ライター : 廣瀬茉理

グルメライター

地方タウン誌でグルメライターをしてました!おいしいものは食べるのも、作るのも、大好き。美容にも興味が深々で、おいしくてキレイになれる欲張りな食べ物を探してます…。

セブン-イレブンでハズせないおかずをチェック

Photo by 廣瀨茉理

セブン-イレブンの惣菜コーナーには、肉や魚などの主菜や野菜を使った栄養満点の副菜などバリエーション豊富なレトルトおかずが置かれています。

そのまま食べられるものや、レンジで加熱調理するだけのものが多くあり、手軽なうえに、おかずとしてのクオリティが高いです。この記事では、そのなかから人気のあるおかず5点を実食レビューします!

1. じっくり焼き上げたほっけの塩焼

Photo by 廣瀨茉理

塩焼きされたほっけが1枚入った冷蔵のおかずです。遠赤外線で乾燥させたほっけを干してうまみを凝縮。皮面から直火で香ばしく焼き上げているという本格さが魅力です。

パッケージのままレンジで加熱して、すぐに食べられるのでとても便利ですよ。

ふわふわの身がたまらない!塩加減もいい

Photo by 廣瀨茉理

レトルトの焼き魚はパサパサしているイメージがありますが、いい意味で期待が裏切られました。ひと口食べてみると、ふわふわとしたやわらかい身に感動。魚のうまみが口いっぱいに広がります。

ふっくらとして厚みがあり、食べ応えも抜群。塩加減がほどよく、ごはんにも酒の肴にもぴったりです。

商品情報

・価格:311円(税込)
・内容量:1枚
・カロリー:137kcal

2. 7種の具材の筑前煮

Photo by 廣瀨茉理

145g入った冷蔵の筑前煮は、カツオと昆布ベースの国産だしが使用された和惣菜です。ごぼうやたけのこ、鶏肉、にんじん、こんにゃく、れんこん、椎茸の7種類の具材をコクとうまみのあるたまりじょうゆで味付けしています。

ゴロゴロ入った具材は味がよく染みている

Photo by 廣瀨茉理

ていねいに煮込まれた7種の具材は、どれもしっかり味が染みています。国産だしで素材の味わいがうまく引き出されているおかげで、手作りのような自然な味付けが楽しめます。ちょっとした副菜としても便利ですね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ