ライター : 大山 磨紗美

発酵食健康アドバイザー / 発酵文化人

東広島市在住。味噌づくり歴15年、広島県内各地で親子サークルでの味噌づくりワークショップを開催し、2018年12月広島県の事業「ひろしま「ひと・夢」未来塾」で味噌づくりで地域と個人…もっとみる

セブン-イレブンのサラダチキンを食べ比べ

Photo by 大山磨紗美

サラダチキンは、高タンパクでカロリーが低く、調理のアレンジがしやすい食材です。コンビニやスーパーで手軽に購入できるのも魅力のひとつ。なかでもセブン-イレブンのサラダチキンは、パック入りを含めると全部で11種類あり、バリエーション豊かなんです。

この記事では、元コンビニ店員である筆者がセブン-イレブンのサラダチキン9種類を食べ比べします。種類ごとの味の違いや、おすすめの食べ方もご紹介しますよ。

1. 糖質0gのサラダチキン(プレーン)

Photo by 大山磨紗美

213円(税込)
まずご紹介するのはプレーンタイプのサラダチキンです。シンプルな塩味でチキンのエキスが堪能できます。しっとりとした食感で、パサつきを感じません。1パック110gで、ひとりで食べると単品でもお腹がしっかり膨れます。

チキンの味をシンプルに楽しむ

Photo by 大山磨紗美

キュウリやトマト、ドレッシングは商品に含まれません。
チキンエキスと塩味のバランスが良い味付けです。基本は胸肉の淡白な味わいなので、ドレッシングの味はどれも合わせやすいでしょう。厚めにスライスするだけで、満足感のいく鶏ハム風に。さらに余分な味が加わっていないので、スープにしたり炒め物の具材にしたりとアレンジの幅が広い商品です。

商品情報

・価格:213円(税込)
・内容量:110g
・カロリー:114kcal
・発売日:2019年09月23日

2. 糖質0gのサラダチキン(ハーブ)

Photo by 大山磨紗美

213円(税込)
ハーブで風味づけをしたサラダチキン。ひと袋108kcalで、110gのブロックで販売されているサラダチキンのなかでは、一番カロリーが低い商品です。ハーブの爽やかな風味はクセがなく、飽きずに食べやすいですよ。

バジルの香りで食べやすい

Photo by 大山磨紗美

レタス、トマトは商品に含まれません。
ハーブの種類について、商品パッケージに詳細はありませんが、バジルの風味が強いように感じました。バジルのさわやかさと塩味のバランスがいいので、生野菜にのせればドレッシングなしでも十分においしくいただくことができます。ドレッシングで、少しでも余分なカロリーを摂取したくないというダイエッターさんにもおすすめです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ