ライター : 戸田千文

愛媛県出身のフリー編集ライター。転勤族の夫・愛犬2匹とともに広島・東京・福岡と西へ東へ移動を繰り返しながら、各地でグルメ情報誌や観光ガイドブックなどの制作をお手伝いしていま…もっとみる

博多グルメ「博多ラーメン」の歴史や特徴とは?

福岡名物「博多ラーメン」は、博多のみならず、九州で親しまれる豚骨ラーメンです。そのはじまりは、福岡県久留米市に昭和12年に開業したラーメン屋台「南京千両」といわれ、久留米市を基点に、博多や福岡のお隣、熊本へ広がったという説があります。

そんな博多ラーメンといえば、乳白色の豚骨スープにストレートな極細麺が特徴。麺は硬い順に「ハリガネ」「バリカタ」「カタ」「普通」「やわ」「バリやわ」などと呼ばれ、オーダー時に硬さを指定することができます。

ちなみに、せっかち気質な博多っ子に人気なのが、ゆで時間が短い「バリカタ」。とはいえ、それが正解とは限らないので、自分好みで博多ラーメンを楽しんでくださいね。

1. 食べやすいあっさり系「シンシン」

まずおすすめしたいのが、天神からのアクセス良好な「ShinShin(シンシン)」です。天神本店ほか、博多デイトスやKITTE博多など商業施設内に支店があり、女性やファミリーも行きやすいラーメン店として評判。

著名人のファンも多く、店内には壁一面にサイン入り色紙が並びます。「博多ラーメンといえば、シンシン」と、真っ先に名前を挙げる人もいる人気店です。

博多ShinShinらーめん

700円(税込)

定番は「博多ShinShinらーめん」。丁寧に下処理した豚骨で取ったスープは、うま味たっぷりで臭みはありません。

豚骨スープながらあっさりした味で、こってり系が苦手な人にもおすすめな一杯。チャーシューがゴロッと入った半チャーハンとセットで味わうのもおすすめです。
店舗情報

2. ガッツリ食べたいなら「博多だるま」

濃厚派の人におすすめなのが「博多だるま」。お店の前を通ると、豚骨の香りが漂いま す。人気行列店の味として開発されたお土産用ラーメンが、福岡空港や博多駅などで販売されています。時間がなくてお店へ食べに行けない人は、購入して自宅で食べてみてはいかがでしょう。

炙りトロ肉チャーシュー麺玉子入

1,420円(税込)
人気ナンバーワンメニューが「炙りトロ肉チャーシュー麺玉子入」です。化学調味料不使用、オリジナル醤油ダレを使ったコク深い豚骨スープに、箸で持つだけでホロッと崩れるチャーシューが5枚ものったボリューミーな一杯。オリジナルの極細麺は、スープとの相性抜群です。

濃厚スープの間に味わうトロトロな半熟玉子はクリーミーで、甘さが際立ち絶品!しっかりおなかを空かせて食べに行きましょう。
店舗情報

3. 長年愛される名店「安全食堂」

福岡市中心部から少し離れたJR筑肥線九大学園都市駅。そこから徒歩10分ほどの場所にあるのが「安全食堂」です。

真っ赤なのれんを掲げる瓦屋根のお店前には、行列ができていることもしばしば。創業以来、長年愛され続けるお店です。広い駐車場を完備しているので、車で訪問するのがおすすめ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS