パクパク食べられるあっさり餃子「旭軒」

昭和29年に屋台から始まった有名餃子専門店。週末には1日5,000個も焼く人気ぶり!

出典: r.gnavi.co.jp

出典:www.instagram.com

1度に250コ焼けるという鉄板でいつも餃子を焼いているお店の方々。

出典:www.instagram.com

博多一口餃子と聞くと「鉄なべ」をイメージする方もいらっしゃると思います。でも、福岡で餃子を食べるのであればぜひ、「旭軒」へ行ってみてはいかがでしょうか?

酢としょうゆで作ったタレと柚子胡椒の組み合わせは、本当に最強。お箸がしばらく止まらなそうですね!小ぶりでクセのないあっさりした味なので、女性にも大人気。14種類の素材が入っているそうです。

ひとくち餃子の中でもカナリ小さい方なのだが、ツマミとしてパクパク食べられるライトな感じが酒を進めてくれる。


1人前が少ないので、ひとりで2~3人前は食べられます。
ビール片手にどんどん追加注文するお客さんも多い!

出典: b-lunch.com

メインのメニューは餃子と手羽先のみ!?
焼餃子 水餃子 340円(一人前10個)
手羽先 90円

餃子と手羽先しかない…ではなく、餃子と手羽先さえあれば良い!ってなっちゃうのが魅力です。
他に、ご飯、みそ汁や小鉢(酢モツも絶品!)などがあります。

出典: b-lunch.com

出典:www.instagram.com

水餃子は注文後すぐに提供してくれるので、はじめは少量だけ頼んであとは焼き餃子がくるのを待っても良いかもしれません。

出典:www.instagram.com

濃厚ダレで仕込まれた1日分の手羽先が、盛り盛りになっています。この手羽先も餃子に負けないくらい絶品なのですが、人気ゆえに早く行かないと売り切れてしまうこともあるのでお気をつけ下さい!

テイクアウトもあり
お持ち帰りテイクアウトの方も人気があり、直接お店に来たり電話で予約をするお客さんもカナリ多い。

餃子も手羽先もテイクアウトできるので、持ち帰って部屋で飲みながら~でも良いですね。
ガイドブックに載っているのか中国や韓国の観光客がテイクアウトする姿も見られます。

出典: b-lunch.com

店舗情報

住所:福岡市博多区博多駅前2-15-22
(JR博多駅から徒歩4分)
電話:092-451-7896
営業時間:15:00~翌1:00(L.O. 24:30)
※ただし餃子が売切れたら終了!
定休日:日曜日
禁煙・喫煙:全面喫煙可
平均予算:1,500円

2. クセになるニンニクたっぷりの鉄板焼き肉「びっくり亭」

出典:www.instagram.com

西鉄高宮駅近くにも系列の高宮店があります。
ほかにも似たような店舗がいくつか存在しますが、やっぱりこのお店が一番美味しい!

出典:www.instagram.com

ほとんどのお客さんは焼き肉とご飯の組み合わせでオーダーしているようですが、夜にはビールや焼酎を飲みながら焼肉をつまむ、というお客さんもちょこちょこ見かけます。

焼き肉一人前700円と、ご飯少150円・中200円、特大300円から選ぶだけ!なんてシンプル!

一応ラーメンなど焼き肉以外のメニューもありますが、やっぱりみんな焼き肉を食べに来る!

出典: ameblo.jp

すさまじいニンニクの香ばしい匂い… これが食欲を異常なまでに掻き立てます。

出典: twitfukuoka.com

出典:www.instagram.com

正直、何の肉だよとツッコミたくなる固いお肉の食感と濃い味付けが中毒になってまた食べたくなるんです。

特集

SPECIAL CONTENTS